『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』考察|雨のニューヨークはロマンチックだとおもう|あらすじ解説|ウディ・アレン

『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』考察|雨のニューヨークはロマンチックだとおもう|あらすじ解説|ウディ・アレン

概要

 『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』は、2019年に公開されたアメリカの恋愛映画。監督はウディ・アレン。制作は2017年に終了していたが、監督のウディ・アレンが#Metoo運動で告発されて公開は延期になっていた。アメリカでは現在も上映されていない。

 ティモシー・シャラメはほかにクリストファー・ノーランの『インターステラー』、ジュード・ロウは『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』『シャーロック・ホームズ』『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』『A.I.』、ディエゴ・ルナは『ターミナル』に出演している。

 恋愛映画はほかに『ジョー・ブラックをよろしく』『華麗なるギャツビー』『ライムライト』『GO』『容疑者Xの献身』などがある。

 また「【2023年版】Amazon Prime, U-NEXT の最新おすすめ独占配信映画」はこちらで紹介している。

created by Rinker
¥2,500 (2023/02/06 16:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

登場人物

ギャツビー・ウェルズ(ティモシー・シャラメ): 大学生。ギャンブラー。

アシュレー・エンライト(エル・ファニング):大学生。ギャツビーの彼女。

チャン・ティレル(セレーナ・ゴメス):ギャツビーの元恋人の妹。

テッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ):有名な脚本家。アシュレーの取材を受ける。

フランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ):人気俳優。アシュレーの取材を受ける。

あらすじ

 大学生のギャツビーと恋人のアシュレーは、映画監督ローランドに取材をするためにニューヨークに行くことに。ギャンブルにはまり社交界に嫌悪感を抱くギャッツビーはニューヨークでのアシュレーとの生活を計画するが、アシュレーは取材の計画に夢中になっていた。

 アシュレーはニューヨークに着くと取材に奔走する。一方のギャッツビーはアシュレーが忙しい間にニューヨークを散策することに。

 取材相手のローランドはアシュレーを気に入り、有名な脚本家や俳優を紹介する。さらには脚本家の妻の不倫現場に遭遇するなどの出来事を経て、アシュレーは彼らと次第に親しくなる。彼らが有名人ということもありアシュレーは上機嫌で彼らと交流をするのだが、一方でギャッツビーのことはなおざりになる。

 ギャッツビーは散策中に元カノの妹チャンに遭遇する。会話をするうちにチャンと価値観が似ていることを感じるも、アシュレーのことが頭によぎりチャンと別れる。その後、母の過去を知ることで母を受け入れ尊敬するようになる。

 アシュレーは俳優のヴェガと良い雰囲気になるも、妻が帰宅してしまい下着のまま追い出されることに。アシュレーはギャッツビーと再開したあと、何事も無かったように振る舞う。二人は馬車に乗り込むも、ギャッツビーはアシュレーと別れることを決意し、雨の中時計台の下に向かう。するとそこにチャンが現れて抱擁しあいハッピーエンドを迎える。

解説

制作経緯と映画の評価

 本作『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』は、ウディ・アレンが #Metoo運動で告発されたタイミングで製作されたため、公開までは波乱万丈な過程を経ることになった。製作は2017年にもかかわらず公開は2019年まで延期となった。また出演者のグリフィン・ニューマンから、本作に出演したことの後悔とウディ・アレンの映画には今後一切出演しないなどの宣言もあった。結果的にこの騒動が原因となり、アメリカでは現在も公開されていない。

 そのような騒動の中での制作であったため、ポリコレが席捲する時代の雰囲気や容易く正義が叫ばれる社会運動に対する、ウディ・アレンの否定的な想いが本作に影を落としているようにもみえる。しかし本記事ではこのような読み込みはせず、映像と内容の素晴らしさについて解説していく。

 Rotten Tomatoesによると批評家の評価は「卓越したキャストが中途半端な脚本を大いに補っているが、『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』はウディ・アレンの最高の出来には程遠い。」(wikipedia)ということだった。ウディ・アレンの過去の名作『アニー・ホール』や『マンハッタン』、『ミッドナイト・イン・パリ』などの比べてしまうと、たしかに最高の出来だとは言い難い。だが前半部分の「卓越したキャスト」は問答無用で全会一致の見解であろう。つまり主人公ギャッツビーを演じるティモシー・シャラメの演技がとても素晴らしいのである。

