デイヴィッド・ヒューム入門【著作・研究・入門書紹介。おすすめ度/難易度つき】

デイヴィッド・ヒューム入門【著作・研究・入門書紹介。おすすめ度/難易度つき】

著作案内の前に

ヒュームとはどんな人物か

デイヴィッド・ヒューム(David Hume 1711-1776)

 スコットランド、エディンバラ出身の哲学者。教科書的にはベーコンやホッブズ、ロック、バークリーと続く近世におけるイギリス経験論の系譜として分類される。哲学の分野においては、懐疑主義、道徳感情論などの議論が有名。哲学以外には、政治、経済、歴史、宗教、文芸批評などの分野で活躍。

生涯

 ヒュームはスコットランドのエディンバラにおける長老派の家庭に生まれ育つ。12歳の時にエディンバラ大学に入学するも、文芸以外のことに関心が持てないと退学。自宅で本を読み漁り、ヒュームの思想形成が始まる。しかし、この時にヒュームは精神を病んでしまう。その後1年程で回復に向かい、ブリストルの商会で勤めるも、合わなかったようで程なくして退職し、パリへ留学。この留学中に、ヒュームの主著である『人間本性論』を執筆し、帰国後1739-1740の間に匿名出版する。執筆時、ヒュームは齢26、7歳であった。しかし、出版当時『人間本性論』は全く世間からの注目を浴びず、ヒューム自身この著作に対し「印刷機から死産した」と述べた程である。それ以降、ヒュームは『人間本性論』の『摘要』や『人間知性探究』等で自らの思想の推敲を重ねるも、執筆の関心は政治・経済・歴史・宗教などへと移っていく。しかし、その思想を捨てることは死ぬまで無かった。

 ヒュームは執筆活動以外に、アナンディル公爵の家庭教師やセント=クレア中将の法務官や副官、エディンバラ弁護士協会の図書館長などをしながら生計をたてていた。大学で教鞭をとるチャンスも2度あったが、無神論者と見なされていたヒュームが大学に受け入れられることはついに生涯無かった。当時はまだ宗教的な圧力の強い時代だったのだ。しかし、無神論者という評価から、1763年に再びフランスへ行った際にはディドロやダランベールに歓待されたという。その際には、ルソーとも出会っており、ヒュームはルソーの亡命先の受け入れ人にもなった。はじめ二人は仲睦まじいようだったが、ルソーが次第に疑念を抱くようになり遂には絶交するに至っている。また、ヒュームの交友関係で言えば、アダム・スミスとの交友が有名である。スミスの『道徳感情論』などはヒュームの影響が大きい。1776年、エディンバラにて死去。カールトン-ヒル墓地にて埋葬。

 後世への影響も大きい。ヒュームの著作を読み「独断のまどろみ」から目覚めたと言ったのはドイツの大哲学者イマニュエル・カントである。カントは当時隆盛していたライプニッツやヴォルフの系譜の大陸合理論に、ヒューム的な発想を織り交ぜることで、独自の超越論的哲学を打ち立てた。
 現象学の創始者フッサールもヒュームから多大な影響を受けている。フッサールは現象学の入門としてヒュームの著作を勧めていたこともあるぐらい、その超越論的な記述を称賛している。ヒュームを現象学の父と呼んだこともあるらしい。
 他にもドゥルーズがいる。ドゥルーズ初期のヒューム研究『経験論と主体性』は有名である。

著作とおすすめ度

 著作の特徴とおすすめ度を紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

人間本性論

『人間本性論 第1巻 知性について〈普及版〉』法政大学出版局、2019年

created by Rinker
¥8,580 (2022/10/02 22:00:36時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ度:★★★★★ 難易度:★★★★★

人間本性論の内容についてはこちら、「『人間本性論』の紹介」の記事へ。

人間知性研究

『人間知性研究 付・人間本性論摘要〈普及版〉』斎藤繁雄/一ノ瀬正樹訳、法政大学出版局、2020年。

created by Rinker
法政大学出版局
¥4,400 (2022/10/02 22:00:36時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ度:★★★ 難易度:★★★★(『人間本性論』をすでに読んでいた場合)

道徳・政治・文学論集

『道徳・政治・文学論集[完訳版]』田中敏弘訳、名古屋大学出版会、2011年。

おすすめ度:★★★ 難易度:★★★

市民の国について

『市民の国について(上)』小松茂夫訳、岩波文庫、1982年。

created by Rinker
¥990 (2022/10/02 22:00:37時点 楽天市場調べ-詳細)

