新海誠『秒速5センチメートル』喪失を受けとめて|あらすじ解説|内容考察|感想

新海誠『秒速5センチメートル』喪失を受けとめて|あらすじ解説|内容考察|感想

概要

 『秒速5センチメートル』は、2007年に公開された恋愛青春アニメ映画。監督は新海誠。キャッチコピーは「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか」。映画祭「最優秀アニメ賞」など数々の賞を受賞した。

 「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の短編3話から構成される。全63分。

 小学生のころに惹かれ合った少年と少女が、親の転勤で離れ離れになり、互いに想い合いながら大人になる物語。

 前作は『雲の向こう、約束の場所』、次作は『星を追う子ども』。新海はほかに長編『君の名は。』『天気の子』、中編『言の葉の庭』、初期傑作短編『ほしのこえ』や『彼女と彼女の猫』などがある。

 アニメ映画はほかに『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』『怪盗グルーの月泥棒』『千と千尋の神隠し』『ミュウツーの逆襲』『幻のポケモン ルギア爆誕』などがおすすめである。

  また「新海誠監督のおすすめアニメ映画ランキング9選」もぜひご覧ください。

名言

貴樹「その瞬間、永遠とか心とか魂とかいうものがどこにあるのか、分かった気がした」

明里「貴樹くんは、きっと、この先も大丈夫だと思う、絶対!」

登場人物

遠野貴樹(水橋研二):「桜花抄」「秒速5センチメートル」の主人公。転勤族。世田谷の小学校で明里と出会う。以後転勤によって離れ離れになっても明里のことを想い続けている。

篠原明里(第一話:近藤好美、第三話:尾上綾華):貴樹の初恋の相手。転勤族。貴樹と境遇が似ていて、また性格や好みが合い貴樹と親しくなる。

澄田花苗(花村怜美):「コスモナウト」の主人公。サーファー。東京から越してきた貴樹に淡い恋心を抱く。将来の不安を感じている。貴樹が自分のことなど眼中にないことに気がつき、告白はできなかった。

水野理紗(水野理紗):「秒速5センチメートル」に登場する女性。貴樹と3年間付き合ってる。「1000回にわたるメールのやり取りをしたとしても、心は1センチほどしか近づけなかった」とメールして別れた。

あらすじ

桜花抄

 世田谷の小学校で貴樹と明里は出会う。転勤族で精神的にも似たところがあった二人は、共に過ごす時間が多かった。

 ある時、明里は親の事情で栃木へと引っ越すことになる。中学に入って半年経ったころ、明里から手紙が届き、以後文通をするようになる。

 しかし中一が終わるころ、今度は貴樹が鹿児島に引っ越すことになる。引っ越したら簡単には会えなくなることから、貴樹は栃木にいる明里に会いに行く決意をする。

 約束の3月4日、関東は生憎の雪で電車は遅延を繰り返す。さらに渡すはずの手紙を落としてしまう。家に帰っていることを願いながら明里の最寄りの駅である岩船駅に着くと、明里はホームで一人待っていた。二人は雪の中を歩き、桜の下でキスをし、誰もいない古屋で夜を明かす。

 翌朝の電車で帰る貴樹に明里は、「貴樹くんは、きっと、この先も大丈夫だと思う、絶対!」と告げる。明里は渡せなかった手紙を見つめ、貴樹は外の景色を眺めていた。

コスモナウト

 種子島に住む高校3年生の花苗は貴樹に恋をしていた。中学2年に転校してきた貴樹はほかの人とは雰囲気が違い、その頃から好きだったが想いを伝えられずにいた。

 恋の悩みとともに、得意とするサーフィンでは波に乗れず、さらに卒業後の進路も決めかねていた。姉や貴樹と交流するうちに、できることを一つずつやろうと決心し、波に乗ることができる。

 この機会を逃すと一生できないと確信した花苗は、貴樹に告白すると決心する。しかし貴樹と話すうちに彼は自分のことを見てはおらず、遠くの何かを追い求めていることを悟る。

 告白を諦めて家に帰った花苗は、それでも貴樹のことが好きだと想い泣きながら眠った。

秒速5センチメートル

 東京で就職した貴樹は、何に駆り立てられているかもわからずがむしゃらに仕事をする。

 理紗とは三年間付き合っていたが、「1000回メールしても、心は1センチくらいしか近づけなかった」と記されたメールが届き別れることになる。彼女に心を見透かされた貴樹は、仕事の激務にも限界がきてしまい会社を辞める。

 ある日、貴樹は桜を見に小学生の時に通っていた道を歩く。踏切を渡るとき見覚えのある女性とすれ違う。貴樹は立ち止まり振り返ると電車が通る。電車が通り過ぎると彼女の姿はそこにはなかった。しかし貴樹は微笑みながら歩き出した。

