芥川龍之介『蜘蛛の糸』あらすじ解説|内容考察|感想|教訓は何だ?

芥川龍之介『蜘蛛の糸』あらすじ解説|内容考察|感想|教訓は何だ?

概要

 『蜘蛛の糸』は芥川龍之介が26歳の1918年に執筆された短編小説である。芥川龍之介が手掛けた初めての児童文学作品であり、彼の児童文学の代表作でもある。映画化やアニメ化もされている。

 『蜘蛛の糸』は初出は鈴木三重吉の始めた文芸雑誌『赤い鳥』の創刊号である。鈴木は夏目漱石門下であり芥川の先輩にあたる。芥川龍之介の短編小説『芋粥』を『新小説』に載せて、文壇への手引きをしたのも鈴木であり芥川の恩人であった。

 芥川のこの頃の作品でかつ代表作に『』、『羅生門』、「アグニの神」などがある。

 本記事は、『蜘蛛の糸』のあらすじ、内容の考察、芥川龍之介の執筆当時の状況、蜘蛛の糸の意味などを解説していく。わかりやすい簡単な内容から専門的で詳しい解説まで網羅的にまとめる。

>>Amazonはこちら:『蜘蛛の糸・杜子春』 (新潮文庫)

あらすじの要約 : 垂らされた蜘蛛の糸と犍陀多の無慈悲な心

・第一章

 ある日のこと、御釈迦様は極楽の蓮池のふちを独りで散歩していた。やがて御釈迦様は立ち止まり、蓮の葉の間から下の地獄を眺めた。地獄では罪人たちがもがき苦しんでいた。御釈迦様は罪人の中に犍陀多かんだたという男を見つけた。

 犍陀多かんだたは人を殺したり家に火をつけたり、色々と悪事を働いた大泥棒であったが、過去に一度だけ善い行いをしたことがあった。犍陀多かんだたは深い林の中で見つけた小さな蜘蛛を踏み殺そうとするが、命を無闇にとるのはかわいそうであると考えを改めて、その命を助けたのだった。

 そのことを思い出した御釈迦様は、地獄から犍陀多を救い出してやろうと考えた。近くにいた蜘蛛を見つけると、一本の蜘蛛の糸を地獄の底へ下ろしたのである。

・第二章

 地獄の底の地の池で、犍陀多かんだたは他の罪人と一緒に浮いたり沈んだりしていた。針の山や血の池などの地獄の責め苦によって、流石の犍陀多もただもがいてばかりいた。

 ある時、犍陀多かんだたは何気なく上を見上げると、銀色の蜘蛛の糸が光ながら自分の上に垂れてくるのを発見した。犍陀多かんだたは蜘蛛の糸に縋りついて登れば極楽にはいれると考え、両手で蜘蛛の糸にしがみつき一生懸命に登り始めた。

 しかし地獄と極楽は随分と距離がある。犍陀多かんだたもくたびれて休むつもりで蜘蛛の糸にぶら下がりながら、遥か下を見下ろした。すると、罪人たちが蜘蛛の糸に捕まって登ってきてるではないか。ただでさえ蜘蛛の糸は細いのである。ましてや大勢の罪人の重みに耐えることなどできそうもない。

 どうにかしなければ糸が切れてしまい血の池に落ちてしまうと考えた犍陀多かんだたは、蜘蛛の糸にぶら下がっている罪人に向かって「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸はおれのものだぞ。お前たちは一体誰にいて、のぼって来た。下りろ。下りろ。」と叫んだ。その途端、蜘蛛の糸はきれてしまい、犍陀多かんだたは真っ逆さまに落ちてしまった。

・第三章

 御釈迦様は極楽で、この一部始終をじっと見ていた。犍陀多かんだたが落ちて血の池に沈むと、悲しそうな顔をしてまた歩き始めた。自分だけ助かろうとした犍陀多かんだたの無慈悲な心が、御釈迦様からみると浅ましく見えたのだろう。

 極楽の蓮池の蓮はそんな事には頓着しない。ただ良い匂いを溢れさせている。極楽も昼近くになったのだろう。

>>Kindle Unlimited「30日間の無料体験」はこちら

解説

芥川龍之介の当時の状況と『蜘蛛の糸』の元ネタ

 芥川龍之介は1916年に東京帝国大学文科大学英文学科を「ウィリアム・モリス研究」の卒論で卒業すると、同年12月には横須賀にある海軍機関学校の嘱託教官になった(嘱託教官は身分は本教官と異なるが仕事内容は同じ)。

