人気記事

  1. エポケーとは何か|意味をわかりやすく徹底解説

     エポケーについて昨今様々な記事が出まわっているが、そもそもフッサールはエポケーについて何と語ってい […]

  2. 現象学運動史におけるサルトル

    現象学運動史  連綿と(一応現代まで)続いてきた現象学だが、その歴史は一般に現象学運動史と呼ばれてい […]

  3. 『オメラスから歩み去る人々』あらすじ解説|内容考察|オメラスの犠牲者と天皇

    概要  『オメラスから歩み去る人々』はアメリカの小説家アーシュラ・クローバー・ル=グウィンの短編小説 […]

  4. 「思弁的実在論」の主張をわかりやすく徹底解説––カンタン・メイヤスー『有限性の後で』を中心に

    思弁的実在論の発端 ゴールドスミスでのワークショップ  思弁的実在論という名称は、2007年にロンド […]

  5. 芥川龍之介『鼻』傍観者の利己主義とは何か|あらすじ解説|徹底考察

    概要  『鼻』は1916年2月、芥川龍之介が23歳のときに『新思潮』の創刊号で発表された。『今昔物語 […]

  6. 他者に対する私の責任:レヴィナスの哲学について

    レヴィナスの問題設定  エマニュエル・レヴィナスという哲学者をご存じでしょうか。  彼は、リトアニア […]

  7. 現象学的還元とは何か|意味をわかりやすく徹底解説。フッサール『イデーンI』

    現象学的還元とは | 一般的な定義(初級編)  フッサールの『イデーン I』という著作では「自然的態 […]

  8. アンチノミーとは何か。カント『純粋理性批判』|意味をわかりやすく徹底解説

    概要:アンチノミーとは何かーーカントとアンチノミー  そもそもアンチノミーって何?と思われる方も多い […]

  9. 芥川龍之介『羅生門』下人の行方は誰も知らない|あらすじ解説|内容考察|感想

    概要  『羅生門』は芥川龍之介が23歳の1915年に執筆された短編小説。黒澤明監督は1950年に『羅 […]

  10. 『ガリヴァー旅行記』第一篇を読む――リリパットにおける禁止の過剰について

    リリパットにおける禁止の過剰について  1735年のフォークナー版『ガリヴァー旅行記』には、1726 […]

  11. 異化とは何か – シクロフスキー、ブレヒト|意味をわかりやすく徹底解説

    異化(остранение, Verfremdungseffekt, defamiliarizati […]

  12. ポー『黒猫』黒猫の正体|あらすじ解説|内容考察|感想

    概要  『黒猫』はエドガー・アラン・ポーの短編小説。1843年に発表。酒飲みの主人公が精神疾患の末に […]

  13. マルク・リシールを読もう【著作、論文紹介】

    人物  マルク・リシール(Marc Richir, 1943-2015)。ベルギー・シャルルロワ出身 […]

  14. 中動態とは何か|意味をわかりやすく徹底解説

    昔は能動態ー中動態だった?  中動態とは何か。  中動態の字面だけみると能動態と受動態の中間だと勘違 […]

  15. 不安とは何かーハイデガー|意味をわかりやすく徹底解説

     私たちは日常的に不安を覚えたりする。明日の約束事とかこれからの人生のこととか。こういった日常的な不 […]

  16. 第三者の審級とは何か|意味をわかりやすく徹底解説

    第三者の審級  大澤真幸の議論でお馴染みの「第三者の審級」という概念は、大澤の議論だけに留まらず汎用 […]

  17. ビオスとゾーエーとは何か|意味をわかりやすく徹底解説

    フーコーの生権力  1976年にフランスの思想家ミシェル・フーコーの『性の歴史』第1巻『知への意志』 […]

  18. 『センセイの鞄』感想|あらすじ解説|内容考察|高年男性と恋愛

    概要  『センセイの鞄』は1997年から2000年まで『太陽』に連載された川上弘美の小説。2001年 […]

  19. フッサールを読もう【著作・研究書・入門書・概念紹介。おすすめ度/難易度つき】

     ここではフッサールの著作の内容や概念を紹介しながら、そのおすすめやフッサール に関する入門書、研究 […]

  20. 政治はコンテンツではない 『平成転向論』書評

    「意味なんか ないさ暮らしがあるだけ」  ―星野源「恋」(2016) 「つまり自由と同じように民主主 […]

  21. 『海辺のカフカ』あらすじ解説【考察】 メタファーとソリッドなもの

    概要 村上春樹の長編小説。カフカとナカタの二人の主人公の物語が同時にパラレルに進行するのが特徴である […]

  22. ポー『ウィリアム・ウィルソン』感想|あらすじ解説|内容考察|ドッペルゲンガーは良心か

    概要  『ウィリアム・ウィルソン』はエドガー・アラン・ポーの短編小説。1839年に発表。ポーはアメリ […]

  23. 現存在とは何か-ハイデガー『存在と時間』|意味をわかりやすく徹底解説

    現存在とは  現存在〔Dasein〕とは、『存在と時間』で分析の主題となる「現というあり方を持った存 […]

  24. 動物論入門    

    シジュウカラは「言葉」を操る?――導入 近年、シジュウカラ(鳥類の一種)の発する「言葉」に迫った鈴木 […]

  25. フーコー=デリダ論争とは何か

    フーコー=デリダ論争の概略  フーコー=デリダ論争とはフーコーのデカルト読解に端を発する一連の論争で […]

  26. 間主観性とは何か——フッサール

    まえおき  「間主観性(intersubjectivity)」という言葉を日常生活で使う機会はほとん […]

  27. 『知覚の現象学』入門 – 初学者のためにわかりやすく解説

    『知覚の現象学』序文の難解さ  哲学の本を読むと初っ端から心を挫かれることがある。その難解さのゆえに […]

  28. 物とは何か – 手近存在と手許存在(ハイデガー)|意味をわかりやすく徹底解説

    ハイデガーにおける存在するもの(Seiende)の種類  『存在と時間』でハイデガーが行った分析は存 […]

  29. 最重要論文『「こころ」を生成する心臓』を読む – 小森陽一

    序文  夏目漱石の『こころ』は日本で最も読まれている小説といっても過言ではない。小学校と中学校の教科 […]

  30. 夏目漱石『夢十夜』あらすじ解説【徹底考察】第一夜はハッピーエンドかバッドエンドか

    概要  夏目漱石の小説。1908年7月25日から8月5日まで『東京朝日新聞』で連載された。第一夜から […]