宗教の自然史

『宗教の自然史 ヒューム宗教論集 I』福鎌忠恕/斎藤繁雄訳、法政大学出版局、2011年。

created by Rinker
¥2,420 (2022/10/02 22:00:37時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ度:★★ 難易度:★★★

自然宗教に関する対話

『自然宗教に関する対話 II』福鎌忠恕/斎藤繁雄訳、法政大学出版局、2014年。
『自然宗教をめぐる対話』犬塚元訳、岩波文庫、2020年。

created by Rinker
岩波書店
¥858 (2022/10/02 02:26:11時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ度:★★★★ 難易度:★★★

 ヒュームの死後出版された著作である。

奇蹟論・迷信論・自殺論

『奇蹟論・迷信論・自殺論 ヒューム宗教論集III』福鎌忠恕/斎藤繁雄訳、法政大学出版局、2011年。

created by Rinker
¥2,750 (2022/10/02 22:00:39時点 Amazon調べ-詳細)

研究書

ヒューム研究

神野慧一郎『ヒューム研究』ミネルヴァ書房、1984年。

おすすめ度:★★★ 難易度:★★★★

 日本における最初のヒューム認識論の本格的な研究書。古めだが、普通に今でも読めるだけの含蓄がある。(kawayuki)

モラル・サイエンスの形成

神野慧一郎『モラル・サイエンスの形成ーーヒューム哲学の基本構造』名古屋大学出版会、1996年。

ヒューム読本

中才俊朗編『ヒューム読本〈新装版〉』法政大学出版局、2011年。

おすすめ度:★★★ 難易度:★★

 ヒューム研究者らが各々のテーマについて論じた論文集のようなもの。ヒュームについてこれから深堀したい時に、テーマを見つけるのに使える。(kawayuki)

ヒュームの一般的観点

矢島直規『ヒュームの一般的観点:人間に固有の自然と道徳』勁草書房、2012年。

created by Rinker
¥8,739 (2022/10/02 22:00:41時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ度:★★★ 難易度:★★★★

 ヒュームの認識論と道徳論を、ヒュームの「一般的観点」という視点からパラレルに論じたもの。近世哲学についての含蓄のある研究書。(kawayuki)

襤褸を纏った徳

林誓雄『襤褸を纏った徳ーーヒューム社交と時間の倫理学』京都大学学術出版会、2015年。

おすすめ度:★★★ 難易度:★★★★

 ヒュームの若手研究者による道徳研究。

ヒュームの懐疑論

久米暁『ヒュームの懐疑論』岩波アカデミック叢書、2005年。

おすすめ度:★★★★★ 難易度:★★★★★

 ヒュームの因果論と懐疑主義について深掘したければ必読の書。しかし絶版の可能性大である。私の指導教官の博士論文。(kawayuki)

ヒューム 因果と自然

萬屋 博喜『ヒューム 因果と自然』勁草書房、2018年。

created by Rinker
¥5,170 (2022/10/02 22:00:42時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ度:★★★ 難易度:★★★★★

 久米暁のもとでヒュームを学んだ著者による、ヒューム因果論の研究。確率論におけるテクニカルな記述があるため、読むのは骨が折れる。久米暁のヒューム解釈を乗り越えようとする挑戦もみられ、『ヒュームの懐疑論』とセットで読む必要もある。(kawayuki)

入門書

ヒューム

杖下隆英『ヒューム』勁草書房、1982年。

created by Rinker
¥1,807 (2022/10/02 22:00:43時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ度:★★ 難易度:★★

泉谷周三郎『ヒューム』研究社、1996年。

おすすめ度:★★ 難易度:★★

 上記2冊はコンパクトなヒューム入門書。(kawayuki)

ヒュームの人と思想

中才敏郎『ヒュームの人と思想 宗教と哲学の間で』和泉書院、2016年。

おすすめ度:★★★ 難易度:★

 おそらくこれらの著作の中で最も手軽に読めるヒュームの紹介本。宗教論について比較的詳しく述べてある点が他にない特徴である。ヒュームを簡単に知っておきたいだけの人には一番オススメ。深掘りしたい人には物足りなさがある。(kawayuki)

哲学カテゴリの最新記事