夏目漱石『こころ』先生の自殺の理由|あらすじ解説|内容考察|感想

夏目漱石『こころ』先生の自殺の理由|あらすじ解説|内容考察|感想

概要

 『こころ』は1914年に朝日新聞で連載、岩波書店から出版された夏目漱石の長編小説。「上 先生と私」「中 両親と私」「下 先生と遺書」の三章構成。『彼岸過迄』『行人』に続く後期三部作の最後の作品にあたる。新潮文庫の部数ランキングではトップの750万部で、現在も毎年10万部のペースで売られている。

 夏目漱石にはほかに『夢十夜』や『坊っちゃん』が有名。

 本記事は、『こころ』のあらすじ、内容の考察、先生の死の理由、描かれるモチーフなどを解説していく。わかりやすい簡単な内容から専門的で詳しい解説まで網羅的にまとめる。

created by Rinker
¥528 (2022/10/01 07:50:14時点 Amazon調べ-詳細)

登場人物

:東京の大学生。海で先生とであってから先生と静と懇意にしており、頻繁に先生の家にお邪魔している。「上 先生と私」「中 両親と私」の語り手。

先生:高等遊民。妻である静と東京で暮らす。私と親しい。「下 先生と遺書」の語り手。

:先生の妻。私とも親しくする。「下 先生と遺書」では先生の下宿先の女将の娘。「お嬢さん」と呼ばれ、先生とKと仲良くしている。

K :「下 先生と遺書」に登場。堅物。先生の紹介で静のいる下宿に、先生とともに暮らすことになる。「精神的に向上心のない者はばかだ」

静の母:夫を戦争でなくしている。先生が静をもらいたいと言う相談に、承諾を与える。

:私の父親。「中 両親と私」で病が重くなり私を呼びつける。

先生の叔父:先生の財産を横取りした。

あらすじ

・上 先生と私

 先生と私は鎌倉で出会う。学生である私は長期休暇を利用して友人と海水浴にきてみると、外国人と日本人が一緒に海水浴をしていた。その日本人が先生である。その後、偶然にあったりすることで二人の間に交流が生まれた。

 私は東京に戻ると先生の家を度々訪れるようになった。先生は友人がおらず、妻の静と下女とで穏やかに暮らしていた。私は先生と親しくなると同時に、先生の振る舞い方に距離も感じていた。先生には毎月一人で雑司ヶ谷の墓地を訪れるという習慣があった。一度お供した時に友人の墓であると伝えられたが、 詳しいことは教えてくなかった。先生と静は仲睦まじい夫婦であった。しかし時折先生は苦しそうな表情をするのだった。

 冬になり私の父親が腎臓の病気を悪化させたので帰省することにした。会ってみると父親は元気そうで、冬休みの終わる前には東京に戻る。父の病状が悪化して以降、先生は相続ははっきりさせておくように助言する。人の悪意について語る先生の様子がおかしいので質問をすると、人に欺かれた過去がありまだ教えられないという。大学を卒業した私はやることも決まらず帰省することにする。9月の再会を約束して先生と静の夫婦と別れるのだった。

・中 両親と私

 父親は元気そうだった。だが、明治天皇が病気で亡くなり、父親も衰え始める。東京に戻る日を遅らせることにしたところ、先生から長大な手紙が届く。

 その手紙の冒頭には、手紙が届く頃に私(先生)はこの世にいないだろう、と書かれていた。父親の容体が今にも悪くなりそうであったが、 母と兄に手紙を残して急いで東京に戻るのだった。

・下 先生と遺書

 手紙には「ただ貴方だけに、私の過去を物語りたいのです。あなたは真面目だから。あなたは真面目に人生そのものから生きた教訓を得たいと云ったから。」と書かれていて、先生は手紙で自分の過去について語る。

 先生は学生時代に両親を亡くし、相続を叔父に任せることにした。叔父のことを信頼していたが、叔父の娘の縁談をもってくると断ってしまう。すると叔父の態度が変わってしまい、異変に気付いた先生は両親の財産を調べると、盗まれていたことが判明した。

 それ以来、人を疑うようになった先生は、故郷を捨て東京で宿を探す。宿の奥さんとお嬢さんとの生活が始まり、性格の良い奥さんとお嬢さんのおかげで、叔父から受けた傷も癒されていく。

