人気記事

  1. 『オメラスから歩み去る人々』解説|オメラスの犠牲者と天皇|あらすじ考察|ル=グウィン

    概要  『オメラスから歩み去る人々』は、1973年に発表されアーシュラ・クローバー・ル=グウィンのS […]

  2. 間主観性とは何か——フッサール

    まえおき  「間主観性(intersubjectivity)」という言葉を日常生活で使う機会はほとん […]

  3. 芥川龍之介『鼻』解説|傍観者の利己主義とは何か|あらすじ感想|伝えたいこと考察

    概要  『鼻』は1916年2月、芥川龍之介が23歳のときに『新思潮』の創刊号で発表された。『今昔物語 […]

  4. 『夢十夜』「第一夜」解説|ハッピーエンドかバッドエンドか|あらすじ感想|伝えたいこと考察|夏目漱石

    概要  『夢十夜』は、1908年7月25日から8月5日まで『東京朝日新聞』で連載された夏目漱石の短編 […]

  5. アンチノミー(二律背反)とは何か|意味をわかりやすく解説|カント『純粋理性批判』

    意味  アンチノミー(Antinomie)は、カントが有名にした哲学的概念。  日本語に訳すと「二律 […]

  6. 芥川龍之介『羅生門』解説|「下人の行方は誰も知らない」で終わる意味|あらすじ考察|感想

    概要  『羅生門』は、1915年に執筆された芥川龍之介の短編小説。当時の芥川の年齢は23歳だった。黒 […]

  7. エポケーとは何か|意味をわかりやすく徹底解説|フッサール

    意味  フッサールが編み出した現象学的概念。現象学では、正しく事象を捉えるために、まず普段暗黙のうち […]

  8. 夏目漱石『こころ』解説|先生の自殺の理由|あらすじ考察|感想

    概要  『こころ』は1914年に朝日新聞で連載、岩波書店から出版された夏目漱石の長編小説。「上 先生 […]

  9. 現象学的還元とは何か|意味をわかりやすく徹底解説|フッサール『イデーンI』

    意味  フッサールの哲学の方法的概念。フッサールの『イデーン I』という著作では「自然的態度の一般定 […]

  10. 『ジョー・ブラックをよろしく』考察|去りがたい、それが人生だ|あらすじ解説|感想|マーティン・ブレスト

    概要  『ジョー・ブラックをよろしく』は、1998年のアメリカ映画。原題は「Meet Joe Bla […]

  11. 「思弁的実在論」の主張をわかりやすく徹底解説––カンタン・メイヤスー『有限性の後で』を中心に

    思弁的実在論の発端 ゴールドスミスでのワークショップ  思弁的実在論という名称は、2007年にロンド […]

  12. 『海辺のカフカ』考察|メタファーとソリッドなもの|あらすじと意味解説、感想|村上春樹

    概要  『海辺のカフカ』は、2002年に刊行された村上春樹の長編小説。2005年、英語版が「ベストブ […]

  13. 第三者の審級とは何か|意味をわかりやすく徹底解説

    大澤真幸の概念ー第三者の審級  大澤真幸の議論でお馴染みの「第三者の審級」という概念は、大澤の議論だ […]

  14. 現象学運動史におけるサルトル

    現象学運動史  連綿と(一応現代まで)続いてきた現象学だが、その歴史は一般に現象学運動史と呼ばれてい […]

  15. 哲学書の名著おすすめランキング31選|古典から最新の必読書まで|死ぬまでに読んでおきたい

    哲学名著を読もう 哲学は入門書から入るべきか哲学著作から入るべきか。  結論から先に述べておくと、ど […]

  16. 『ウィリアム・ウィルソン』解説|ドッペルゲンガーは良心か|あらすじ考察|感想|アラン・ポー

    概要  『ウィリアム・ウィルソン』はエドガー・アラン・ポーの短編小説。1839年に発表。ポーはアメリ […]

  17. 小川洋子『ことり』解説|聞こえない声を聴け|あらすじ考察|小説感想

    概要  『ことり』は2012年に朝日出版社から刊行された小川洋子の小説。小川洋子は『妊娠カレンダー』 […]

  18. 他者に対する私の責任:レヴィナスの哲学について

    レヴィナスの問題設定  エマニュエル・レヴィナスという哲学者をご存じでしょうか。  彼は、リトアニア […]

  19. イギリス文学の最新おすすめ有名作品!古典から現代までの面白い名作小説

    おすすめイギリス小説の純文学を選んだ基準は? おすすめ小説の順位は、面白さと読みやすさと重厚さに注目 […]

  20. 『かえるくん、東京を救う』考察|「地下」=「虚構」の闘い|あらすじ解説|感想|村上春樹

    概要  「かえるくん、東京を救う」は、村上春樹の短編小説。2000年に刊行された短編集『神の子どもた […]

  21. 中動態とは何か|意味をわかりやすく徹底解説

    意味:昔は能動態ー中動態だった?  中動態とは何か。  中動態の字面だけみると能動態と受動態の中間だ […]

  22. 『少年の日の思い出』感想|母が優しくしてくれたのはなぜか|あらすじ解説|伝えたいこと考察|ヘルマン・ヘッセ

    概要  ヘルマン・ヘッセの短編。1931年に発表される。初稿は1911年の『クジャクヤママユ』であり […]

  23. ポー『黒猫』解説|黒猫の正体は何か|あらすじ考察|感想

    概要  『黒猫』はエドガー・アラン・ポーの短編小説。1843年に発表。  酒飲みの主人公が精神疾患の […]

  24. 現存在とは何か|意味をわかりやすく解説|ハイデガー『存在と時間』

    概要  現存在〔Dasein〕とは、『存在と時間』で分析の主題となる「現というあり方をもった存在」の […]

  25. 不可能性の時代とは何か|意味をわかりやすく解説

    理想の時代、虚構の時代  私たちが生きているこの時代は、他の時代と比較して一体どのような特徴を持つと […]

  26. 日本純文学の最新おすすめ有名小説37選!古典から現代まで

    日本の純文学のおすすめを選んだ基準は? おすすめ名作小説の順位は、面白さと読みやすさと重厚さに注目 […]

  27. 『神の子どもたちはみな踊る』考察|ヨシヤは踊る|あらすじ解説|感想|村上春樹

    概要  『神の子どもたちはみな踊る』は、村上春樹の短編小説。2000年に刊行された『神の子どもたちは […]

  28. ビオスとゾーエーとは何か|意味をわかりやすく徹底解説

    フーコーの生権力  1976年にフランスの思想家ミシェル・フーコーの『性の歴史』第1巻『知への意志』 […]

  29. 『現代日本の開化』あらすじ要約と解説|内発的な開化とは何か

    講演構成が独創的なので要約すると講演の面白みが薄れてしまう  講演の内容の要約はむずかしい。何故なら […]

  30. 『知覚の現象学』入門・要約|意味をわかりやすく解説|モーリス・メルロ=ポンティ

    まえおき  哲学の本を読むと初っ端から心を挫かれることがある。その難解さのゆえにだ。難解な理由はいく […]