『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』考察|おまたはヒュンとしたか?|あらすじ解説|感想|原恵一

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』考察|おまたはヒュンとしたか?|あらすじ解説|感想|原恵一

概要

 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』は、2001年に公開されたアニメ映画。監督は原恵一。『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズの9作目。キャッチコピーは「未来はオラが守るゾ」。

 20世紀の匂いに誘われ「20世紀博」に向かう大人たちと街に残された子供たちの格闘を描く。

 アニメ映画はほかに『天気の子』『秒速5センチメートル』『犬王』『ミュウツーの逆襲』『ミニオンズ』『千と千尋の神隠し』『雲のむこう、約束の場所』などがある。

 また「【2023年版】Amazon Prime, U-NEXT の最新おすすめ独占配信映画」はこちらで紹介している。

登場人物

野原しんのすけ:主人公。幼稚園児。

野原ひろし:しんのすけの父。足が臭く。ひろしの足の匂いを嗅ぐと、洗脳が解けて現実に戻れる。

野原みさえ:しんのすけの母。

ケン:20世紀博の創設者で、イエスタディ・ワンスモアのリーダー。マッシュルームヘアーで丸眼鏡。20世紀の匂いを作り出し、大人たちを20世紀博に止まらせる。物にあふれた汚い21世紀を嫌い、心があった温かく懐かしい20世紀の回帰を目論む。

チャコ:ケンの恋人。21世紀を嫌う。ケンと行動を共にしている。普段は感情を表に出さないが、パンツを見られたり飛び降りようとして断念した時には、本心があらわれる。

あらすじ・ネタバレ

 万博を訪れた野原一家。突然怪獣が現れ、万博を破壊し始める。そこにヒーローに変身した「ひろしSUN」が立ち向かう、という撮影をしていた。それが終わると、次にみさえが「魔法少女みさりん」に変身して撮影をする。

 ビデオ撮影は「20世紀博」という施設で行われていて、他にも20世紀の雰囲気を楽しめるアトラクションが作られていた。大人たちが毎日20世紀博を満喫しているため、子供たちは退屈してしまう。

 ある日、翌朝お迎えにあがりますというお知らせが、20世紀博から放送される。それを聞いた大人たちは、催眠術がかかったかのように寝てしまう。翌朝、大量の車が街に出現し、大人たちはその荷台に乗り込み、20世紀博へと連れて行かれる。

 残されたしんのすけたちは、コンビニに食料を確保しに行くも、不良少年たちに邪魔されてしまう。ラジオを聞いていると、20世紀博を作った「イエスタディ・ワンスモア」のリーダーであるケンが、指示に従えば親に合わせると言う。多くの子供たちはケンに従うが、かすかべ防衛隊はケンの発言を疑い、子供たちだけで逃げることを決意する。

 スーパーで寝ていたが、20世紀博の人たちが現れる8時に目覚ましをセットしていたため、隠れることができず、バスを盗んで逃げることになる。代わる代わる運転しているうちに、20世紀博が近づいてきたため、しんのすけの提案で20世紀博に突入する。

 突入早々かざまくんたちは捕まってしまうが、しんのすけ、ひまわり、シロは逃げ切り大人たちを探す。見つけたひろしは子供に戻っていたが、しんのすけがひろしの足の匂いを嗅がせると、人生を回想したあと正気を取り戻す。その後、ひろしの足の匂いでみさえも正気を取り戻し、野原家による戦いが始まる。

 そこに現れたケンにチェコと同棲する家に招かれると、20世紀の匂いを東京タワーから散布することで、日本を20世紀のあの頃に戻すという計画を聞かされる。計画阻止のために東京タワーに向かうが、何度も20世紀の匂いに懐かしくなり涙を流す。

 東京タワーを階段で上がる野原一家と、エレベーターで上がるケンとチェコ。その途中、イエスタディ・ワンスモアの隊員達に邪魔をされるが、ひろし、みさえ、ひまわり、シロが体を張って食い止める。しんのすけはボロボロになりながら一人で最上階を目指す。

