『マッドマックス 怒りのデス・ロード』考察|女たちのトウソウ|あらすじネタバレ感想・伝えたいこと解説|ジョージ・ミラー

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』考察|女たちのトウソウ|あらすじネタバレ感想・伝えたいこと解説|ジョージ・ミラー

概要

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、2015年に公開されたオーストラリアとアメリカのアクション映画。監督はジョージ・ミラー。前作から27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第4作目。出演はトム・ハーディ、シャーリーズ・セロン。

 第88回アカデミー賞では10部門にノミネート、6部門で受賞した。

 文明社会が崩壊した荒廃した世界で、搾取から逃れようとする人々の戦いを描いた物語。

 アクション映画はほかに『アイアンマン』『ジョーカー』『TENET テネット』『ダークナイト』がある。

→『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の無料視聴方法はこちら

created by Rinker
¥400 (2024/07/22 11:48:47時点 Amazon調べ-詳細)

登場人物・キャスト

マックス(トム・ハーディ):本名はマクシミリアン・ロカタンスキー。元警官。過去に殺害された人たちのフラッシュバックに悩まされながら、荒廃した世界を旅している。イモータン・ジョーの武装集団に捕まり、放射線によって短命なニュークスの輸血ドナーとして拘束される。
(他の出演作:『インセプション』『ダンケルク』『ダークナイト ライジング』『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』『ヴェノム』)

フュリオサ大隊長(シャーリーズ・セロン):本名はフュリオサ・ジョ・バサ。シタデルの大隊長。左腕が欠損していて、義手を装着している。緑の地出身。ジョーに捕らえられた5人を連れ出して、緑の地へ向かう。
(他の出演作:『ミニミニ大作戦』)

イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン):武装集団の首領。シタデルと呼ばれる土地に砦を建設し占領している。病気で爛れた皮膚を守るために体を白塗りにしたり、汚染された空気を吸わないように特殊マスクを装着している。成人のウォーボーイズ、子供のウォーパプスを含め、多くの信徒を従えいてる。さらに5人の女性を幽閉し、自分の子供を産ませている。

ニュークス(ニコラス・ホルト):武装戦闘集団ウォーボーイズに所属。全身白塗りで、首にラリー、バリーと呼ぶ二つの腫瘍がある。ジョーを崇拝している。元々は激しく動けないほど体が弱っていたが、フュリオサ追跡部隊に志願し、マックスから輸血されることで活躍する。自らの失敗からスプレンディドを死なせてしまい絶望するも、ケイパブルに慰められ改心し、フュリオサたちの側につく。

スプレンディド(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー):イモータン・ジョーのお気に入りの受胎母体。すでにジョーの子を宿しているも、逃亡中に仲間を鼓舞しリーダーとして活躍する。

ケイパブル(ライリー・キーオ):赤毛の受胎母体。逃走中にニュークスに好意を持つようになる。

トースト(ゾーイ・クラヴィッツ):短髪の受胎母体。5人の中で最も率先的に戦闘に加わる。

ダグ(アビー・リー):銀の長髪の受胎母体。ジョーの子を宿している。

フラジール(コートニー・イートン):受胎母体の一人。5人の中で最も若く、外の世界への不安から元の世界に戻ろうとする。

リクタス・エレクタス(ネイサン・ジョーンズ):ジョーの息子。頑強な体の持ち主。ジョーたちとともに、フュリオサたちを追跡する。

コーパス・コロッサス(クウェンティン・ケニハン):ジョーの息子。寝たきりの小男。知性が高くジョーに助言を与える。

名言

ニュークス:俺を見ろ
Nux:Witness me.

フュリオサ:外の世界では、すべて痛いものよ。やりとげたい?それなら私の言う通りに。荷物を持って、走るのよ
Furiosa:Out here, everything hurts. You wanna get through this? Do as I say. Now pick up what you can and run.

