『1917 命をかけた伝令』感想|あらすじ解説|内容考察|長回しの時空間

『1917 命をかけた伝令』感想|あらすじ解説|内容考察|長回しの時空間

概要

 『1917 命をかけた伝令』は、サム・メンデス監督によるイギリス・アメリカの映画。2019年に公開。舞台は第一次世界大戦。2人の若きイギリス兵の1日をワンカットで描く。

 本作は、第アカデミー賞で撮影賞、視覚効果賞、録音賞の3冠を達成した。

 サム・メンデス監督は『アメリカン・ビューティー』や『007 スカイフォール』で有名。

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

登場人物

ウィリアム・スコフィールド(ジョージ・マッケイ):気弱な下士官。当初は伝令役にも乗り気でなかった。

トム・ブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン):ウィルの戦友。 前線にいる兄を救うために奮闘する下士官。気が強い。

マッケンジー中佐(ベネディクト・カンバーバッチ):前線で指揮する連隊長。

スミス大尉(マーク・ストロング):上官。部下思いでウィルを気遣う。

ジョセフ・ブレイク中尉(リチャード・マッデン):トムの兄。前線にいる。

あらすじ

 時期は1917年4月6日、舞台は第一次世界大戦中のヨーロッパ。戦線はドイツ軍と連合国軍の戦いで、ドイツ軍は一時後退を余儀なくされていた。優勢とみた連合国軍はドイツ軍に追い討ちをかけようと一斉攻撃を計画していた。

 だがこの後退はドイツ軍の罠であり、引きつけた上で撃退する作戦だった。前線にいる兵士の数は1600名ほどで、被害は甚大になることが予想された。偵察隊によってこのことを把握した後方の指揮部隊は、攻撃の停止を前線に伝えようとする。

 しかし電話線が切れていて攻撃中止の命令を前線に伝えることができない。そこで若い兵士のトムとウィルが伝令を命じられた。前線にいる兄が心配なトムは、前方の部隊目掛けて勇足で進む。そこでトムとウィルを待ち受けていたのは戦争の過酷な出来事であった。

 途中、墜落したパイロットを介助しようとしところ、パニックに陥っていた彼はトムを刺殺してしまう。残されたウィルはトムの意思を継ぎ、車に乗って前線に向かう。そして、戦闘地域でドイツ兵と遭遇し、相手を射殺するも自分も銃弾を受け気を失う。

 目を覚ましたウィルは、地元の住人のもとで隠れたりするも、敵に見つかってしまい結局最前線を目指す。

 最前線に到達すると、そこではすでに攻撃が始まっていた。それでも諦めないウィルは、前線の進行を横切って、マッケンジー中佐のもとに全速力で走る。マッケンジー中佐に会うことができたウィルは、攻撃作戦を中止させることができた。

 死傷者選別所の近くでトムの兄ブレイクを見つけたウィルは、彼にトムの死を告げる。ブレイクはウィルに感謝する。ウィルは役目を終えて、朝陽を浴びながら目を閉じるのだった。

>>Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら

解説

距離の感覚と死者の弔い

1917 命をかけた伝令

 舞台は第一次世界大戦でドイツ軍とイギリス軍の戦線の1日が描かれる。ドイツ軍は戦線から撤退しイギリス軍は追い討ちをかけようとするも、この撤退自体がアルベリッヒ作戦という偽の撤退で、油断したイギリス軍を撃退しようとするものだ。イギリス軍は航空偵察のおかげで情報を得るけれで、前線部隊はアルベリッヒ作戦を全く知らず今にも攻撃を仕掛けようとしている。

 第一次世界大戦とはいえまだまだローテクな時代、電話線が切れたという理由で情報が前線部隊に伝わらない。罠とは知らずに特攻を仕掛けると前線部隊に所属する1600名の命が危ない。