 足にしがみつくしんのすけを、気にも留めないケン。しかし、野原家の行動を放送で見ていた大人たちは、正気を取り戻していた。20世紀の匂いレベルが低下していることに気づいたケンとチェコは、敗北を認め、しんのすけに未来を返す。飛び降りようとする二人に、「ずるいぞ」と声をかけるしんのすけ。その時、巣を守る親鳥がケンとチェコに威嚇し、飛び降りを断念する。そうして、日本中の人々が自分の家に帰っていくのだった。

解説

20世紀のあのころに戻って

 戦後の復興期から高度経済成長期にかけて訪れた、牧歌的で温かい日本社会。そこでは幾つものポジティブな感情と理念が渦巻いていた。理想、夢、今日よりも明日のほうが向上しているという確信、社会の温かさ、人間のぬくもり。貧乏であっても温かい人間関係に包まれた20世紀。あの風景は、あの匂いはなぜ、かくも懐かしく、かくも戻りたくさせるのだろうか

1957年、野原ひろし生誕。

1958年、東京タワー建設。

1963年、小山みさえ生誕。

1970年、日本万国博覧会。

 昨日よりも今日、今日よりも明日。未来へ進むということは世の中が豊かになることと同義であり、その行進はいつまでも終わることがないと信じられていた。そのような確信のもとでたどり着いい輝かしい未来が、まさか「物」だけの「汚い」世界だと誰が想像しえただろうか。

昔、外がこの街と同じ姿だった頃、人々は夢や希望にあふれていた。21世紀はあんなに輝いていたのに、今の日本にあふれているのは、汚い金と、燃えないゴミくらいだ。

ケンの台詞

 貧しくも温かい20世紀と、豊かでも汚い21世紀。21世紀に生きる我々は、生まれ育った20世紀のあの場所にノスタルジーを感じる。それは同時期に大流行した『ALWAYS 三丁目の夕日』のあの光景だ。20世紀の日常は、貧乏でも家族や近所の人々に囲まれ、未来を信じて幸せに暮らしていた。だがこの光景は、実際に経験した記憶に残るものではなく、ただのイメージである。女子高生が結成した「埼玉紅さそり隊」が、20世紀博に向かうのはそのためだ。彼/女らが戻りたいのは、抽象化されたあのイメージである。では次に、ノスタルジーの対象である20世紀のイメージの魅力の核心に迫ろう。

考察・感想

変身し没入する20世紀 vs 演じわける21世紀

 その答えは冒頭のひろしとみさえが、20世紀博のアトラクションに没頭しているシーンで、すでに示されている。ひろしは「ひろしSUN」に、みさえは「魔法少女みさりん」に変身することで物語に没入したのだった。そう。20世紀のあの匂いとは、変身と没入による現実からの逃避の匂いなのである。

 しんちゃんが代表する21世紀的人間は、その20世紀的感性から断絶している。もちろん、子供なのだからおままごとやごっこ遊びはするだろう。ただそれは変身を介することで強烈に没入する20世紀感性とは質を異にしている。その証拠に、大人たちが消えた街でバーに入ったしんちゃんたちは、突如としてごっこ遊びを始める。最後には風間くんまでも演技に加わり、風が吹く路上で「なにやってたんだ」と我に返る。ここには変身など全くもって必要とされていないし、我に返ったしんちゃんたちはもう一度没入しようなどと思うことはない。

 20世紀博から春日部に出てきたひろしとみさえは、当然のように変身している。だから20世紀の匂いから逃れることは、あの衣装を脱ぎ捨てることに他ならない。衣装を脱いだ、つまり現実を直視したひろしとみさえに、残されたのはその身体しかない。しかしその体には歴史が宿っている。ひろしが過去の回想に涙し、その先でしんのすけの体を抱きしめたのは、歴史が現実を肉付けしているからだ。20世紀的没入からみさえとひろしが逃れられるのは、ひろしの足の匂いが臭いからではない。ひろしの足の匂いが、彼の30年以上の汗を染み込ませているからである。

