「かえるくん、東京を救う」あらすじ解説|内容考察|感想|「地下」=「虚構」の闘い

「かえるくん、東京を救う」あらすじ解説|内容考察|感想|「地下」=「虚構」の闘い

概要

 「かえるくん、東京を救う」は、村上春樹の短編小説。2000年に刊行された短編集『神の子どもたちはみな踊る』(新潮社)に収録されている。

 1995年1月17日におきた阪神・淡路大震災を題材としている。

 村上春樹は他に短編「神の子どもたちはみな踊る」や、長編『海辺のカフカ』などが有名。

>>Amazonはこちら:『神の子どもたちはみな踊る』 (新潮文庫)

登場人物

かえるくん:かえる。背丈は2メートル以上。東京直下にいるみみずくんが起こす壊滅的な地震を阻止すべく、みみずくんと戦い倒すことを目的としている。勝つために片桐の応援が必要で、説得のために片桐の部屋に突然現れる。

片桐:人間。身長1メートル60センチほど。東京安全信用金庫新宿支店融資管理課の係長補佐。かえるくんからは尊敬されている。かえるくとともにみみずくんと戦おうとするが、直前に銃撃されて意識を失ってしまう。

みみずくん:東京安全信用金庫新宿支店直下に住むみみず。大阪の大地震によって目覚めた。2月18日に東京に地震を起こすと、かえるくんによって推測される。

あらすじ

 片桐が住む東京のアパートに戻ると、巨大な蛙が待っていた。蛙は二本の後ろ足で立っていて、背丈は2メートル以上ある。突然のことに驚く片桐に「ぼくのことはかえるくんと呼んでください」と言い、ドアを閉めるよう催促する。

 片桐は東京安全信用金庫新宿支店融資管理課の係長補佐をしていた。カエルくんの正体が掴めない片桐は、返済金の交渉のためにきた「クミの関係者」だと勘違いする。それを一笑したかえるくんは、片桐の家を訪ねた理由は「東京を壊滅から救うため」だという。

 かえるくんによれば、先日の大阪の大きな地震によって、東京の地下に住むみみずくんが目覚めてしまい、大暴れすることで東京に地震を起こすという。その日は3日後の2月18日の朝8時半頃で、予想される死者は約15万人にのぼる。みみずくんの居場所は、東京安全信用金庫新宿支店の真下。かえるくんの望みは、片桐とともに地下に降りて、みみずくんと闘い、地震を阻止することだった。

 かえるくんは片桐の仕事ぶりを観察し続け、彼が筋道のとおった勇気のある人と見抜いていた。戦うことに不安を覚える片桐に、「かえるくん、がんばれ。大丈夫だ。君は勝てる。君は正しい」と応援するだけでいいからと、かえるくんは頼む。かえるくんは自らが実在していることを証明するために、片桐の代わりに7億円の貸付金の回収をする。

 かえるくんと地下に降りて戦うはずだった2月17日の夕方に、片桐は何者かに狙撃される。翌朝、地震が起こると予想されていた時間の後に、病院のベッドで目が覚める。しかし看護師が言うには、地震も起きてければ、銃で撃たれたのでもなくて、歌舞伎町の路上で昏倒したということだった。

 その夜、かえるくんが病室に現れる。謝る片桐に、一緒に戦ってくれたと、かえるくんは言った。しかし、戦いは熾烈を極め、引き分けに持ち込むことしかできなかった。かえるくんが眠りにつくと、その体から蛆虫が湧いて出てきた。しかしこれも夢で、恐怖で目を覚ますと、近くにいた看護師にかえるくんが東京を地震から救ったのだ、と伝える。

>>Kindle Unlimited「30日間の無料体験」はこちら

解説

「デタッチメントからコミットメントへ」からみる

 1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災によって、東京直下に住むみみずくんが眠りから目を覚ました。怒り狂ったみみずくんは、1995年2月18日の朝方に、東京に大地震を起こすかもしれない。東京を救うため、みみずくんと戦い勝利を収めなくてはならない。そのような想像を物語にしたのが「かえるくん、東京を救う」である。みみずくんと戦うのは、人間ではなくかえるくん。題名が示すとおり、東京を救うのはかえるくんである。

 村上春樹はデビュー当初から、虚構性の高い作家であった。初期の三作で「鼠三部作」といわれる『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』や『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』などを読めばわかりやすい。そして、初期の村上作品に特徴的なことは、現実に対する「デタッチメント」の姿勢である。「デタッチメント」の姿勢とは、「公と私」「政治と文学」「システムと個人」を関連を切断し後者を扱う態度のことで、初期の彼の小説に徹底されたものである。

