想像界、象徴界、現実界とは何か|意味をわかりやすく徹底解説

想像界、象徴界、現実界とは何か|意味をわかりやすく徹底解説

ラカンの概念と概要

 想像界、象徴界、現実界はフランスの精神分析家ラカンの概念である。ラカンはこの概念で、人間の生きる世界の在り方を論じようとした。

 精神分析理論の基礎重要概念であるこの概念は、しかしながら、なかなかに理解しにくい。想像界はイメージの世界で、象徴界は言語が支配する場で、現実界は無秩序な世界である、と言われても煙に巻かれた気分になる。その瞬間は理解したつもりでもすぐに忘れてしまうのは、お決まりのパターンである。

 ここでは誤解を恐れず思い切って、想像界、象徴界、現実界に価値判断を導入してみよう。想像界、象徴界、現実界は順によい世界である、と。ラカンが「現代は人類の<想像的>絶頂をしめている」(46)というとき、そこにはネガティブな印象が与えられている。逆に現実界については「ほとんどつねに、畏敬と崇拝の調子で語る」(45)のである。

想像界とは何か

 想像界とは、狭い意味では「自我が胚胎し、生まれる過程を指していて」(44)、広い意味では「休むことなき自己の追及、自己は統一されているという物語を支えるために、次から次へとおのれに似た複製を取りこみ、融合しつづける動きのこと」(46)である。

 まずは自我の胚胎の観点からみておこう。人間は生まれて間もないころは、身体のイメージがばらばらにあり、自分の動きを統合することができない。そこで幼児は自分自身のイメージを鏡のなかにみいだし、そのイメージに同一化することで自分を統合していくことになる。この過程は「鏡像段階」と呼ばれる。

 この同一化のプロセスは、安定をもたらすとともに、それらの崩壊を同時に起こす。なぜなら感覚と同一化したイメージのあいだには、どうしようもない亀裂が走っているからだ。人間は初めから、自分自身とイメージの間で絶対的に引き裂かれている。

 引き裂かれているとすると、他なるものとの同一化をはかり安定を得ようとするが、この過程はつねに同一化の失敗に帰結するため、永遠に続けるほかない。そこで先の広い意味での想像界の定義が意味をもってくる。幼児期だけでなく大人になっても、終わることのない他なるものとの同一化をつづけるのだ。このようにみるとラカンが想像界に冷淡であることもうなづける。現代とは「ひとびとが自分自身に、そして自分自身を見ることにとり憑かれた時代であり、人間の創造したものが世界中を覆っている」(46)のである。

象徴界とは何か

 この三つの概念の中で、象徴界の範囲は最も広い。言語や法、社会構造などのすべてが象徴界に属している。こうしてみると象徴界は、「ふつういわれる「現実」の大部分を形成している」(46)。個人が他人とともに共同体の一員になるとき、その場とは象徴界のことなのである。

 象徴界は、社会規範を含むものであり言語の世界である、と説明される。しかし「言語の世界」とは何を意味するのか。ラカンは言語学者ソシュールから「シニフィアン」「シニフィエ」という概念を借りてくる。シニフィアンは意味するもの、シニフィエは意味されるものであり、例えば、「イヌ」という表記や音がシニフィアンで、四足歩行でワンワンと吠える生き物がシニフィエである。

 ソシュール曰く、言語は関係的で差異的なシステムである。男は女でから男であり、いちごはりんごでからいちごである。このような「Aでは」という言語の差異的な側面を、ラカンは重要視する。言語が差異的なシステムだとすると、それ自体で独立して閉じた世界を作り上げている。つまり、「シニフィアンのネットワーク全体を、さまざまな連鎖をたどって跡づけることができる以上、ひとつのことばを使うときには、暗に、他のあらゆる言葉を使っていることになる」(49)。言い換えると、「<象徴秩序>をまとめあげているのは、、あるいは彼のことばで」(47)ということになるのだ。

