『ユナイテッド93』感想|あらすじ解説|内容考察|死者たちの英雄的行為

『ユナイテッド93』感想|あらすじ解説|内容考察|死者たちの英雄的行為

概要

 『ユナイテッド93』は、2006年に公開されたアメリカ映画。監督はポール・グリーングラス。

 アメリカ同時多発テロでハイジャックされたユナイテッド航空93便の内部の様子を描く。アメリカ同時多発テロをテーマにした映画は、ほかにオリバー・ストーン監督の『ワールド・トレード・センター』などがある(『ワールド・トレード・センター』評*なるほう堂)。

 無名の俳優が多く使われた。リアリティを重視し、音声データなどからユナイテッド航空93便でおきた出来事を、できるだけ忠実に再現している。

 監督のポール・グリーングラスは『ブラディ・サンデー』や「ボーン」シリーズで有名。

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

登場人物

ジェイソン・ダール(J・J・ジョンソン):ユナイテッド93便の機長

リロイ・ホーマー・ジュニア(ゲイリー・コモック):ユナイテッド93便の副機長

ズィアド・ジャッラーフ(ハリド・アブダラ):テロリスト。ユナイテッド93便をハイジャックしたグループのリーダー。

アフマド・アル=ハズナーウィー(オマー・バーデゥニ):テロリスト。

あらすじ

 舞台は2001年9月11日のニューヨーク。その朝、テロリストのジャッラーフ、アル=ハズナーウィー、アル=ガムディー、アル=ナーミーの4人はニュージャージー州のホテルで祈りを捧げていた。彼らはその後、ユナイテッド航空93便に搭乗する。

 ユナイテッド93便を運転するのは機長のダールと、副機長のホーマー・ジュニア。93便の出発前に、アメリカン航空11便がハイジャックされたことが判明する。しかし、ユナイテッド93便は予定より遅れて出発する。ハイジャックされたアメリカン航空11便は、ニューヨークの世界貿易センタービルに衝突する。さらに、ユナイテッド175便もハイジャックされ、ニューヨークに向かう。加えて、アメリカン航空77便もハイジャックされる。ハイジャックされた175便は、11便と同様に世界貿易センタービルに追突する。

 その頃、93便では朝食が配られる。テロリストの班長ジャッラーフは、ハイジャックするのを躊躇っていた。機長のダールとホーマーに、世界貿易センタービル衝突事件の情報がはいり、警戒するよう注意される。ところが、テロリストはパイロットとキャビンアテンダントを殺害し、93便を支配下にいれる。

 ハイジャックの目的は、国会議事堂への突入だった。彼らは仲間のテロの成功に喜ぶ。キャビンアテンダントのブラッドショーとライルズは、刺された乗客の介抱と、乗客がパニックに陥らないように尽力する。その途中、機長たちが殺害されていることを知ってしまう。

 77便は国防総省(ペンタゴン)に突入する。これにより、国内の全航空機の着陸が命じられる。93便の乗客は、家族の連絡によって多くの航空機がハイジャックされたことを知る。事情を知った乗客は、航空機を奪還する計画を立てる。集結する乗客をみて不安に陥るハイジャック犯。

 ついに乗客たちは攻勢を仕掛ける。ハイジャック犯を二人殺害し、コックピットを奪還に向かう。ジャッラーフは航空機を大きく揺らし侵入を妨げようとするも、乗客はなんとか突入する。乱闘になるハイジャック犯と乗客たち。そして、航空機は墜落し、乗客とハイジャック犯は全員死亡する。

>>Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら

解説

死者の声を想像する

 2001年9月11日、アメリカを震撼させた事件が起きた。アメリカ同時多発テロ、通称「9.11」である。テロリストによってハイジャックされた航空機のうちアメリカン航空11便とユナイテッド航空175便は、世界貿易センタービルに追突した。世界貿易センタービルへのテロによる死者数は2,763人におよぶと言われている。このとき救出にあたった人々の様子を描いた映画に、オリバーストーン監督の『ワールド・トレード・センター』がある。こちらもぜひ見てほしい。

