キルケゴールのおすすめ入門書・解説書を6冊紹介|キルケゴールを読もう!

キルケゴールのおすすめ入門書・解説書を6冊紹介|キルケゴールを読もう!

キルケゴールの哲学を学ぶためにおすすめの本

 セーレン・キルケゴールを学ぶといってもいろいろな段階があるので、入門編から発展編まで難易度別に人気おすすめ著作を厳選して紹介することにした。

 キルケゴールの哲学を楽しみながら知りたいという人は入門編、キルケゴールの哲学を深く知りたいという人は発展編の著作から読むべしだ。自分のレベルに合わせて読んでみることをお勧めする。

 また、ヘーゲルの入門書は「ヘーゲルのおすすめ入門書・解説書」、ハイデガーの入門書は「ハイデガーのおすすめ入門書・解説書」、ウィトゲンシュタインの入門書は「ウィトゲンシュタインのおすすめ入門書・解説書」、哲学入門書のおすすめは「哲学初心者向けの人気おすすめ入門書」、世界のおすすめ哲学書は「本格的な人向けおすすめ世界の哲学書」で紹介している。ぜひこちらもご覧ください。

超入門編

『死に至る病 (まんがで読破) 』

created by Rinker
¥484 (2024/04/25 15:25:43時点 Amazon調べ-詳細)

 キルケゴールの主著『死に至る病』の漫画バージョン。とりあえずキルケゴールについて知りたいという人にはおすすめである。

堤久美子『超解釈 キルケゴールの教え  「絶望」を考え抜いた哲学者に学ぶ「詰んだ」人生から抜け出す方法』

 キルケゴール『死に至る病』の考えなどをもとに、著者が絶望の淵から抜け出すにはどうしたらいいかを語る本。解説書ではなく、人生の指南書なので、キルケゴールの哲学を学びたい人には向かないが、さわりとしては良いのではないか。

入門編

鈴木祐丞『キェルケゴールーー生の苦悩に向き合う哲学』

 「神に使えるスパイ」という観点から従来のキェルケゴール像を刷新する。キルケゴールの生涯を読み解きながらそのつど著作を解説していく。彼の〈実存哲学〉がどういうものかが分かる。

工藤 綏夫『人と思想 キルケゴール』

created by Rinker
¥1,100 (2024/04/25 17:12:23時点 Amazon調べ-詳細)

 「人と思想」シリーズのキルケゴール編。

 キルケゴールの生涯から思想まで解説してくれる一般的概説書。コンパクトにまとめられていて入門書に最適。

藤野寛『キルケゴール――美と倫理のはざまに立つ哲学』

created by Rinker
¥2,530 (2024/04/24 23:26:59時点 Amazon調べ-詳細)

 キルケゴールの思想に迫る解説書。キルケゴールの伝記の研究まで踏まえている点が特徴。このキリスト教哲学者の思想の核心を知ることができる。

発展編

中島義道『てってい的にキルケゴール その一 絶望ってなんだ』

created by Rinker
ぷねうま舎
¥2,640 (2024/04/25 00:40:15時点 Amazon調べ-詳細)

 曰く「『死にいたる病』を舐めるように読む。」。本著作では徹底的にキルケゴール『死に至る病』を読み込む。哲学者中島義道による唯一無二のキルケゴール像が浮かび上がる。

 三巻本であり、「その三」まである。

哲学カテゴリの最新記事