 さらに1916年の夏、古くからの友人山本喜誉司の姪、塚本文にプロポーズをだし、同年12月には婚約を成立させる。塚本文は当時16歳で、芥川龍之介の8歳下であった。塚本文とは2年後の1918年2月に結婚することになる(Wikipedeaの『芥川龍之介』のページでは1919年3月になっているが間違い)。

 就職、結婚、『羅生門』『鼻』の人気と立て続けに成功し、精神的にも充実していた。海軍機関学校の嘱託教官として多忙の日々であったが、この年に『地獄変』『奉教人の死』『蜘蛛の糸』などの名作が生まれていている。

 芥川龍之介は仕事と結婚後の生活で忙しく、『地獄変』の執筆にも苦しんでいた。鈴木三重吉に雑誌『赤い鳥』の創刊号への寄稿を頼まれたのは、このような状況だったのである。とはいえ、鈴木三重吉は芥川龍之介にとっては、文壇に手引きをした恩人であり先輩でもあったので、依頼を承諾し一気に書き上げたのが『蜘蛛の糸』である。

 『蜘蛛の糸』の元ネタは、ポール・ケーラスの『カルマ』、そしてその鈴木大拙訳『因果の小車』とされている。ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』に挿入されている「1本の葱」に着想を得たという説もあるが、現在は信じられていない。

>>芥川研究は関口さんのがオススメ。Amazonはこちらから:芥川龍之介』 (岩波新書)

教訓臭さが抑えられた児童文学

 『蜘蛛の糸』は児童文学と侮ってはいけない。大正を代表する児童文学といわれるだけでなく非常に高い文学性があるといえる。

 まず初めに確認しておきたいことは、『蜘蛛の糸』を読み終わったあとの率直な感想についてである。正直に言って「結局何が言いたかったの?」と感じた人も多かったのではなかろうか。それもそのはず、原典とされるポール・ケーラスの『カルマ』と『蜘蛛の糸』を比べてみるとわかるように、『蜘蛛の糸』では教訓臭さは大方払拭されているのだ。『蜘蛛の糸』は児童向けに作られていながら、教訓や結論に読者が安易に飛びつくのを警戒しているようである。

 したがって「結局何が言いたかったの?」と疑問に思った方は、芥川龍之介の罠にはまってしまったということになるのだが、別の言い方をすれば『蜘蛛の糸』の良き読者でもある。疑問に思った方は、簡単な答えを得ることはできないけれど、そのおかげで『蜘蛛の糸』を深く読みこむことができるだろう。

 ひとまず、表面的な教訓を抜き出してみよう。第一章にある犍陀多かんだたは大悪党でありながら小さい蜘蛛の命を救うというエピソードは、「どんなに悪い人でもどこかに綺麗な心をもっているものだ」ということを示している。

 次に第二章にある御釈迦様が犍陀多かんだたを救うために蜘蛛の糸をたらすというエピソードは「善行は他人に慈愛の心をもたらす(=情けは人のためあらず)」といえる。また、同じく第二章にある犍陀多かんだたの自己中心的な行いによって蜘蛛の糸が切れたというエピソードは「他人を慮れない人は他人から憐みをむけられることはない」ということを表している。

 どれも生きていくうえで重要な教訓だ。が、このような極限状態で、犍陀多かんだたの行為を叱責するのは酷というものだろう。「極限状態でも他者を思いやれ」という苦しい教訓というよりは、「他人を思いやるといいことがあるかもしれませんよ」くらいのゆるい教訓という印象を受ける。

考察

上下の運動と御釈迦様の無頓着さ

 『蜘蛛の糸』はテンポ良く流れる単線的な時間と、蜘蛛の糸を媒介にしてつながる極楽と地獄の縦の空間、さらに極楽にいる御釈迦様の散歩という横の空間によって、立体的で躍動感のある物語になっている。ここで縦と横の空間は『蜘蛛の糸』にとって決定的に重要だと思われる。

 下にいる犍陀多かんだたは、上にいる御釈迦様のおかげで一瞬上昇する事に成功するが、邪心が働いてしまい再び下に落ちてしまう。基本的には犍陀多かんだたの上下運動が物語のほとんどを占めているが、その前後で御釈迦様は極楽を散歩をしていて、犍陀多かんだたに意識が向けられるのは一瞬である。