 ハイジャックされた航空機は全部で4機。アメリカン航空11便とユナイテッド航空175便は世界貿易センタービルに衝突し、アメリカン航空77便はアメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)は追突した。本作が描くのは残りの一機、ユナイテッド航空93便である。ユナイテッド航空93便は、テロリストが目的とした地点にたどり着くのを阻止した唯一の航空機である。それはテロリストに対する、乗客の抵抗と勇気によって成し遂げられた。しかし、目的地に到着しなかったことで、ほかの事件よりも注目されることは少なかったかもしれない。隠れた英雄的行為を忠実に描き明らかにすることが本作のミッションである。

 『ワールド・トレード・センター』が生者たちの声を掬いとる映画だとすると、『ユナイテッド93』は死者の声を蘇らせる映画と言えるかもしれない。ユナイテッド航空93便の墜落によって、乗客は一人残らず亡くなってしまった。忠実に描くと言ってもそれは生き残った者たちの声を届けるのではない。死者たちが死ぬ前に何を成したか、その想いを想像的に復元しその者たちに焦点を当てる。だから、『ワールド・トレード・センター』と『ユナイテッド93』は、アメリカ同時多発テロを両面から見ようとする試みである。生き残った者たちの視点と死んでしまった者たちの視点のどちらも、アメリカ同時多発テロを考えるためには必要なのである(『ワールド・トレード・センター』は徹底的に死者の物語を排している。その意味で、生者の物語であることは間違いない)。

考察・感想

最後の瞬間を語り継ぐ

 事件は航空機の中、物理的にも情報的にも閉ざされた空間でおこる。思わず、自分ならどうするだろう、と考えてしまう。他の航空機がハイジャックされたと知ったとき。テロリストが乗客を制圧しようとしたとき。乗客たちが反旗を翻してコックピットを奪い返そうとするとき。決断を迫られる瞬間は矢継ぎ早に訪れる。その都度、自分たちの航空機は大丈夫だろうとか、どこかに追突はしないだろうとか、殺しにはこないだろうと、事態を自分の都合の良いほうに解釈しそうだと思う。実際、乗客がハイジャック犯への抵抗は、情操不足や時間不足もあって他の航空機では起こらなかった。それゆえ、これらの行為は勇敢で奇跡的である。

 特に、コックピット奪還のための最後の反撃のシーンは思わず息を呑む。通路は狭く目の前には武装したテロリストたち。先頭にいる人はやられてしまうかもしれない。しかし、乗客が一丸となって、負傷をものともせず押し寄せる。このときテロリストたちは意外にも怯えている。たしかに、爆発物が偽物と知られてしまったいま、テロリストたちは乗客を抑える術がない。人数に分がある乗客たちは、勢いでコックピットを奪還しに向かう。そのとき通路にいたテロリストたちは、乗客によって殺されることになる。

 いじめに似たところがあるかもしれない。クラスのヒエラルキーで上位にいる人による下位に対するいじめは、周囲の人たちが口を挟まないことと、対象が反抗してこないことを前提にしている。絶対的にみえたいじめ加害者は、じつは言い返されるとたじろいでしまう。被害者を抑圧する権威の正体はハリボテなのである。

 おそらく墜落する最後の瞬間まで、乗客たちは航空機が上昇すると信じていたと思う。何故なら私が、墜落すると知りながら、持ち直すと最後まで疑わなかったからだ。墜落したとき、観客も緊張が溶けてぼーっとした気分になった。おそらく墜落した瞬間に乗客は全員亡くなっただろうから、観客は乗客と似たような体験をしているのかもしれない。テロリストの国会議事堂への突入を阻止した乗客たちの勇気ある行動は、悲しいことに墜落という結末を迎えてしまったが、だからこそ語り継がれていくべきだろう。

映画カテゴリの最新記事