人気記事

  1. 『オメラスから歩み去る人々』解説|オメラスの地下牢と天皇|あらすじ考察|ル=グウィン

    概要  『オメラスから歩み去る人々』は、1973年に発表されアーシュラ・クローバー・ル=グウィンのS […]

  2. 【2024年版】純文学のおすすめ39選!古典から現代の名作小説まで!近代文学作家とは

    純文学とは? 純文学とは「娯楽性より芸術性に重きを置く小説」の総称  純文学の定義は「娯楽性より芸術 […]

  3. 哲学書の名著おすすめランキング32選!古典から最新の必読書まで|死ぬまでに読んでおきたい

    哲学名著を読もう 哲学は入門書から入るべきか哲学著作から入るべきか。  結論から先に述べておくと、ど […]

  4. 魯迅『故郷』解説|希望とは本来道のようなものだ|あらすじ感想批評・国語伝えたいこと考察|登場人物

    概要  『故郷』は、1921年5月に『新青年』に発表された魯迅の短編小説。のちに魯迅の最初の短編小説 […]

  5. 間主観性とは何か——フッサール

    まえおき  「間主観性(intersubjectivity)」という言葉を日常生活で使う機会はほとん […]

  6. 芥川龍之介『羅生門』解説|「下人の行方は誰も知らない」の意味・効果とその後のストーリー|あらすじ感想・国語伝えたいこと考察

    概要  『羅生門』は、1915年に執筆された芥川龍之介の短編小説。国語の教科書に採用されている。芥川 […]

  7. 『夢十夜第一夜』解説|百年はもうきていたんだな|あらすじネタバレ感想・伝えたいこと考察|登場人物・夏目漱石

    概要  『夢十夜』は、夏目漱石の短編小説集。1908年7月25日から8月5日まで『東京朝日新聞』で連 […]

  8. 遠藤周作『沈黙』解説|今まで誰もしなかった一番辛い愛の行為|あらすじ内容感想・伝えたいこと考察

    概要  『沈黙』は、1966年に出版された遠藤周作の歴史小説。谷崎潤一郎賞を受賞した。  20世紀小 […]

  9. イギリス文学のおすすめ有名作品17選!古典から現代までの面白い名作小説

    イギリス英文学のおすすめを選んだ基準は? 面白さと読みやすさと重厚さに注目  文学の聖地といえばイギ […]

  10. アンチノミー(二律背反)とは何か|意味をわかりやすく解説|カント『純粋理性批判』

    意味  アンチノミー(Antinomie)は、ドイツの哲学者イマヌエル・カントが有名にした哲学的概念 […]

  11. 『ジョー・ブラックをよろしく』考察|去りがたい、それが人生だ|あらすじネタバレ感想・伝えたいこと解説|マーティン・ブレスト

    概要 『ジョー・ブラックをよろしく』は、1998年に公開されたアメリカの恋愛ヒューマン映画。監督はマ […]

  12. 『博士の愛した数式』解説|美しいつながり|あらすじ内容感想・伝えたいこと考察|小川洋子

    概要  『博士の愛した数式』は、2003年に新潮社から出版された小川洋子の長編小説。初出は『新潮』2 […]

  13. 『少年の日の思い出』解説|母が優しくしてくれたのはなぜか|あらすじ感想・伝えたいこと考察|ヘルマン・ヘッセ

    概要  『少年の日の思い出』は、1931年に発表されたドイツ作家ヘルマン・ヘッセの短編小説。  初稿 […]

  14. 芥川龍之介『鼻』解説|傍観者の利己主義とは何か|小説あらすじ感想・伝えたいこと考察

    概要  『鼻』は1916年2月に『新思潮』の創刊号で発表された芥川龍之介の短編小説。『今昔物語集』と […]

