なるほう堂の開設にあたって

 コンテンツと文章が溢れる時代になりました。Netflix や U-Next には大量の最新映画がアップされ、Twitter や読書メーターには短い文章が毎日投稿されています。これらのものに囲まれた現代を我々はとても豊かになったと感じています。しかし本当にそうでしょうか。流れてゆくコンテンツの波は、我々が立ち止まって考えることを許してはくれません。次から次へと提供される新たな興奮に駆り立てられているというのが正確な気がします。考えることや長い文章を書くことに不慣れになった我々は短い文章をバズらせることしかできないのです。

 この現状に多くの人が不満や物足りなさをうっすらと感じているはずです。趣味や消費は時間をかけることで豊かになるものです。文章も長いものを書こうとすれば必然時間がかかるでしょう。しかし書くことに時間をかけることも、またその作品を味わうことなのです。

 大量のコンテンツの流れ(フロー)はネット技術の大きな成果ですが、もう一つ、ネットは貯める(ストック)という能力も持ち合わせています。コンテンツの激流を目の前に、文化がたまり繋がる場所を作ること、その先に豊かな文化の本来の形が見えてくるはずです。

                       なるほう堂運営委員会一同

投稿方法

1.まずアカウントを作成します。

2.ログインした状態で新規投稿を押します。

3.編集したいときはマイページを押します。

4.ログインしていただくと記事に対してコメントを書くことができます。

投稿者

 短い感想や溢れんばかりの投稿に憂いている人たちに利用してもらいたいです。時に書き手、時に読み手となり、相互に入れ替わりながら知識を貯めつつ味わうことを理想とします(図1)。

図1. 一方通行の関係から相互変化の関係へ

1. 映画・小説・美術・芸術を嗜む趣味人

 140字の感想では物足りない、作品の良さを言葉にして伝えたい、そう感じているかたも多いのではないでしょうか。現在はコンテンツを消費することに慣れすぎて、じっくり味わうことが少なくなりました。言葉を交わしても、短い文章で非常によかったくらいしか書けない人も多いのです。書けないからといって感想が貧しいわけではなく、技術と習慣がないのです。書くことは訓練でも身につけることが可能です。ちょっと長い文章を書きたいという意欲のあるかたをお待ちしています。

2. 教養を身につける大学人

 大学で学んだ知識は大抵、生かしたり披露したりする機会になかなか恵まれません。時間を費やして作成したレポートは、教員が読むだけで日の目をみることはありません。けれど閉じた空間に消えていくレポートや知識は、本来価値があり蓄積していくべきものなのです。個人のパソコンに埋もれたレポートや勉強した知識をここに投稿してみませんか。

3. 秀でた専門知をもつ文化人

 一つの分野に突出した素養をもつ人がどの分野にもいるものです。彫刻や絵画、源氏物語や漢詩、マニアックな小説、映画史に詳しい人のもつ知識は、しかしながら、なかなか共有される機会に恵まれません。そのような知って楽しくなる知識や感性を有しているかたの研究や知識は社会的に望まれているはずですし価値のあることです。ぜひこのサイトに知識を貯めて日本の文化を豊かにしませんか。

 この3種類の書き手に読み手を加えた4層構造をイメージしています。読み手がある分野では書き手になり、書き手がある分野では読み手になる、そして少しずつ知を貯めていくのです。

目標

1. 全分野に及ぶページの充実と投稿コミュニティーの形成

 古典から新しいものまであらゆる範囲の研究・批評・感想を充実させます。読む人が投稿する人になり、投稿する人が読む人になる循環が起こればいいと思っています。懸賞論文や100周年などの記念日にあわせたキャンペーンなども企画する予定です。

2.新たな形式の本の出版

 新書がもつ豊富な内容でありながら比較的簡単に読めるという形式は、日本の文化資本を支えてきました。しかし本は売れず苦境に立たされているのも事実です。そこで我々で、noteと新書の間のページ数で充実した内容の一つの問題に絞った、新しいタイプの書籍を発行したいと考えています。