 このように上下の運動は人間の利己主義や慈愛の心などを表していて、そのおかげで躍動感が生まれている。逆に左右の運動はそのような人間的な感性からは程遠い場所にある。だからこそ、左右の運動をする御釈迦様はどこか冷たい印象をうける。

 例えば、「悲しそうな御顔をなさりながら、またぶらぶら御歩きになり始めました。」「御釈迦様の御目から見ると、浅間しく思召されたのでございましょう。」(7)からもわかるように、犍陀多かんだたを助けようとはしても執着はしない。犍陀多かんだたに対する御釈迦様の助けたいという気持ちは、蜘蛛の糸が切れたらそれでおわりなのである。

 御釈迦様のこの冷淡さは極楽的ともいえる。「極楽の蓮池の蓮は、少しもそんな事には頓着致しません。」(7)と極楽の蓮も地獄のことには無頓着だ。高い地位のものは下の地位には興味を抱かないし、気になるとしても偶然のことに過ぎない。一見すると慈愛に満ちている御釈迦様の、無慈悲な暴力性が見え隠れしている。

>>最近の芥川研究はこちらに詳しい。Amazonはこちら:関口安義著『世界文学としての芥川龍之介』(新日本出版社)

細く光る蜘蛛の糸

 ここで改めて、この小説の題名に注目してみよう。『蜘蛛の糸』である。ということは、当然ながらこの小説において「蜘蛛の糸」が重要な意味を持つと推測される。

 「蜘蛛の糸」は、極楽と地獄を、そして御釈迦様と犍陀多かんだたを繋ぐ役割を果たしている。さらには、犍陀多かんだたが蜘蛛を助けたことが、この話の起点にあるのだから、空間的にだけでなく、時間的にも御釈迦様と犍陀多かんだたを繋いでいることがわかる。

 「蜘蛛の糸」とでてくる前後を確認すると、「蜘蛛の糸」が弱く光っていることが強調されていることがわかる。

 具体的には「銀色の蜘蛛の糸が」(4)「蜘蛛の糸が、きらきらと細く光りながら」(6)「この細い蜘蛛の糸が、どうしてあれだ」(6)「細く光っている蜘蛛の糸」(6)といった具合である。「細さ」は犍陀多かんだたが蜘蛛の糸が切れること気にする理由に一役買っているし、「光」は地獄ですがりつく救いの糸の視覚的な効果を高めている。

 このような視覚的な効果に加え、この二つの特徴は「儚さ」を表しているようにも思う。御釈迦様と犍陀多かんだたの関係はを繋ぐのは、犍陀多かんだたの一回きりの善行の記憶という、そもそもが儚いものだった。御釈迦様と犍陀多かんだたは最初から今にも消えそうなギリギリの関係だったのである。

 そしてそれこそが善行の本質でもある。善行は見られることはないし、一般的に人は他人に対して御釈迦様のように無頓着であるため、知りたいとも思われない。時には善行も人に知られて自分に返ってくることもあるが、とはいえそれですら細い蜘蛛の糸のように、簡単に切れて無くなってしまう。とはいえ、一回の善行は決して犍陀多かんだたを極楽に導くほど強くはない。しかし善行を知ることやお返しが義務ではなく履かないからこそ、偶然によって不意に他人に届いたり、たまには救ったりできるのである。

感想・雑学

幻の『蜘蛛の糸』

 現在知られている『羅生門』のラストの「下人の行方は、誰も知らない」は、後々になって書き換えられたのは有名だが、実は雑誌「赤い鳥」の載った『蜘蛛の糸』も我々の知る文章ではない。

 芥川龍之介にとって『蜘蛛の糸』は初めて執筆した児童文学だった。加えて、まだ子供がおらず児童を具体的に想定することが難しかったため、寄稿した「赤い鳥」の発行者であり児童文学の父とも呼ばれる鈴木三重吉に、容赦のない書き換えをお願いしたのである。

 そういうわけで、雑誌「赤い鳥」に掲載された『蜘蛛の糸』は鈴木三重吉による大幅な改稿がなされている。具体的には、漢字を平仮名にしたり、文末表現を変えたり、改行を増やしたり。

 鈴木による添削のされた『蜘蛛の糸』は、県立神奈川近代文学館に現在保管されている。ぜひ文学館を訪れ、それぞれを比較してみよう。

参考文献

関口安羲『芥川龍之介』岩波新書、1995年

『蜘蛛の糸』青空文庫、1997年、kindle

文学カテゴリの最新記事