息子と母の復讐劇—アイスキュロス『供養する女たち/コエーポロイ』

息子と母の復讐劇—アイスキュロス『供養する女たち/コエーポロイ』

概要

 アトレウス王家の復讐を描く「オレステイア三部作」の第二作。成立は紀元前458年で、アイスキュロスの最高傑作とされる。詳しい情報は三部作中第一作の『アガメムノン』を参照。

 本作『供養する女たち』では、妻クリュタイメストラとその情人アイギストスの手にかかって殺されたトロイア戦争の英雄アガメムノンを悼み、息子オレステスがアトレウス王家に帰還するところから始まる。オレステスは、姉エレクテラと相談の末、母のクリュタイメストラ、およびその情人のアイギストスへの復讐を成し遂げるが、今度は自分自身が復讐女神の見せる幻に苦しめられることとなる。

登場人物

オレステス アルゴス王亡アガメムノンの息子。

ピュラデス オレステスの従兄で親友。

合唱隊(コロス) 王妃に仕える侍女たち。

エレクトラ アガメムノンの娘でオレステスの姉。

従僕 王妃の召使。

クリュタイメストラ 亡アガメムノン王の妃。

オレステスの乳母 

アイギストス 王妃クリュタイメストラの愛人。王妃と共謀してアガメムノン王を殺した。

アイギストスの従僕

場所

アルゴスの都城の外。アガメムノンの墓、ヘルメスの像をもつ柱が立っている。遠くにアトレウス家の王城、三つの門が見える。

あらすじ

オレステスピュラデス、帰還。オレステスは父の午前に髪の房を供え、物陰に隠れる。

エレクトラは、コロスの助言を受けつつ、オレステスの帰りと、父を殺したアイギストスへの復讐とを願う。墓前に供えられた髪を見つけ、オレステスが帰ってきていることに気がつく。

オレステスピュラデス、物陰より現れる。姉弟は父の墓前で、母への復讐の成功を願う。

コロスオレステスに、クリュタイメストラが見た夢の話をする。赤子のように襁褓に包まれた蛇がクリュタイメストラの乳房を口に含み、乳のなかに血の塊ができたのだという。オレステスはこの蛇を自分に重ね、エリニュス(復讐の女神)に訴えて復讐を誓う。オレステスの計画は、ピュラデスとともに、パルナッソス訛りでポーキス地方出身者のふりをして門番にアイギストスとの面会を願い、首尾よく面前に通されたところで殺害に及ぶというもの。

⑤ 変装したオレステスピュラデス、城門の戸を激しく叩く。クリュタイメストラ、奥の扉から登場。オレステスは、道中、見知らぬ人物から、「オレステスの両親」に息子が死んだことを伝えるよう言われた、と告げる。クリュタイメストラはこれを信じ、オレステスピュラデスを客として館に迎える。クリュタイメストラも館に入る。

乳母登場。手をかけて育てたオレステスの死の知らせを嘆きながら、アイギストスを呼びに行くところ。コロスは乳母に、家来は呼ばず、アイギストスのみで来させるよう促す。(乳母退場)

アイギストス、兵士を伴わず、小姓一人のみを連れて登場。オレステスが死んだという噂の真偽をコロスに訊ねるが、コロスの長は自分の耳で確かめてくるよう促す。(アイギストス、館に入る。)館の内からアイギストスの断末魔が聞こえる。

クリュタイメストラ登場。事の次第を悟る。オレステスが手に剣を持ち、門の内から倒れたアイギストスを押しだして出てくる。クリュタイメストラは胸の衣を裂き、オレステスに乳房を見せて乳を飲んだ子供時代を思い出すようオレステスに言う(cf. ④の夢)。しかしオレステスは懐柔されず、城内に入った母を追い、殺す。