あらすじ・ネタバレ・内容

 舞台は文明社会が崩壊し、殺戮と搾取が横行する世界。核兵器の使用で環境が破壊され、生活に必要な資源や物資が枯渇したために、生存者はそれらを暴力で奪い合うようになっていた。その荒野を元警官のマックスは、過去に失った人たちの幻覚に苦しみながら、V8インターセプターに乗って旅していた。

 ある日、イモータン・ジョーを首領とした戦闘集団に捕らえられ、シタデルと呼ばれる砦に連れて行かれた。そこは豊富な地下水を用いた農作物を享受するジョーたちと、搾取される人民による独裁社会だった。マックスは環境汚染で余命が短い武装集団ウォーボーイズの一人ニュークスの、輸血ドナーとして拘束される。

 ジョーたちはフュリオサ・ジョ・バッサ大隊長が運転するウォー・リグを先頭に、ガスタウンへと取引に向かう。しかしフュリオサは、ジョーの子供を産むために監禁されていた5人の妻スプレンディド、トースト、ケイパブル、ダグ、フラジールを救うため、彼女たちを車に隠し進路を変更して、出身地「緑の地」へと向かう。

 フュリオサの裏切りに気づいたジョーたちは、配下を引き連れて彼女たちを追跡する。ニュークスも追跡に参加することになったため、マックスは車の前方に拘束される。大きな砂嵐に巻き込まれたことで、車が大破し拘束が解かれたマックスは、フュリオサたちを制圧する。

 マックスはフュリオサたちを置いて一人で逃げようとするが、ウォー・リグを動かすにはフュリオサしか知らない起動法があるため、結局全員で逃亡する。ジョーたちの激しい追撃の途中、ジョーから命令を授かったニュークスが勢い込んでウォー・リグに乗り込もうとするも失敗し、それが原因でジョーのお気に入りのスプレンディドを死なせてしまう。

 ウォー・リグに乗り込んだまま打ちひしがれているニュークスを見つけたケイパブルが、彼に優しく接し励ましてあげる。そのことに心を改めたニュークスは、以後フュリオサたちの仲間になる。

 フュリオサの出身地である緑の地に到着し、かつての仲間、鉄馬の女たちに出会うも、多くはすでに亡くなっていて、緑の地も荒廃していた。フュリオサは失意のどん底に陥るも、もう一度、新天地を求めて旅に出ることを決意し、鉄馬の女たちも共に連れて旅に出る。

 それに対しマックスは、どこまで行っても新天地は見つからないと説得し、水も豊富で農作物もあるシタデルを制圧することを提案する。この提案に皆が賛同し、命の危険を覚悟して、元来た道を逆走する。その奇抜な作戦に気づいたジョーたちは追撃を開始し、再び激しい戦闘が繰り広げられる。

 多くの仲間たちが犠牲になるも、深傷を負ったフュリオサはジョーと対決し勝利する。さらにニュークスの捨て身で渓谷にある門を破壊し、追いかけてくるジョーたちの部下たちも一掃する。マックスはフュリオサを助け名前を教え、仲間たちと共にシタデルにり、群衆に歓迎される。人混みに紛れ去ろうとするマックスを見つけたフュリオサは、彼に向かって微笑むのだった。

解説

搾取と貧困——吸い上げられた水を奪還せよ

 本作は「マッドマックス」シリーズの第4作目にして最新作。とはいえ前作『マッドマックス/サンダードーム』が27年前なので、一般的なシリーズものとは言い難い。

 舞台は核戦争や環境破壊によって文明社会が崩壊した荒野。そこは人間たちが助け合い共に生きる世界ではなく、文明社会以前の搾取と暴力が横行する荒れ狂った世界である。この世界には、基本的に二つの立場しかない。搾取する側か、される側か。