解説

新海独特の手法が成功した代表作

 2007年に公開された『秒速5センチメートル』は、甘酸っぱい青春と喪失を描いた新海誠の恋愛青春アニメである。前々作『ほしのこえ』や前作『雲の向こう、約束の場所』と違い、SF要素はなく日常と青春を描いている。『君の名は。』や『ほしのこえ』を超えて評価されることもある新海の代表作の一つだ。

 本作は「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の短編3話から構成される、全63分のアニメーションである。元々は別々に練り上げていた物語が、うまく繋がりそうだということで一つの作品になった。したがってそれぞれ独立に取り上げても完成された一つの物語になっている。「桜花抄」は永遠を知りながら離れ離れになる恋人を、「コスモナウト」は喪失を抱えた少年に恋する少女を、「秒速5センチメートル」は喪失の克服を主題にしている。

 幾つかの物語を繋げて一つの作品にするこの手法は、ミクロなレベルでいえば新海が得意とするものである。一見すると無関係な日常の風景をパッパッと瞬間的に映す新海に独特の演出は、そこに物語性とある種のロマンスを生じさせる。学校の机、街の風景、乱立するビル、落書きされた黒板などなど。このように映し出された無関係な風景は、連続的にあらわれ意味が捏造されノスタルジーを感じさせるから不思議だ。この手法をマクロに応用したものが本作である。

喪失した永遠を探し求める物語

 『秒速5センチメートル』の評価は極端にわかれることが多い。傑作と呼ぶ声がある一方で、耐えられないキモいウザいなどの否定的な評価も多数ある。否定的な理由の一つに、喪失を受け入れられずストーカー気味である貴樹が、何故かほかの女性からモテまくることが挙げられる。ハーレムものに似たこの構造は男性に都合の良い妄想にみえる。メールもだせずウジウジしていながらも理由もなく救われてしまう貴樹にイライラするのも肯ける。

 この構造は新海作品の多くに、ひいては日本のアニメに頻出する。だがこのことを差し引くと、そこにあるのは「喪失と成長」という大きなテーマである。

 若き日の貴樹と明里の淡い恋。否応なく離される二人。そして二人の物理的距離は、気持ちに反して遠ざかっていく。このような状況で最後に一度会う約束のもと、幾多の困難を乗り越えて到達するのが、雪が舞い散る冬の街にのびる一本の桜の木である。貴樹と明里はそこでキスをする。

その瞬間、永遠とか心とか魂とかいうものがどこにあるのか、分かった気がした(貴樹)

 ここにあるのは過剰な意識である。一般的に人はキスで、永遠とか心とか魂がどこにあるかわかることはない。しかし雪に覆われた桜の木の下というロマンチックな場面で貴樹はわかってしまったのだ。もちろんこれが勘違いであることは言うまでもないのだが、わかった気がしたその気持ちは、一瞬であれ、嘘ではない。貴樹はこのとき永遠とか魂がどこにあるかを悟り、しかしそれが永遠には続かないという逆説によって永遠に喪失する。彼はこれ以降、どこにあるのかがわかったはず、そしてわかったときに喪失したものを長い間追い求めることになる。

考察・感想

成長できない貴樹、成長する明里

 貴樹は喪失を受け入れられないどころか、「どこにあるのか、分かった気がした」ために、届かないものを追い求めずにはいられない。彼が喪失を受け入れられず成長もできていないのは、各話ごとの声優にも表れている。貴樹の声優は小学生から大人になる3話を通して変わることはない。ひるがえって明里の声優は1話と3話で違い、幼かった声は落ち着いて大人びた声へと変化している。

 また彼が成長をできていないことは、第3話「秒速5センチーメートル」に風景描写とリンクしながら流れる山崎まさよしの「One more time, One more chance」の歌詞からも読み取れる。

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を

交差点でも 夢の中でも

こんなとこにいるはずもないのに

山崎まさよし「One more time, One more chance」

 この歌詞に合わせて、街中に、夢に、明里を探す貴樹が映し出される。「こんなとこにいるはずもないのに」、いやむしろ、「こんなとこにいるはずもない」からこそ、貴樹は探すことを止められないのだ。そしてそれは喪失を受け入れる成長の対極に位置している。

 逆に明里は喪失を克服している。高校生のとき届かない手紙を待ちわびたりしたものの、いつしか他の男性と付き合い「秒速5センチーメートル」ではある男性と結婚を決めている。貴樹がでてくる夢を見たのは、久しぶりに貴樹に渡しそびれた手紙を発見したからだ。明里は喪失を受け止め、大事にしまっておくことで、新たな一歩をすでに踏み出している。

