梶井基次郎『檸檬』あらすじ解説|内容考察|感想|「不吉な塊」に追われて

梶井基次郎『檸檬』あらすじ解説|内容考察|感想|「不吉な塊」に追われて

概要

 『檸檬』は梶井基次郎の短編小説。1925年に同人誌『青空』に掲載。梶井基次郎(1901年 – 1932年)の死の一年前、1931年に刊行。

 得体の知れない不安に追われる青年の姿を描く。色彩が豊かさや詩的表現の巧みさなど現在でも高く評価されている傑作である。

created by Rinker
¥294 (2022/10/02 21:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

 私は「えたいの知れない不吉な塊」に心を押さえつけれていた。持病や借金だけでなく何かに追われてる感覚が、私の気分を重くしていた。その「不吉な塊」のせいで、音楽や丸善などの今まで魅力的にみえていたものがどうもに楽しめなくなっていた。

 あてもなく京都の街をぶらついていると果物屋で檸檬を発見する。心の高まりを感じて檸檬を手に取ると、今まで感じていた「不吉な塊」が無くなったように感じて心が軽くなる。おかげで上機嫌になり、檸檬を手に楽しめなくなっていた丸善に出掛ける。

 しかし丸善に入ると途端に興奮が覚めてしまった。憂鬱な気分に浸りながら、画集を開いては投げ捨て、積み上げた画集を眺めるのだった。

 ふいに積み上げた本の山に檸檬を置いてみた。するとあの軽やかな興奮が舞い戻ってきた。私はこの状態をそのままにして何食わぬ顔でそのに出ることを決意する。

 檸檬を爆弾だとみなし爆発することを想像しながら、檸檬をそのままにして京極に下っていった。

解説

病気文学の系譜

 梶井基次郎は1901年生まれの小説家で、1932年に31歳という若さで肺結核によりその短い生涯を閉じた。残した作品の少なさ(二十篇あまり)にもかかわらず、特徴的な文体と豊かな表現は後世の文豪からも高く評価されている。中学校の教科書に『檸檬』が載っていることもあって、梶井基次郎の人気は未だに健在である。

 梶井と同様、若くして亡くなった同時代人に芥川龍之介がいる(芥川の有名な作品に『羅生門』『』『蜘蛛の糸』「アグニの神様」)。1892年生まれの芥川は1927年に35歳で服毒自殺をはかった。芥川が周囲に漏らしていたのは「ぼんやりとした不安」という曖昧なもので、自殺だったのか原因は何だったのか本当のところは確定していない。芥川がしたのは狂言自殺で、不幸なことに発見が遅れてしまい自殺になってしまったという説まであるくらいだ。神経衰弱であった芥川は、『河童』などの後期の作品で、「ぼんやりとした不安」と死のテーマが前景化してくる。

 梶井基次郎にも似たようなモチーフがある。

えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。焦燥と云おうか、嫌悪と云おうか

梶井基次郎『檸檬』新潮文庫、1967年、8頁

『檸檬』有名な冒頭部分である。「不吉な塊」は芥川がいうところの「ぼんやりとした不安」に近い印象を受ける。「ぼんやりとした不安」は芥川に固有のものであった反面、多かれ少なかれ同時代人が共有していた感覚であったのかもしれない。

 とはいえ芥川と違い梶井文学で重要なのは「不安と死」ではなく「病気と死」である。子供の頃から結核に罹って寝込みがちであった梶井にとって、病気であることなしに小説を書くなどあり得なかった。そのことが梶井の文学に落とす影は大きい。

考察

「不吉な塊」に追われて

 『檸檬』は一人称小説で心情の変化に敏感である。京都の街を散歩、八百屋で檸檬を発見、丸善に入店、丸善を出店の順に、大きな振れ幅でもって憂鬱と興奮を繰り返す。「私」に京都の町を散歩させるよう促したのが「不吉な塊」なのだから、「私」の原動力は「不吉な塊」だといって差支えなさそうだ。問題は「不吉な塊」が最終的にどうなるかである。

 「私」は「不吉な塊」に追われて居てもたってもいられないからといって、京都を離れることはしない。想像の中で旅館の一室に寝転がっている。

錯覚がようやく成功し始めると私はそれからそれへ想像を塗りつけてゆく。何のことはない、私の錯覚と壊れかかった街との二重写しである。

梶井基次郎『檸檬』新潮文庫、1967年、9頁

だから「私」は、京都にいながら二つの世界、想像と現実の世界に生きている。作り物っぽい作り物、例えば花火、南京玉などを好むのも、街にいながら「私」を想像へと誘う装置なのかもしれない。

 檸檬も想像へと向かわせる物だ。それは「レモンエロウの絵具をチューブから絞り出して固めたようなあの単純な色」という描写からもわかる。この小説内では、作り物で不自然なものには絵具という単語がついて回るからである。ところが「私」は想像と現実の間を生きることに飽きている。以前は想像の世界へと誘ってくれた丸善も今やその効力が失われてしまっているのである。

現・現実と現・想像へ

 そこで発見されるのが、「檸檬」の重さであり冷たさであり、想像へ向かわせる物の実体だ。

——つまりはこの重さなんだな。——

梶井基次郎『檸檬』新潮文庫、1967年、14頁

重さも冷たさも「私」をいまここに存在させる。そこには圧迫するものも追われる感覚も介在することができない。「私」は「不吉な塊」に圧えつけられることがないのだ。そういう意味での現・現実がここにある。

 上機嫌な「私」は、しかし丸善でまた意気消沈する。それもそのはず、「私」は檸檬を手にとって現・現実に浸れたからといって、想像と現実の間を楽しめた昔の感性に戻れたいのではない。過去には想像をかきたててくれた丸善も、いまでは整理整頓された画集の束としか映らない。「私」は本を戻すこともせず、それを無秩序に積み上げていく。

 檸檬の重さは美しいものや善いものの重さであった。整理されてたもの(現実)も積み上げられたもの(想像)も我慢ならない「私」は、そこに檸檬を置くことで「カーンと冴えかえ」らせ「檸檬の周囲だけ変に緊張」させるような状態(現・現実)へと作り替える。

 「私」が最後に思いつく第二のアイデアは、檸檬=爆弾という想像と、檸檬をそのままにしてでていくという企みだった。これはもはや現実を絵具で塗り替えるような想像とは言い難い。むしろ現・現実に対応するところの想像であり、現・想像というべきものである。

 現現実としての檸檬と現想像としての爆弾。「私はこの想像を熱心に追求し」「京極を下」る。もはやそこに、始終圧えつけていた「不吉な塊」は見当たらないのである。

文学カテゴリの最新記事