 ここで突如露呈するのが距離の感覚だ。これは罠です、と伝えることで簡単に救われる命が、前線と本部の物理的な距離のせいで、明日には失われてしまうかもしれない。物理的距離をものともしない電話が失われた時にあらわれる圧倒的な遠さは、内在していた伝達の困難さを露呈させ、どれだけ速く走っても速くならないという絶望的な切迫感を生み出している。この緊迫感は『走れメロス』に通じるところがある。

 伝達は二人のイギリス兵士トムとウィルが遂行する。伝令に及び腰のウィルと違い、トムは前線に兄がいるため脇目も振らず前線へと急ぐ。この温度差にも係らずトムは助けたドイツ兵に唐突に殺されてしまう。

 殺される前の辺りの場面とカメラワークは好みだった。見晴らしの良い平野で落ち着いた雰囲気のなかにドイツ軍の飛行機が突っ込んでくるところは、カメラの動きのゆっくりさと出来事の激しさのズレが上手いと思った。画面の中の人物の動きとカメラの動きと音の三つの強弱の組み合わせが、その場面ごとの躍動感を生んでいる。

 トムは死ぬ直前、ウィルはトムの兄を見つけだすことを約束し手紙やアクセサリーを死体から抜きとる。この後ウィルが一人で行動し始めると不屈の闘志が漲って数々の困難をくぐり抜けていく様は、まるでトムの意識が乗り移ったかのようである。

 伝達者が運ぶのは情報だけではない、物質とか意思とか、それに纏わる記憶とか、そういった有形無形のあらゆる物を伝達し繋いでいく。死体を埋葬するとか勲章を与えるとかではない、継承するという死者の弔い方もあるのだ。

考察

時間の連続性

 この映画の売りでもあるのだが戦場の臨場感をだすために、カットが一回という驚くべき技術で撮影されている。編集でワンカットのようにみせているのだがこれと言って違和感もない。

 長回しは緊張感を生む。それが戦争の臨場感を巧みに演出している。ただ悪い面もあるなあと思った。長回しがなぜ緊張感を生むのか。それは時間の連続性ゆえだろう。連続の時間を演者と同時に共有すること。役者と時間を共有することで役者の緊張感がこちら側ににじみでてくるのである。しかし、時間の連続性は時間の直線性、つまり一方向に進む時間しかないことを意味する。この映画には、塹壕やら廃墟の道やら一直線の道が象徴的に使われる。一本の道を前に進むことは、時間が直進しないことと並行だ。

 長回しが緊張感を生むもう一つはの要因は空間の移動だろう。同じ場所にいたのでは、どれだけカメラが動いても面白みに欠けてしまう。したがって場所は移り変わっていくのだが、映している役者は固定する必要がある。必然脇役の一人当たりの登場時間は短い。すると人物描写が浅くなってしまうのだ。

 舞台ならば、空間は固定、時間は連続、役者は変動する。普通の映画なら、空間は変動、時間は非連続、役者は変動。長回しは、空間は変動、時間は連続、役者は固定。小説ならどれでもいける。といった感じになっている。これの組み合わせで色々とバリエーションが作れそうだ。

 長回しでも『バードマン』はすごく良かった。この映画でも顔を写して風景を写したら昼から夜になっていたり、カメラが反転を二回したら違う場所になっているとか、そういう空間や時間が歪んでるシーンがあっても良かったかもしれない。

感想

縦の線横の線

 映画全体を縦の線が貫いてる。しかし一度だけ縦の時間軸に直行する形で横の線が現れる。前線に到達したトムが将校(カンバーバッチ)を探すシーンだ。

 特攻を仕掛ける大量のイギリス兵を横切る形でウィルは最後の疾走をする。縦の時間軸は直線的で一方的であったが、そこで現れる横の時間軸は時間を歪ませている。特攻が始まりもう手遅れになってしまった縦の時間軸に直交すことで、あたかも戦争の時間を止めているかのようなのだ。

 努力は実りトムの兄は生きて帰れる。特攻によって死んでしまった者たちが生き残るための僅かな可能性が横の時間軸に託されている。

映画カテゴリの最新記事