「神の子どもたちはみな踊る」あらすじ解説|内容考察|感想|ヨシヤは踊る

「神の子どもたちはみな踊る」あらすじ解説|内容考察|感想|ヨシヤは踊る

概要

 『神の子どもたちはみな踊る』は、村上春樹の短編小説。2000年に刊行された『神の子どもたちはみな踊る』(新潮社)に収録されている。収録されている6編のうち3作品は、1999年に「地震のあとで」と題して『新潮』に掲載された。2008年に監督ロバート・ログヴァルによってアメリカで映画化された。

 1995年1月におきた阪神・淡路大震災と、同年3月の地下鉄サリン事件に関連した内容になっている。

 村上春樹は他に『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』や『海辺のカフカ』などが有名。『神の子どもたちはみな踊る』には、「かえるくん、東京を救う」が収録されている。

created by Rinker
新潮社
¥572 (2022/10/01 14:56:35時点 Amazon調べ-詳細)

登場人物

善也:25歳、男性。宗教にのめりこむ母をもつ。父親が誰であるかは知らない。

母親:善也の母。避妊をしても子どもができてしまい、相手との関係が壊れた時に田端に救われる。以後、宗教にのめり込む。18歳で善也を出産。

父親:善也の父。誰からはわかっていないが、母親の証言によれば、当時付き合っていた医者の可能性が高い。当時の年齢は30歳。幼少期に犬に噛まれて、右の耳たぶがない。

田端:ある宗教の「導き役」。善也の母をある宗教に誘う。若くして癌で亡くなる。

あらすじ

 善也は25歳の青年で、神谷町の出版社で働いていた。彼は阿佐ヶ谷の賃貸マンションで、18歳年齢の離れた母親と暮らしていた。母親は関西で起きた地震のために、大阪にある教団施設に泊まり込みに行っていた。

 ある日、最悪の二日酔いから目を覚ましたあと、午後になって出社した。その帰宅の途中に、右耳の耳たぶが欠けた男性をみつけて後を追いかける。その特徴が、母親から聞かされた父親のそれと一致していたからだ。母親は18歳の頃に医者と付き合い、完璧な避妊をしていながら子供授かった。

 相手は他の相手との性交渉を疑い、母親はその態度に憤って別れることになる。その医者の右耳の耳たぶは欠けていたという。その後、母親はある宗教団体で「導き役」をしている田端さんに助けられ、善也を出産し、以後宗教にのめり込む。

 善也は踊りかたが蛙に似ていることから「かえるくん」と恋人に呼ばれていた。善也は父親らしき人物を追いかけているうちに、開けた野球場に辿り着く。ところが、追いかけていた父親は何処かに行ってしまい見つけることがでかいない。

 彼は野球場で一人で踊り始める。誰かに見られている感覚があるのだが構わない。神の子どもたちはみな踊るのだ。

 母を宗教に勧誘した田端さんは癌で亡くなった。亡くなる間際、田端さんは善也に、心が善也の母親の肉体を求め止めることができなかったことを告げる。善也は関西に向かった母親、別れた恋人、そして田淵さんのことを思い出す。善也はピッチャーマウンドで、神様、と口にするのだった。

解説

阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件からみる

 『神の子どもたちはみな踊る』は「地震のあとで」と題したシリーズの一つとして『新潮』に掲載された。「地震」とは1995年1月に起こった阪神・淡路大震災のことである。本作で阪神・淡路大震災は、地震による被災地のボランティアに母親が向かうと言う形で、間接的に描かれている。

 1995年というと、もう一つ見逃すことの出来ない大事件が日本で起きた。同年3月に起きた地下鉄サリン事件である。村上春樹は地下鉄サリン事件に応答して、その被害者や関係者にインタビューを行い、ノンフィクション『アンダーグラウンド』(1997年)に結実させた。村上はこのころを境に「デタッチメントからコミットメントへ」と態度を変更し、現実社会での出来事を取り扱うようになる。

 この二つの事件、阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件は、日本社会にも大きな影響を与えた。社会学者の大澤真幸は、日本を「理想の時代」「虚構の時代」「不可能性の時代」に分類したとき、「虚構の時代」「不可能性の時代」の分割点を1995年にみる(不可能性の時代とは何か*なるほう堂)。阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件によって、日本社会は虚構に埋没する時代から、新たな時代へと移行したというのだ。それは、村上の「デタッチメントからコミットメントへ」という方針転換ともパラレルかもしれない。デタッチメントが作品(虚構)への没入を意味するならば、コミットメントはそれに対する反省からきている。デタッチメントだけでは生きていけないという時代の変化を、小説家である村上春樹は敏感に捉えていたのである。