 変身を解いたひろしたちは、東京タワーのてっぺんへ向けて走らねばならない。エレベーターを使えないのではない、使わないのだ。身体こそ使わなくてはならないのだ。てっぺんに向かう途中で、細くていまにも落ちてしまいそうなところに追いやられる。そこでも21世紀人のしんのすけとひまわりは、怯まず楽しそうにしている。変身することでしか戦えない20世紀人とは鍛え方が違うのだ。だが逃げきれなくなったひろしは、生身のままで立ち向かうことを決意する。後ろを振り返り、敵と真正面から対峙する。「アチョアチョアチョー」と繰り出す拳法で、敵を一掃することはできない。が、その姿はかっこいい。

おまたはヒュンとしたか

 ひろしよりも高所に怯えているみさえは立ち上がることさえできない。したがって敵と対峙することができない、が、それは問題にならない。

おじさんたち、みさえのケツでかいんだからどいてよ! ケツでかいし、お便秘5日目なんだゾ、どいてよ! 母ちゃんのケツ…

 重要なのは身体であり物質だ。それは変身することで強くなったと思い込む20世紀の感性より強固だ。20世紀を代表する敵たちは、みさえのケツにたじろぐ他ない。

 20世紀に回帰した大人たちが、しんちゃんたちの行動をテレビて観て、21世紀に帰ろうと改心した。20世紀に子供のように閉じこもることよりも、21世紀を生きたいと願ったのだ。そのことを知ったケンとチェコは、20世紀を表象する東京タワーから飛び降りることを決意する。しかし飛び降り地点の真下に住居をかまえた鳥の家族に邪魔される。ケンは「また、家族に邪魔されたな」という。

 注目すべきはしんちゃんの「ずるいぞ」というセリフである。しんちゃんは二人がバンジージャンプを跳ぼうとしてると思っていて、自分を仲間に入れずに遊ぼうとすることを「ずるい」と表現した。それをケンたちは誤解して受け取り、そして驚く。つまりケンたちは、しんちゃんが21世紀の汚い時代を生きずに20世紀の感性のまま虚構のなかで死ぬのは「ずるい」と、言ったと勘違いするのだ。20世紀は負けた。だから死ぬ。それはケンたちにとってむしろ潔い行為であった。しかし21世紀の子供たちからみると「ずるい」のだ。

 さらに加えて、しんちゃんはもう一つの問いを発しているように思われる。シンボルとしての東京タワーからの飛び降りることは、20世紀的な行いだった。何故なら彼らはすでにコスプレ(変身)しており、虚構に生きていたからだ。むしろだからこそ飛び降りようとできたといって良い。20世紀が破れたのではない。20世紀が生き続けているから飛び降りれるのだ。だが、飛び降りれなかったチェコたちに、しんちゃんは「おまたヒュンとした?」と問いかける。ウルトラマンは怪獣と戦うとき、おまたがヒュンとしただろうか。否。虚構とは変身とはそういうものなのだ。ところが、しんちゃんの問いかけに、チェコは「死ぬのが怖い」という。それは「おまたがヒュンとした」ということを意味しているに違いない。

 思えばしんちゃんは、これまでも「おまたがヒュンとした」と発言してきたし、みさえに問いかけてきた。「おまたがヒュンと」するのは、死がまさに目の前に迫った時である。つまりチェコが聞かれたのは、21世紀を生きる身体はあるのか、ということに他ならない。

 20世紀は変身による虚構への没入の時代だった。しかし、その20世紀の身体においても「おまたはヒュンとした」はずだ。もし「おまたはヒュンとした」のなら、まだ生き続けなくてはならない。

created by Rinker
¥300 (2023/02/06 05:02:58時点 Amazon調べ-詳細)

アニメカテゴリの最新記事