 イモータン・ジョーが率いる武装集団は、地下水を独占し農作物を享受する搾取する側で、砦の下に住む人々は彼らに労働力としてこき使われる搾取される側である。そこに象徴的に現れるのが水だ。砂漠の世界において水は最も貴重な資源であり、それは地下に、つまり搾取される側の人々が住む場所にあるのだが、それが砦へと引き上げられジョーたちが享受している。そして搾取した水は、ジョーのご好意によってわずかばかり放水しされ、下に住む人々に恩恵を与える。

ジョー:友たちよ、水の中毒になってはいけない。水はおまえたちを捕らえて離さなくなり、生ける屍となるぞ

 ジョーは人々から水を奪いながら、下の住人に水を与え、厚かましくも水の危険性を警告する。この水自体が搾取の構造を表しているのは、言わずもがな。つまり、水を奪還することは、そのまま、搾取から解放されることを意味している。

媚びない、頼らない、寄りかからない——女たちの戦い方

 もう一つ、搾取される集団がある。それが女性たちだ。特にワイブズと呼ばれる女性たちは、ジョーの子供を産むために性奴隷として働かされている。シタデルにいる限り彼女たちは自由はなく、自由を得るためにはジョーの支配から逃れなくてはならない。

 彼女たちを救うのは、シタデルの大隊長フュリオサである。フュリオサは緑の地の出身者で、ジョーたちに強制的に連れてこられたこの地で、彼らの信頼を徐々に勝ち得てこの地位にまで上りつめながらも、逃亡の意欲を20年間絶やさず燃やし続けていた。フュリオサはワイブズの悲惨な現状に怒り、彼女たちを連れて緑の地へ逃亡することに決める。

 フュリオサたちの行為がカッコいいのは、これらの作戦を男性に媚びることなく成し遂げるからである(フェミニズムの観点からみても非常にできがいい)。確かに彼女たちは、ある場面でマックスやニュークスの助けられたかもしれない。しかし彼女たちは内に葛藤を秘めながらも、マックスを当てにすることも媚びることも頼ることもせず、常に自らの力で成し遂げようとする。鉄馬の女たちと合流しさらなる新天地を目指し出発する時も、マックスに頼ることなく彼の意思を尊重する。男たちは頼る相手ではなく、共に戦う同士だ。

 だから彼女たちの間には、女からの媚び諂いも男の義務感もなく、信頼と尊敬だけがある。それがもたらすのは、女同士や男同士の共闘のうちにあるのと同種の、対等な関係における連帯である。フュリオサのこの姿勢は最後まで崩れることはない。そして彼女はマックスを頼りかかることなくジョーを倒す。これが女たちの戦い方なのだ。

考察・感想

搾取の外部に理想郷はあるか

 ジョーたちの姿からもわかるように、神話的なものや宗教的なもの、祝祭的なものが混ざり合い、異様な雰囲気を漂わせている。白塗りされた身体や、甲冑やマスクなどの意味ありげな装備、さらにはギターを弾き散らす音楽隊員。この異質な存在は奇妙な高揚感を掻き立てる。

 だがこれらの要素を取り除くと、そこにあるのはあまりに単純なストーリーである。シタデルから逃走し、途中で逆走して、シタデルへ戻る。ここには余計なものは一切ない。迂回もない、騙しもない。一直線に逃走し、来た道をそのままなぞるだけだ。

 何故、彼女たちはシタデルから脱走したのか。それはあそこに労働搾取と性搾取が蔓延っていたからである。では、彼女たちは何処へと向かったのか。それはシタデルから遠く離れた故郷、水と緑に溢れ女性たちが統治する、理想郷「緑の地」である。彼女たちは搾取から逃れるために、緑の地へ一直線に向かう。しかしこの逃走は失敗に終わる。環境汚染は深刻さを増し、緑の地を統治していた鉄馬の女たちの人数を減らし、その理想郷すらも荒廃地へと変質させてしまっていた。フュリオサは理想郷がすでに失われていたことに絶望しながらも、打ち拉がれた心を鼓舞し、まだ見ぬ新天地を求めて旅に出る。搾取の外部に到達する旅の失敗に、さらなる外部を夢見ているのだ。

マックス:希望を抱いちゃダメだ。希望がかなわないと分かったら、あんたは狂っちまう

 このマックスの指摘は、彼自身が知っているように、逆転させなければならない。希望を失うから狂うのではない、狂わないために希望を持つのだ。だから勿論、この希望は失うことが初めから確定している、捏造された夢である。そしてこの夢を持つことで何とか狂うことを免れたフュリオサは、今度は夢に突き動かされて外部へと向かう。だが、この外部を求める旅は、いつ終わりがくるのだろうか?