 「震災」だけでなく「宗教」も絡んでくるのが本作の一つの特徴だ。善也の母親は、善也を産む前に「導き役」である田端に出会い、宗教にのめり込む。善也(ヨシヤ)は「イエス」のヘブライ語訳であり、「『お方』のご意志によって善也はこの世に生まれたの」(94)である。その観点から言えば、宗教二世の問題を扱った今村夏子の『星の子』に似ているかもしれない。『星の子』では主人公が宗教にたいして反抗することはないが、『神の子どもたちはみな踊る』は宗教にたいする抵抗が前提になっている。善也は中学生のころに、信仰を捨てた。母は深く悲しんだが、「善也の棄教の決意は揺るがなかった」(98)。

考察・感想

父と母、宗教を超えて

 善也は、信仰を捨てることはできたが、母親から離れることはできなかった。一人暮らしを始めるチャンスを逃した善也は、25歳にして阿佐ヶ谷の賃貸マンションで母親と同居している。彼女の布教活動にも付いていく善也は、宗教から離れることはできても母という磁場から逃れることはできていない。

 善也にとって震災は、母を遠ざける外的要因となる。母親が信者とともにボランティアとして大阪に向かうことで、善也はようやく母親から遠ざかることができる。彼女の存在や彼女が訪れた関西は、「自分からも、自分の向かいに座って熱心に雑誌を読んでいる男からも、何光年も遠く離れたところにあるように善也には感じられた」(96)のである。母の磁場から逃れた時に、善也の「父探し」の物語が始まる。父親は右耳の耳たぶが欠けているということを母の証言から知っている善也は、仕事からの帰宅途中にその特徴を有する男性を追いかける。男性は暗い路地を抜けて、開けた野球場についたとき姿を消す。

 彼は「父探し」が失敗におわるとき、「僕はいったいこのことで何を求めていたのだろう?」(106)と自問する。「父探し」は母や宗教とは異なる形での、アイデンティティを求めた運動だった。しかし、その先には暗闇しかなかった。父を見つけるどころか、右耳の耳たぶが欠けた男性と喋ることすらままならなかった。ところが、そこで善也はある種の解放を感じる。彼は「僕自身が抱えている暗闇の尻尾のようなもの」を「目にして、追跡し、すがりつき、そして最後にはより深い暗闇の中にはなったのだ」(105,106)という。彼は「父探し」を終え、『お方』の呪縛から逃れているのだ。そして、誰もいない、しかし、誰かが見ているように感じる野球場のマウンドのうえで、かつての彼女が「かえるくん」みたいと形容した踊りを披露する。そのとき彼は、『お方』=「神」の存在に折り合いをつけているからこそ、「神の子どもたちはみな踊るのだ」(109)と言ってのけるのだ。

 母を想い、恋人との過去を回想した善也は、田端との最後の会話を思い出す。善也の母に肉欲を感じ求めたことを田端は、そのことを善也に謝ろうとする。そのとき善也は田端の手を握り、自分の心の内を伝えようとする。「謝ることなんかありません」「僕らの心は石ではないのです」(112)。善也が信仰を捨てるきっかけになったのは、「父なるものの限りない冷ややかさ」であり「暗くて重い、沈黙する石の心だった」(98)。その意味で彼は、宗教に非コミュニケーションの暴力性をみたのだった。ここで対置されるのは、踊りであり、「伝え合うこと」(112)である。彼は宗教や「父」を否定したのではない。むしろその関係性を乗り越えたようにみえるのである。宗教や「母」や「父」から離れ、その関係性でしか語ることのできなかった状態を乗り越えた善也は、自らの踊りを「神の子どもたちはみな踊るのだ」と言ってのけたように、「神様」(112)と口に出すのを憚らない。ここに善也の宗教や母への、これからの向き合いかたが暗示されている。

参考文献

村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」(『神の子どもたちはみな踊る』)、新潮社、2000年

created by Rinker
¥880 (2022/10/01 12:16:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥647 (2022/09/30 21:49:41時点 Amazon調べ-詳細)

文学カテゴリの最新記事