オレステス、門の内から、アイギストスとクリュタイメストラの死体を車台(エキユクレマ)に並べてのせ、出てくる。アガメムノンの死体が包まれていた紫のうちかけを見せながら、観衆に復讐の完遂を宣言する。オレステスは「毛綿をつけたオリーブの枝の冠」を被り、アポロンの御座所へと上がる。しかし復讐女神(エリニュエス)の幻に苛まれ、苦しみながら放浪に出る。残されたコロスが、テュエステスの饗宴、アガメムノンの湯殿での殺人、そして今回の出来事と、三度の災いを数え上げて幕。

蛇の夢——息子と母の復讐劇

 本作でクリュタイメストラの運命を暗示する重要なイメージに、「蛇」があります。クリュタイメストラは、蛇を産み、その蛇の口に自分の乳房を含ませ、乳のなかに血の塊が出る、という夢に苦しめられているのです。もちろんこの「蛇」が象徴するのはオレステスのことでしょう。かつて自分の乳を与えて育てた我が子が、しかしいまは自分を殺そうとする不吉な存在なわけです。

 このクリュタイメストラの「夢」は、彼女自身の口からではなく、コロスの長がオレステスに報告する場面で聴衆に伝えられます。息子を恐れる母の気持ちが、こうして二重三重に間接的に表象されることによって、城の中、眠りの中でおののくクリュタイメストラへの想像が促され、その恐怖や緊張がかえって鮮烈に伝わってくるようです。

 ついに息子との対面を果たしたクリュタイメストラは、まさにこの夢を踏まえた動きをします。着物を裂き、胸をはだけてオレステスに向けるのです。

クリュタイメストラ お待ち、待っておくれ、オレステス、これを憚って、これに免じて、吾子(あこ)、この乳房、それへ縋って、お前がたびたび、眠こけながらも、歯齦(はぐき)に噛みしめ、たっぷりおいしい母乳(おちち)を飲んだじゃないの。(264頁)

しかし結果的にどうなったかは、すでに述べた通り。オレステスは牙を剥き、母を殺してしまいます。結局のところ、このクリュタイメストラの立ち位置はどこまでも曖昧です。娘を生贄にされた復讐として夫を殺すほどの子ども思いであり、オレステスを育てた愛情も本物であろうと思われながら、しかし息子の手にかかって殺されてしまうのですから。もっともエピゲネイアとオレステスでは娘と息子という違いがあり、両者の間にどのような違いがあるかは微妙なところです。

 ちなみに、もう一人の娘であるエレクトラに対するクリュタイメストラの感情は、本作ではあまり描かれることがありません。エレクトラといえばソフォクレスの『エレクトラ』では堂々の主役となる人物。しかし本作で展開されているのは、あくまで復讐し復讐される母と息子の物語なのです。

名台詞

・「巧くやること、それだけが世の人の神、いや神以上に崇められるもの。」(コロス、59)
59

・「運命できまったことは、自由な人でも、他人の手にこき使われる者でもまた、避けも逃れもできないのだから。」(エレクトラ、103)

・「血まみれな刃には血まみれな刃を報いろ、為(し)た者は、仕返しにあう。」(コロス、312)

・「子供というのは、最期を遂げた武士(つわもの)にとり、その名を護り伝えるよすが、いわば漁網を浮かす浮標(うき)と同じこと、海の深みへ麻の糸がはまり込むのを防いでくれる」(オレステス、505-07)

・「主人と客と、それにもまして好意をお互いにもてようものはないでしょうから。」(オレステス、702)

引用文献

「アガメムノン」呉茂一訳(『ギリシア悲劇Ⅰ アイスキュロス』高津春繁ほか訳、ちくま文庫、2019年)

created by Rinker
¥726 (2022/10/01 12:15:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,066 (2022/10/01 12:15:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,000 (2022/10/01 12:15:47時点 Amazon調べ-詳細)

アイスキュロスの他の作品

縛られたプロメテウス
ペルシア人
アガメムノン
『慈みの女神たち』
『テーバイ攻めの七将』
『救いを求める女たち』

文学カテゴリの最新記事