アダム・スミスのおすすめ入門書・解説書を6冊紹介。

アダム・スミスのおすすめ入門書・解説書を6冊紹介。

アダム・スミスを学ぶのにおすすめの本

 アダム・スミス経済学を学ぶといってもいろいろな段階があるので、入門編から発展編まで難易度別に厳選して人気おすすめ著作を紹介することにした。

 アダム・スミスの思想を楽しみながら知りたいという人は入門編、アダム・スミスの思想を深く知りたいという人は上級編の著作から読むべしだ。自分のレベルに合わせて読んでみることをお勧めする。

 また、ダーウィンの入門書は「ダーウィンのおすすめ入門書・解説書」、J・S・ミルの入門書は「J・S・ミルのおすすめ入門書・解説書」、ヒュームの入門書は「ヒュームのおすすめ入門書・解説書」、世界のおすすめ哲学書は「本格的な人向けおすすめ世界の哲学書」で紹介している。ぜひこちらもご覧ください。

入門編

木暮 太一『いまこそアダム・スミスの話をしよう』

created by Rinker
¥880 (2024/02/28 10:15:34時点 Amazon調べ-詳細)

 アダム・スミスの思想が現代の悩みを解決するヒントとなるという考えから、アダム・スミスの思想を分かりやすく解説した本書。本書で「経済発展は必要なのか」「お金があれば、幸せになれるのか」「何が正しくて、何が間違っているのか」をアダム=スミスから学ぶことができる。

ジェシー・ノーマン『アダム・スミス 共感の経済学』

created by Rinker
¥3,564 (2024/02/28 10:15:35時点 Amazon調べ-詳細)

 アダム・スミスの評伝かつ思想解説書。「スミスの人柄も思想も、あまりにも理解されていない」という考えからスミスの生涯を追いながら、思想の成り立ちを解明していく。『アダム・スミス『道徳感情論』と『国富論』の世界 』と似ており、道徳的立場からスミスの経済思想を理解していく入門書となる。

浜林正夫、鈴木亮『人と思想 アダム=スミス』

created by Rinker
¥850 (2024/02/28 10:15:35時点 Amazon調べ-詳細)

 「人と思想」シリーズのアダム=スミス編。第一章でスミスの時代と生涯が、第二章でスミスの思想と学問が、第三章でスミスと現代との関わりが解説される。

 スミスの思想と全体像が簡潔に描かれており、スミス像の大枠を捉えるのに適切な入門書である。

堂目 卓生『アダム・スミス『道徳感情論』と『国富論』の世界 』

 第30回(2008年) サントリー学芸賞・政治・経済部門を受賞したアダム・スミス思想の入門書。アダム・スミスの著作『道徳感情論』を通して『国富論』を読解していくことで通俗的な解釈を超えた新しいスミス像を目指す。非常におすすめ。

発展編

ニコラス・フィリップソン『アダム・スミスとその時代』

created by Rinker
¥2,960 (2024/02/28 14:40:31時点 Amazon調べ-詳細)

 イギリスの研究者によるアダム・スミスの決定版評伝。アダム・スミスの生涯を追った入門書としてはこれが一番詳しく書かれているか。400頁以上あり大著だが、詳細にアダム・スミスとその時代を知りたい人は本書がおすすめだろう。

中村隆之『はじめての経済思想史 アダム・スミスから現代まで』

 近代経済学の父として知られるアダム・スミスからの経済学の歴史を追った入門書。アダム・スミス、マルクス、ケインズらが登場し、経済という観点から現実といかに格闘したかが解き明かされる。

 アダム・スミスというより、経済思想の全体像を掴みたい人におすすめである。

哲学カテゴリの最新記事