ドゥルーズ哲学のおすすめ入門書・解説書を4冊紹介。難易度別に解説。

ドゥルーズ哲学のおすすめ入門書・解説書を4冊紹介。難易度別に解説。

ドゥルーズを学ぶのにおすすめの本

 ドゥルーズ哲学を学ぶといってもいろいろな段階があるので、入門編から上級編まで難易度別に人気おすすめ著作を紹介することにした。

 ドゥルーズを楽しみながら知りたいという人は入門編、ドゥルーズを深く知りたいという人は上級編の著作から読むべしだ。自分のレベルに合わせて読んでみることをお勧めする。

 また、スピノザの入門書は「スピノザのおすすめ入門書・解説書」、ベルクソンの入門書は「ベルクソンのおすすめ入門書・解説書」、デリダの入門書は「デリダのおすすめ入門書・解説書」、フーコーの入門書は「フーコーのおすすめ入門書・解説書」、現代思想の入門書は「現代思想のおすすめ入門書・解説書」で紹介している。ぜひこちらもご覧ください。

入門編

檜垣 立哉『ドゥルーズ 解けない問いを生きる』

 ドゥルーズ思想のエッセンスを抽出して描き出したドゥルーズ入門書。今という時代を生き抜く中でドゥルーズは何を訴えているのか、時代に対応したドゥルーズ哲学の読み解き方を易しくクリアに教えてくれる。平易で短いのもおすすめのポイントである。

船木亨『人と思想 ドゥルーズ』

created by Rinker
¥1,320 (2024/02/28 15:49:18時点 Amazon調べ-詳細)

 「人と思想」シリーズのドゥルーズ編。

 ドゥルーズの経歴からスタートし、ドゥルーズの主著の一つである『アンチ・オイディプス』を中心に解説する。入門書らしい入門書で最初の一冊としておすすめ。

上級編

宇野邦一『ドゥルーズ 流動の哲学』

 時系列に従ってドゥルーズの主要著作を読解し、その経験を経てドゥルーズの思想を一冊にまとめた本。実際のテキストにあたって読みたいと思わせるような一冊で、丹念にドゥルーズの思想がまとめられている。多少は難易度が上がるが、入門書として扱うのも良い。

 著者はドゥルーズのもとで直接指導を受けた宇野邦一氏。

檜垣立哉『ドゥルーズ入門』

created by Rinker
¥715 (2024/02/28 15:49:20時点 Amazon調べ-詳細)

 ドゥルーズの哲学史的な位置付けと、その思想的変遷を丁寧に追いながら、『差異と反復』『意味の論理学』の二大主著を中心に、その豊かなイメージと明晰な論理を読み解く。

 ドゥルーズの専門家である檜垣立哉氏が解説なので説得力もあるが、研究書に近いと評判。要するに専門的で難易度高めである。

哲学カテゴリの最新記事