 これに続く「中途半端な脚本」という否定的な評には賛成できない。何故ならギャツビーとアシュレーの軽妙な会話は気持がいいし、テンポの良いストーリー展開は爽快な気分にさせてくれるからだ。もしかすると、ここで問題となっているのは物語の深さという側面かもしれない。たしかに会話とストーリーの軽快さが柔らかな快楽を与えてくれる一方で、問われているテーマは浅いようにも感じられる。しかし複雑で深いテーマだけが評価される謂れはない。むしろテーマに囚われることなく、飛び立つように軽快で溌剌とした若者の恋を、観客はともに純粋に楽しむべきである。

雨のギャッツビー、晴れのアシュレー

 軽快なギャッツビーとアシュレーの仲の良い会話が、実のところすれ違っている点が面白い。ポイントになるのは、ギャッツビーとアシュレーの互いに対する認識の差である。

 昔々あるところでは妻が夫に「私と仕事どっちが大事なの?」と問いただしたりしたらしいのだが、本作は男女の立場が真逆である。アシュレーはギャッツビーと付き合いながら、彼女にとっての最優先事項はジャーナリストになることであり、そのために有名人と交流するのが楽しくてしょうがない。旅行中のアシュレーは、ギャッツビーのことなど眼中にない。

 その点ギャッツビーは真逆であり、一見するとアシュレーと共にいることを望んでいる。だからといってギャツビーが彼女の想いのいい奴で、アシュレーは彼氏を想いやらないわるい奴と勘違いしてはいけない。なぜならギャッツビーは恋に酔っているだけだからだ。ニューヨークに着いたあとのプランを妄想するとき、アシュレーといることは重要ではない。その証拠に冒頭の二人の会話は完全に噛み合っていないのに、それすら認識できていないのだ。ギャッツビーは恋に恋しているため、彼のセリフは必然的にロマンチックになる。が、それは決してアシュレーを想っているからではない、独りよがりの妄想なのだ。

 アシュレーとギャッツビーのすれ違いは、会話レベルだけでなく好みや性格、社交性という点においても強調される。ギャッツビーは暗く陰鬱で、アシュレーは明るく挑戦的。ギャッツビーはアシュレーと二人になることを望み、アシュレーは有名人と交流することを目指す。ギャッツビーははいまここが重要であり、アシュレーは将来を夢見ている。

 このすれ違いは天気によって象徴的に表されている。ギャッツビーが登場するところでは雨が降り、アシュレーの場合は晴れていることが多い。加えてギャッツビーは雨のニューヨークをロマンチックだと思うのだが、アシュレーは晴れているほうが良いと言う。この感性の違いが決定的になって、二人は別れてしまうのである。

考察・感想

それでももう一度声をかける

 物語の終盤、ギャッツビーはアシュレーにたいして、心に距離が生じていることを自覚している。だからこそ逆説的に、物語の中盤に置きた騒動のあとでも、アシュレーに妙に優しく接することができるのだ。一方アシュレーは有名人との騒動の余韻に浸っていて、ギャッツビーのことは眼中にない。

 このような状況で、曇り空のニューヨークを馬車に乗って過ごす終盤のシーンが印象的だ。アシュレーはギャッツビーより少し前に身を乗りだして前方を見ている。反対にギャッツビーは少し後方からアシュレーのほうに体を向けて肩あたりを虚な目で見つめている。二人の視線は交わらることも同じ対象に注がれることもない。いまや二人は別々の方向をみているのだ。

ギャッツビー : 霧の日のニューヨーク。なんとなく充実感がある。

アシュレー : 曇天なんて

 雨や曇りをロマンチックと思うギャッツビーと、晴れを好むアシュレー。決定的な価値観の違いが表面化する。ギャッツビーは心が折れる一歩手前の瞬間に、アシュレーのことを諦めきれず Cole Porter の 「Night and Day」の一部を歌う。これを聞いてアシュレーは嬉しそうに「知ってる!シェイクスピアね」と答える。

 ギャッツビーはいつ別れようと決意したのか。それは馬車に乗る前であったのかもしれない。だが決断したとしても、人は簡単に別れられないものなのだ。もしかしたらもう一度アシュレーを愛せるかもしれない、その想いが歌うという行為にあらわれている。その最後の賭けが失敗したこの決定的な瞬間の、ギャッツビーとアシュレーの演技は完璧だ。「ああ、、」という呻き声が聞こえてくるかのような表情、何かを言おうとした口を閉じて膨らませて顔をムーッとする演技、二人の視線、アシュレーの笑顔。ここだけでも観る価値がある。

 もし実生活で人間関係が崩壊しそうになったら見返すべき映画かもしれない。

created by Rinker
¥2,500 (2023/02/06 16:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

映画カテゴリの最新記事