 先生にはKという友人がいた。家族と仲の悪いKを案じ、下宿先に呼びつけ一緒に暮らすようになる。Kもここの生活が気に入り快活になる。Kは次第にお嬢さんと親しくなるが、すると先生はKに嫉妬して気が気でない。Kに対抗するようにお嬢さんにたいして恋心が芽生えるが、突然Kからお嬢さんへの愛を告白される。しかし自分の気持ちを言い出すことはできなかった。

 だが、Kがまだお嬢さんに愛を告白していないとみるや、奥さんに先に話をつけてお嬢さんをもらうことにする。そのことをKが知らないことに後悔を覚え、奥さんの方からKに伝えてもらうことになる。Kは変わらぬ様子であったが、その二日後に自殺する。遺書にはお嬢さん以外への感謝の念が書かれていて、将来に望みがないから死ぬと理由がそえられていた。

 その後、引っ越してお嬢さんと結婚をし、毎月お墓参りをするようになった。このことがあって先生は妻の静に対して負い目を感じていたのである。それからというもの、罪滅ぼしのつもりで静には優しく接し墓参りをして今まで過ごしてきたが、明治天皇の崩御があり先生の心は変化した。自分の存在が時代遅れのものだと感じるようになったのである。

 そのことを静に伝えると「殉死したらいい」と笑われた。徐々に自死への決意が揺るぎないものになり、乃木大将が亡くなると決意を固めたのである。この過去のことは静には内緒にしてほしいと書かれているのであった。

解説

欲望と三角関係

 『こころ』のみならず夏目漱石の小説全般に言えることは、彼の小説には「三角関係」のモチーフがある。特に、『こころ』には「上」「中」の前半と「下」の後半に一回ずつその構図がが現れる。前半は「私ー先生ー静」、後半は「Kー先生ー静」である。

 なぜ「三角関係」が夏目漱石にとって重要であったのか。それは人間の欲望の根源が「三角関係」にあると夏目漱石が確信していたからに他ならない。これはフランスの文芸批評家ルネ・ジラールの「欲望の三角形」を参考にすると分かりやすい。ルネ・ジラールによれば、対象への欲望は他人の欲望の模倣でしかない。いいかえれば、人間には純粋な欲望など存在せず、他者の欲望を模倣することでしか欲望を持ち得ない、ということになる。

 『こころ』の「Kー先生ー静(お嬢さん)」の関係に戻って考えてみよう。最初に静と親しくなったのはKではなく先生のほうである。注意深く読むと、Kが現れる前まで先生の静に対する感情は、恋愛感情ではなかったことが読み取れる。だからこそ静にKを紹介することができたのである。

 先生が静に恋愛感情をもつきっかけになったのは、Kが静と親しく会話をしている場面を目撃した時であった。そのとき先生はKにたいして「嫉妬」するのだが、これこそが「愛」の芽生えであり静を所有したいという「欲望」の現れである。

 「三角関係」が人間にとって本性的な「欲望」の核心をついていることがわかるだろう。Kがいないければ先生は静を「欲望」することはなかった。「欲望」は能動的なものでなければ受動的なものでもない。「他人の欲望」の模倣を介してしか、人は対象を欲望できないのである。『こころ』における「Kー先生ー静(お嬢さん)」および「私ー先生ー静」の三角関係の構図は、夏目漱石の人間に対する深い洞察からでてきたものなのである。

考察

先生の自殺の理由は「明治の精神に殉死」なのか

 先生の自殺の理由は一体なにか。

 最も一般的な解釈は作中に書かれていることを素直に受け取ることだろう。明治天皇の崩御から乃木大将の殉死で、先生は明治という時代の終わりを感じていた。これは先生のみならず夏目漱石の考えも反映されていただろう。1912年に乃木大将は明治天皇の崩御を知りあとを追って殉死した。それは当時の日本人に精神的に大きな衝撃をもたらした。1914年に書かれた『こころ』は、この衝撃のもとで書かれたものなのである。

 先生は静にむかって「もし自分が殉死するならば、明治の精神に殉死するつもりだ」という。「明治の精神」とは明治の時代を象徴するような精神のことである。明治は黒船来航にはじまり、開国を迫られた激動の時代であった。そして明治とは、明治以前の精神を知る人々が激動の時代を生き抜いた時代のことである。明治天皇の崩御そしてあとを追った乃木大将の殉死は、まさに明治の精神を代表するものであり、そしてまさに乃木大将の殉死によって明治の精神も終わりを迎えたのである。だからこそ明治に生きた先生も自死を選んだのである。