 ところが、村上春樹の小説に対する態度は、ある時期を境に変更を迫る。それが1995年に起きた「地下鉄サリン事件」であり「阪神淡路大震災」である。先にも述べたように、初期村上は「公」ではなく「私」を、「政治」ではなく「文学」を、「システム」ではなく「個人」を、虚構に潜り込むことで小説に描いてきた。村上作品では「井戸」や「地下」というモチーフが多用されるが、それは虚構に潜ること、つまり「デタッチメント」の態度を表明していた。そのような「デタッチメント」の態度こそが、倫理であり村上小説の特徴だったのだ。しかし「地下鉄サリン事件」や「阪神淡路大震災」という圧倒的な現実の激しさは、「デタッチメント」の態度では捉えきれない何かを表しており、倫理としてあった「デタッチメント」の態度は大きく変化する。

 その延長線上にあるのが、「地下鉄サリン事件」を題材にした『アンダーグラウンド』であり、「阪神淡路大震災」を題材にした『神の子どもたちはみな踊る』である。村上はついに現実をテーマに小説を書き始めたのだ。この態度変更は、「デタッチメントからコミットメントへ」という標語で知られている。つまり、「公と私」「政治と文学」「システムと個人」を分離し後者を重視する態度から、分離せずに描くという態度へと変更したのである。

>>Amazonはこちら:『村上春樹は、むずかしい』 (岩波新書) 

考察・感想

「コミットメント」のなかの「虚構」

 前述したように、村上にとって「地下」にもぐることは、「虚構」に没入すること同義であった。であるならば、「かえるくん、東京を救う」が「地下」でみみずくんと戦うことは、別の意味が付与されているように思われる。つまり、現実=阪神淡路大震災に対する、虚構の存在意義である。

 みみずくんと戦うのは、片桐でなく、かえるくんである。それも地下で、さらに言えば、夢の中で。やはり、「かえるくん、東京を救う」が「コミットメント」の態度で書かれた小説における「虚構性」について考えているのは間違いない。従来の「デタッチメント」の態度を貫くのであれば、「虚構」のなかで完結すればよかった。例えば、大阪で起こった大震災でみみずくんが目覚めたという設定をなくせばよかった。あるいは、片桐を登場させなければよかったかもしれない。しかし、阪神淡路大震災は起きたし、かえるくんは片桐に助けを求めるのだ。そしてなにより、かえるくんは片桐の代わりに借金の取立てに行ってしまう。「虚構」が「現実」に食い込んでいるのである。

 かえるくんは「地下」でのみみずくんとの激闘を終えて、片桐のもとに現れる。かえるくんは言う。

いずれにせよ、すべての激しい闘いは想像力の中でおこなわれました。それこそが僕らの戦場です。ぼくらはそこで勝ち、そこで破れます。(180)

かえるくんの勝利は「虚構」の勝利を意味する。だが、かえるくんの勝利は限定的でしかない。かえるくんは「ぼくと片桐さんはなんとか東京の壊滅をくい止めることができました。15万人の人々が死のあぎとから逃れることができました」(180)としながら、「地震を阻止することはどうにかできましたが、みみずくんとの闘いでぼくにできたのは、なんとか引き分けに持ち込むことだけでした」と言う。「かえるくん」と「みみずくん」の「地下」で行われた「虚構」の戦いは、「引き分け」という曖昧なものだったのである。

虚構/現実を越える、機関車というモチーフ

 かえるくんは、このあと混濁した意識の中で、「非かえるくん」について語り出す。

ぼくは純粋なかえるくんですが、それと同時にぼくはの世界を表象するものでもあるんです(182)

目に見えるものが本当のものとはかぎりません。ぼくの敵はぼく自身の中のぼくでもあります。ぼく自身の中にはがいます。(182)

 純粋なかえるくんが「虚構」であるならば、非かえるくんは「現実」を表していることになる。つまりかえるくんは、「虚構」のなかで「現実」を描く可能性について述べているのである。ところが、かえるくんは「混濁」の中でその可能性の具体的なものをを示すことができない。そして、かえるくんの体には瘤ができて、破裂し、蛆がわく。「虚構」は勝利しながら敗北するのである。

 しかし村上は、「虚構」と「現実」、「デタッチメント」と「コミットメント」の対立から抜け出す糸口を探しているように思われる。そのために要請されたのが、「機関車」というモチーフだ。それは、「井戸」のような上下の軸に直交する、左右の地平を表している。「地下」=「虚構」と「地表」=「現実」の上下の運動から逃れるために、「機関車」がやってくるのだ。

 かえるくんは「機関車がやってきます」(182)と言う。そして、片桐は「機関車」と「もつれる舌で言」い、「夢のない静かな眠りに落ち」(186)る。夢(=虚構)のない眠り、というところが重要だ。だが、「機関車」が「虚構」を超えてどこに連れ出してくれるのか、村上はまだ答えを見つけていない。

参考文献

村上春樹「かえるくん、東京を救う」(『神の子どもたちはみな踊る』新潮社、2000年)

文学カテゴリの最新記事