「書いては消すメール」というモチーフ

 新海のアニメにおいて電車とメールは重要なモチーフである。多くの場合、電車はズレやすれ違い、メールや手紙は外部を表す装置になっていて、本作も例外ではない。「桜花抄」で電車が遅延するシーンは時間のズレを、「秒速5センチーメートル」で小田急線が通りすぎるシーンは空間的なズレを表している。

 また『ほしのこえ』で提示された「届かないメール」問題は、本作では「書いては消すメール」問題へと引き継がれている。種子島に引っ越した貴樹は明里との手紙のやり取りもなくなり、携帯の電子メールを使うようになっていた。本来電子メールは、物理的距離を一瞬で超えることのできる画期的なメディアであるはずだった。それは「いざという時に、電車に乗って会いに行けるような距離ではなくなっ」たと不安に感じる明里たちに、安心を与える手段となるはずだった。

 明里の手紙に書かれた「電車」は、まさに物理的な距離の遠さを表象しているが、その距離を消失させ限りない近さを感じさせるのが「電子メール」である。ところがここで一つの逆転がおこる。電子メールがコミュニケーションの限りない近さをもたらす一方で、逆に物理的にも精神的にも距離があることを露呈させるのである。そしてそれは不安を呼び、いつしかメールは途絶えてしまう。

 間違ってはいけないのは、二人は決して嫌いになったのでもコミュニケーションをとりたくなくなったのでもないということだ。むしろ事態は真逆でコミュニケーションを取りたいからこそ、疎遠になったのである。これは永遠がどこにあるかを分かった気がしたから喪失した、というのと同じ構造をしている。

コミュニケーションの可能性の喪失

 『ほしのこえ』の「届かないメール」から『秒速5センチーメートル』の「書いては消すメール」へのモチーフの変化によって、不能性の純度が増している。「届かないメール」は言い換えれば偶然に「届いてしまうメール」でもあり、だからこそメールの届く範囲の外にいても、「ここにいるよ」と呟くことができた。しかし「書いては消すメール」は原理的に届くことはない。取り憑かれたように書いては消すメールの正体は、コミュニケーションの可能性ではなく、不可能性である。

 同じ境遇であったはずの貴樹と明里が、これほどまでに違う道を辿ったのには理由がある。ここでも重要なのは手紙である。雪の中で会った最後の日、明里は手紙を渡すことができなかった一方で、貴樹は手紙自体を紛失している。二人はどちらも手紙を書いてきたことを伝えることができない。だが、明里はその手紙を物置に保管しておくことで、過去を埋葬することに成功する。高校生から大人になったある時期まで彼を探し続けていた明里も、いつしか喪失を受け入れる。彼女は、その手紙を偶然に発見して過去を振り返ることはあれど、貴樹にあてた手紙を書いては消すことを繰り返しはしない。

 それと比べて貴樹の喪失は根が深い。手紙を途中でなくしたことは、コミュニケーションの可能性自体の喪失を意味している。彼は失われてしまった手紙を、つまりはコミュニケーションの可能性それ自体を復元するために、メールを書いては消しているのだ。「書いては消すメール」で貴樹が求めているものは、コミュニケーションではなく、コミュニケーションの可能性それ自体である。

 したがって、コミュニケーションの可能性を喪失した貴樹のコミュニケーションは虚しい。理紗のメールにあった「1000回にわたるメールのやり取りをしたとしても、心は1センチほどしか近づけなかった」は、上記の意味で取られなくてはならない。貴樹との「1000回にわたるメールのやり取り」つまりコミュニケーションは、コミュニケーションの可能性の喪失によって意味をなさない。不可能性を抱える貴樹の「心は」、コミュニケーションを重ねても、「1センチほどしか近づ」くことはないのである。

「いま振り返ればきっとあの人も振り返ると強く感じた」ことの意味

 会社を辞め理紗と別れた貴樹は、覚束ない足取りで昔に歩いた通学路に向かう。彼は明里を見つけて振り返るが、新海お約束の電車が遮り、通り過ぎたあとには明里はいない。彼は少し微笑み新たな決意のもと歩き出す。

 このラストは判断が悩ましい。喪失からの回復という意味でハッピーエンドととるか、明里と出会えないことでバッドエンドととるかで悩んだ人は少なくない。だがバッドエンドだとしても、回想される青春の日々の情景は陰鬱としながらも美しい。

この作品はAmazon Prime Videoで今なら無料で見れますーーAmazonプライムビデオ「30日間の無料体験」はこちら

アニメカテゴリの最新記事