トウソウの反転

 マックスはフュリオサが求める外部が存在していないことを突きつける。

マックス:160日もこの道を走っても、塩しかないことは間違いない。少なくともこっちには、救いを見つけられるかもしれん

 そう。誰もが知りながら、認識できなかった救いの地がある。それが故郷のシタデルである。あそこには潤沢な地下水も、豊かな農作物もある。逃走したまさにその場所こそが、新天地なのだ。そのことに気付いたフュリオサたちは、覚悟を決めて来た道を戻る。逃走から闘争へ。彼女たちは搾取から逃げるのではなく、搾取と戦い勝ち取る道を選ぶ。

 当然そのために多くの犠牲が払われる。鉄馬の女たちの多くは命を落とし、フュリオサは瀕死の重傷を負い、ニュークスは足止めするために自ら犠牲になる。闘争には痛みが伴う。だがその犠牲も無駄ではない。彼女たちはシタデルを奪還し、搾取の地を新天地へと変化させる。新天地は元いた場所の外部ではなく、内部に存在していたのである。

外部に逃げたのは無駄ではない——大いなる飛躍とは逃走することだ

 だが、そうだとすると、この旅は無駄だったのだろうか。逃走ではなく初めから闘争を仕掛ければ良かったのだろうか。砦の下に住む搾取された住人たちと結託し、ジョーたちを襲うべきだったのだろうか。百歩譲ってそれが難しかったとしても、もっと早くにこの地こそが新天地だと気づくべきではなかっただろうか。なんせ水は砦から流されていたし、見上げれば緑がみえていたはずなのだから。

 フュリオサたちはシタデルから始まりシタデルに戻る。だからこの旅は一見すると無駄なようにも思える。しかしそうではない。むしろ水と緑の姿が、見えていたのに認識できなかったことを重くみるべきなのだ。見えているのに見えていないこと、知っているのに知らないこと。この隔たりを超えるのには大きな飛躍が必要になる。それは正しく見ることや、深く知ることで超えられる隔たりではない。むしろ目を逸らすこと、それによって次にそれを見た時の視点を変えることが重要である。

 そしてその意味において、外部へと逃げようとしたフュリオサは正しい。シタデルに水と緑があることは、シタデルから出ることでしか見付けることができない、遡及的に見出された希望なのだ。だからフュリオサの逃走の旅は無駄ではない。逃走があったからこそ闘争がありえた。逃走するための一本線が、その軌跡が、それに関する全ての闘争が、シタデルの新天地として可能性を遡及的に作り上げたのである。

関連作品

created by Rinker
¥407 (2024/07/22 11:48:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥407 (2024/07/21 17:26:25時点 Amazon調べ-詳細)

評価(批評・評論・レビュー)

「マッドマックス」なんて化石みたいなシリーズあったなあと、ほとんどの人が思うだろう。この4作目はもともと15年も前に企画された続編で、トラブル続きで制作が中断して今に至る。こうした経緯をたどった企画、ましてタイトルロールのメル …… 全文

ーー movie.maeda-y.com(前田有一)

「マッドマックス」シリーズは、ともにオーストラリア出身のジョージ・ミラー監督、メル・ギブソン主演による、凶悪暴走族とひとりの警官の戦いを描いた近未来カーアクション映画としてスタートした。 …… 全文

ーー k-onodera.net(小野寺系)