 ここで象徴秩序について、二つのことが暗示されている。一つは、象徴秩序が意味作用の連鎖で閉じているために、「あるがままの世界」は決して知ることができないということである。したがってラカンは、「われわれはある意味で、<象徴界>という監獄にとらわれていると述べている」(47)。もう一つは、象徴秩序は不変でもなければ必然でもない、ということである。「女」のというシニフィアンひとつとっても、それが指し示すシニフィエは変化している。「男」に従属する存在というシニフィエから、「女である人間」を指すようになっているのだ。

現実界とは何か

 象徴界は言語の世界であり、人間の世界とは言語を媒介する世界であった。だが、言語であらわすことのできない、言語以前の生の領域が確かにある。それが、現実界だ。

 木を見たとしよう。この木について人は、幹は茶色で緑の葉っぱを付けていて10m以上の高さがある、と説明したとする。しかし言葉にする以前に、木それ自体に遭遇していたはずである。そして木と地面と空といった区別が存在ない状態、これこそが現実界である。ほかにも、圧倒されるような美しい景色や、突然遭遇した事件の、言語化される以前のものが現実界であり、そのとき人は現実界に遭遇しているといえる。

 人は現実界を説明できないのに、なぜ現実界は重要なのだろうか。それは、現実界と象徴界が密接に関わっているからに他ならない。そしてポイントは双方向的に関係をもっているのである。

 ラカン曰く、「<象徴界>は<現実界>に穴を穿ち、さまざまに違ったかたちに彫り上げる」(51)。「実際、<現実界>を認識する方法のひとつは、なにかが<象徴化>の作用をうけないときに、それと気づくことである」(52)。例えばコロナを考えてみよう。コロナは中国で発生したとか、人口を減らすための策略だとか、収束することはないとか、さまざまな説が飛び交うが、その象徴化とは関係なしに、コロナは広がり続けている。つまりコロナには象徴化しきれない部分があるということであり、コロナは現実界の乱入と見ることができる。

 逆からみると、象徴界以前に現実界がある。現実界を象徴化することで意味を持つという観点に立つと、現実界は象徴界に先立つ。だが、象徴界が完成したあとの残りのものが現実界だとみるならば、現実界は象徴界のあとにくる。これは矛盾である。しかしだからこそ、ラカンの解説者として有名な思想家ジジェクは現実界を評価する(ジジェクの否定性の概念をおおまかに掴みたい方はこちら:「クリームなしコーヒー」と「ミルクなしコーヒー」からみるジジェクの思想)。現実界は矛盾がそのままにある場所なのだ。このようにみると、想像界は矛盾が和解した場、象徴界は差異によって、「AではB」によって定義づけられる場であるともいえるのである。

小文字の他者、大文字の他者とは何か

 最後に超簡単にラカンの小文字の他者、大文字の他者について触れておこう。小文字の他者は小さな他者、大文字の他者は大<他者>ともいう。

 「小文字」と「大文字」の違いは、「他者」がどこに属しているかを表している。小文字の他者とは「想像的な」他者であり、「われわれ自身のなかの、もっと正確にいえば、われわれの自我の中の他性である」(47)。一方、大文字の他者は象徴界に属する。簡単な例でいうと、法や警察官は象徴秩序であるので大文字の他者といえる。

>>本記事はこちらで紹介されている:哲学の最重要概念を一挙紹介!

参考文献

トニー・マイヤーズ『スラヴォイ・ジジェク(シリーズ現代思想ガイドブック)』村山敏勝訳、青土社、2005年

created by Rinker
¥2,640 (2022/12/01 15:17:06時点 Amazon調べ-詳細)
圧倒的にわかりやすい
created by Rinker
¥3,080 (2022/12/01 22:10:08時点 Amazon調べ-詳細)
ジジェクの最新政治批評
created by Rinker
¥1,386 (2022/12/01 15:17:07時点 Amazon調べ-詳細)
もはや古典

>>哲学の入門書の紹介はこちら:哲学初心者向けの人気おすすめ著作を紹介!

>>本格的な人向け哲学書の紹介はこちら:本格的な人向けおすすめ哲学書を紹介!

哲学カテゴリの最新記事