 だが、「明治の精神に殉死する」とは言ったものの、この理由には出版当時から現代に至るまで疑問の声があがっていた。

「漱石の描いた「先生」の自殺には現実味の乏しさを覚えるのである。まさか、こんな事で人間は自殺の決行はすまいと思われる」(正宗白鳥『漱石とイプセン』「人間」昭和25年)。

「彼の作中人物は学生時代のつまらぬことに自責して、二、三十年後になって自殺する。奇想天外なことをやる」(坂口安吾『堕落論』)。

「友人を裏切ったという罪悪感が、あるいは明治が終わったという終末感が、この作品をおおっている暗さや先生の自殺決行に匹敵しないことは明瞭だからだ」(柄谷行人『畏怖する人間』)。

このように多くの批評家・作家が先生の自殺に不自然さをみていたのである。

自殺の理由と漱石の言葉—「罪と告白」

 出版当時から疑問視されていた先生の自殺について、漱石自身は何と言っていたのか。『モデル小説 漱石山房の人々』に収録されている漱石と江口渙との会話で、先生の自殺について漱石自身が言及している箇所がある。

江口 : それにあの場合自殺そのものが不自然ですねえ。

夏目 :そうかねえ。不自然かねえ。

ーー中略ーー

夏目 : 自分ぢや、一寸も不自然だとは思わないね。無論、もう一ぺん読み返して見なけりやはつきりしたことはいへないけれど

漱石自身は先生の自殺を至極自然とみなしていた。では他の自殺の理由を考察してみよう。

 もう一つ考えられるのは、Kに対する先生の「罪の意識」である。「上」「中」と読み進めると、私と接する先生は、穏やかで落ち着いた大人という印象をうける。ところが「下」にでてくる先生はKにたいして姑息である。

 Kは「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」と思っている。それはKの偽らざる気持ちであり、生きる指針であった。だからお嬢さんにうつつをぬかすKにたいしてこれと同じ言葉を伝えるのだが、このとき先生はKに精神的ダメージを与えお嬢さんを諦めさせようとという打算しかない。非常に自己中心的な考えであり、さらにこれがKの自殺の遠因になったことは間違いない。

 先生の姑息な点をもう一つ確認しておこう。Kが自殺したとき、先生は「失敗しまった」と思う。さらにKの遺書を確認して、私の罪に言及されていないことを真っ先に確かめ、そして「助かった」と思うのである。友人の死を前にして自分の保身を真っ先に考えてしまった先生は、その後も「罪の意識」から逃れることはできない。だからKの死後、先生は静に親しくなりすぎることを禁じ、毎月お墓参りにいくという義務をかすのである。

 しかし贖罪だけでは、決して「罪の意識」から逃れることはできない。実際彼は何十年も思い悩んでいるからこそ、私の過去を打ち明けられる人を探していたのである。そして「真面目に人生そのものから生きた教訓を得たい」という「私」が現れ過去を伝えることで、人生そのものを完結させたかったのである。

豆知識

記憶は所有物か—ベルクソンの影響

 夏目漱石の『こころ』第3章「先生と遺書」の前半部分、先生から私への手紙で以下のくだりが書かれている。

その上私は書きたいのです。義務は別として私の過去を書きたいのです。私の過去は私だけの経験だから、私丈の所有と言っても差し支えないでしょう。

 漱石は一時期アンリ・ベルクソンを愛読していたことが知られている。ベルクソンは1859年生まれのフランスの哲学者で『時間と自由』『記憶と物質』『想像的進化』という哲学書で有名である。夏目漱石が1867年生まれだから同時代人であることが分かる。

 漱石全集(岩波書店)の注釈は上記の引用された部分にベルクソンの影響を指摘している。

過去は「意識存在」conscious beings にとっては確実に一つの「実在」であり「利得」であるという(『時間と自由』英訳)。またそれが自分自身の「経験」であり、「所有」であるといった思念もベルクソンの『想像的進化』など多くの書に散見される

 漱石は英文学の先生でありながら、西洋文化を単に有難がる姿勢には懐疑的であった。とはいえ西洋文化を毛嫌いするのでもなく西洋の同時代人の思想を学び続けていたのである。

 西洋の思想に影響を受けながら自身の思想へと昇華していく漱石の柔軟な思考の一端が垣間みえる。

参考文献

・漱石全集(岩波書店、1993年)

created by Rinker
かもがわ出版
¥1,320 (2022/09/30 23:44:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥880 (2022/10/01 07:50:15時点 Amazon調べ-詳細)

文学カテゴリの最新記事