  15. 『山月記』臆病な自尊心と尊大な羞恥心とは何か|あらすじ解説感想・伝えたいこと意味考察|中島敦

    概要  『山月記』は、1942年『文學界』に発表された中島敦の短編小説。唐代の伝奇小説「人虎伝」を題 […]

  16. 『華麗なるギャツビー』考察|過去はやり直せる|あらすじネタバレ感想・伝えたいこと解説|バズ・ラーマン

    概要  『華麗なるギャツビー』は、2013年に公開されたアメリカの恋愛ヒューマン映画。監督はバズ・ラ […]

  17. 夏目漱石『こころ』解説|先生の自殺の理由|あらすじ感想・伝えたいこと考察|登場人物・疑問点

    概要 『こころ』は1914年に朝日新聞で連載、岩波書店から出版された夏目漱石の長編小説。「上 先生と […]

  18. 『秒速5センチメートル』考察|喪失を受けとめて|あらすじネタバレ感想・伝えたいこと解説|新海誠

    概要  『秒速5センチメートル』は、2007年に公開された恋愛青春アニメ映画。監督は新海誠。前作は『 […]

  19. カミュ『異邦人』解説|不条理文学の傑作、それは太陽のせいだ|あらすじ感想・伝えたいこと考察

    概要  『異邦人』は、1942年に刊行されたアルベール・カミュの中編小説。原題は L’É […]

  20. 『ノーカントリー』考察|狂気の殺人鬼|あらすじネタバレ感想・伝えたいこと解説|コーエン兄弟

    概要  『ノーカントリー』は、2007年に公開されたアメリカのスリラー映画。監督はコーエン兄弟。原題 […]

  21. 永劫回帰とは何か|意味をわかりやすく解説|公共・倫理

    永劫回帰の意味  永劫回帰(ewige Wiederkehren)はニーチェの根本思想である。 […]

  22. 『走れメロス』解説|メロスと王の共通性|あらすじ感想・伝えたいこと魅力考察|太宰治

    概要  『走れメロス』は、「新潮」の1940年5月号に発表された太宰治の短編小説。ギリシアの古伝説と […]

  23. 『海辺のカフカ』考察|メタファーとソリッドなもの|あらすじネタバレ・意味解説|村上春樹

    概要 『海辺のカフカ』は、2002年に刊行された村上春樹の長編小説。  2005年、英語版が「ベスト […]

  24. 『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』考察|愛よ、永遠に|あらすじネタバレ感想・伝えたいこと解説|デヴィッド・イェーツ

    概要  『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』は、2011年に公開されたイギリスのファンタジー映画 […]

  25. 現象学とは何か|意味をわかりやすく解説|フッサール

    意味  現象学(phänomenologie)とは、エトムント・フッサールが創始した哲学の潮流のこと […]

  26. 『人間失格』解説|恥の多い生涯を送ってきました|あらすじ感想・伝えたいこと考察|太宰治

    概要  『人間失格』は、1948年に発表された太宰治の中編小説。『走れメロス』『斜陽』に並ぶ太宰の代 […]

  27. 方法的懐疑とは何か|意味をわかりやすく解説|公共・倫理|デカルト

    意味  方法的懐疑(doute méthodique)とは、ただ疑うだけでなく疑いをさしはさみうるす […]

  28. 「蜘蛛の糸」解説|教訓は何だ?|あらすじ感想・伝えたいこと考察|芥川龍之介

    概要  「蜘蛛の糸」は、1918年に執筆された芥川龍之介が26歳の時の短編小説。芥川龍之介が手掛けた […]

  29. 『TENET テネット』解説|10の謎と運命論の問題|伝えたいこと考察|あらすじネタバレ感想|クリストファー・ノーラン

    概要  『TENET テネット』は、2020年に公開されたSFアクション映画(IMAX)。監督・脚本 […]

  30. 志向性とは何か|意味をわかりやすく解説|フッサール

    志向性の意味  現象学ではフッサールの概念。フッサールは、意識の本質は「意識とは何かについての意識で […]