物語は文明が破壊された砂漠が舞台である。ヒロインのフュリオサ(シャーリーズ・セロン)は独裁者でカルトの指導者であるイモータン・ジョーに軍人として仕えてそこそこ出世していたが、これまでの贖罪のため、イモータン・ジョーのもとで性奴隷として子どもを生まされている5人の女 …… 全文

ーー hatenablog.com(saebou、シェイクスピア研究者)

加筆中(おもしろい評論、または、載せてほしい論考などがありましたら、コメント欄にてお伝えください)

動画配信状況

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』配信状況比較

配信サービス配信状況無料期間月額料金
U-NEXT31日間2,189円
Amazon Prime30日間500円
TSUTAYA DISCAS30日間2,052円
Hulu2週間1,026円
dTV✖️31日間550円
FOD✖️✖️976円
ABEMAプレミアム✖️2週間960円
Netflix✖️✖️1,440円
クランクイン!ビデオ14日間990円
mieru-TV1ヶ月間990円
dアニメストア✖️31日間550円
◎☆:おすすめ、○:無料、☆:実質無料、△:別途有料、✖️:配信なし(2023年2月時点の情報。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください)*実質無料とは、無料ポイント付与により別途料金を払わずに視聴できるということ。詳細:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の無料視聴方法

 日本には有力な動画配信サービスはいくつもある。NetflixAmazon PrimeU-NEXTDisney+は配信数の多さやオリジナル作品のクオリリティーの高さが魅力的で、映画・アニメ・ドラマファンから高い人気を博している。それらの配信サービス以外にも、HuludTVクランクイン!ビデオなど代償様々なサービスが展開されていて、それぞれにメリットやデメリットがある。また配信サービス以外には宅配レンタルサービスもあり、その代表格に業界トップの取り扱い数を誇るTSUTAYA DISCASがある。

 AmazonプライムビデオはAmazonが運営する定額制の動画配信サービス。公開して間もない最新作を数多く配信している他、豊富な特典、月額500円という安さが売りである。

関連記事:Amazonプライムビデオとは?料金・サービス内容・注意点を解説

関連記事:Amazonプライムビデオのメリット・デメリット【おすすめ活法方法、評判】

関連記事:Amazonプライムビデオの登録方法と注意点|30日間無料体験のやり方

関連記事:【2023年最新版】Amazonプライムビデオの人気おすすめ配信映画(ドラマ・ライブ)

 U-NEXTは日本企業が運営する定額制の動画配信サービス。業界トップクラスの見放題配信数で、映画ファンが愛用している。また毎月ポイントが付与されたり、雑誌が読み放題だったりとちょっと変わった特典も魅力。

関連記事:U-NEXT(ユーネクスト)とは?料金・サービス内容・注意点を解説

関連記事:U-NEXT(ユーネクスト)のメリット・デメリットとは【評判】

関連記事:U-NEXT(ユーネクスト)無料視聴の登録・加入方法と注意点

関連記事:【2023年最新版】U-NEXTの人気おすすめ配信映画(ドラマ・ドキュメンタリー)

 TSUTAYA DISCASは、持分法適用会社のカルチュア・エンタテインメントが運営する宅配DVD/CDレンタルサービス。取り扱っている作品数はU-NEXTよりも多く、宅配レンタルならではの独自システムでサービスを提供している。

関連記事:TSUTAYA DISCASとは?サービス内容と三つのプランを解説

関連記事:TSUTAYA DISCASのメリット/デメリットをわかりやすく解説

関連記事:TSUTAYA DISCAS 30日間無料お試しの登録方法

 Netflixはアメリカの動画配信サービス。独自のNetflixオリジナル作品の質が高く、アカデミー賞ノミネートされた作品も数多い。

 またほとんどの動画配信サービスが「無料お試し期間」を設けている。その期間を利用すると無料で作品を視聴することができる。期間中の解約も可能である。

 本作を動画配信サービスで無料視聴する方法は下記の記事にまとめた。

→『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の無料視聴方法はこちら

映画カテゴリの最新記事