『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』考察|両親の死の真相|あらすじ解説|感想|アルフォンソ・キュアロン

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』考察|両親の死の真相|あらすじ解説|感想|アルフォンソ・キュアロン

概要

 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は、2004年に公開されたイギリスのファンタジー映画。監督はアルフォンソ・キュアロン。原作は1999年に発表されたイギリスの作家J・K・ローリングの同名小説。前作は『ハリー・ポッターと秘密の部屋』、次作は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』。ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソンのほか、新たにゲイリー・オールドマンが出演している。

 監獄アズカバンから脱獄した囚人シリウス・ブラックと対峙し、両親の死の真相を暴く様子を描く。

 「ハリポッター」シリーズはほかに『ハリ・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』などがある。

 ダニエル・ラドクリフはほかに『ガンズ・アキンボ』『スイス・アーミー・マン』に、ゲイリー・オールドマンはクリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』に出演している。

 また「【2023年版】Amazon Prime, U-NEXT の最新おすすめ独占配信映画」はこちらで紹介している。

登場人物

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ):額に傷をもつ。ヴォルデモートに両親を殺されている。

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン):マグル生まれの魔法使い。知識が豊富で、魔法も得意。ハリーの親友。

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント):赤毛。ハリーの親友。

シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン):ハリーの両親の居場所をヴォルデモートに売った裏切り者。アズカバンに監禁されていたが、脱獄しハリーの命を狙っていると噂されている。

リーマス・ルーピン(デヴィッド・シューリス):闇の魔術に対する防衛術の教授。ハリーに守護霊の呪文を教える。ハリーの両親と同級生。

ピーター・ペティグリュー(ティモシー・スポール):シリウスに殺害されたとされていた人物。実はロンの飼っていたネズミに変身していた。

シビル・トレローニー(エマ・トンプソン):占い学の教授。無意識の状態で、ハリーに不吉な予言を言い渡す。

アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン):ホグワーツの校長。

セブルス・スネイプ(アラン・リックマン):スリザリンの寮長。ハリーに厳しい。

名言

シリウス:お見事!鋭い洞察力でまた間違った結論を引き出した
Sirius:Brilliant, Snape. You’ve put your keen mind to the task and come to the wrong conclusion.

ダンブルドア:じゃが、たとえ暗黒のときであっても幸せは見つけられる。明かりを灯すことを忘れない者にはな
Dumbledore:But you know happiness can be found even in the darkest of times, when one only remembers to turn on the light.

スネイプ:復讐は蜜より甘い。おまえをつかまえるのをどれだけ待ち望んだか
Professor Snape:Ah, vengeance is sweet. How I hoped I’d be the one to catch you.

ペティグリュー:君ならどうした、シリウス?
ブラック:俺なら死ぬ!友だちを裏切るくらいなら死ぬさ!
Peter Pettigrew:What would you have done, Sirius?
Sirius Black:I would have died! I would have died rather than betray my friends

あらすじ

 夏休みに、親戚のマージョリー・ダーズリーが、ダーズリー家を訪れ、ハリーに亡くなった両親の悪口を言う。我慢できなくなったハリーは、マージョリーを魔法で膨らませ、そのまま家を出る。夜の街で黒い犬を目撃したあと、突然目の前に現れた「夜の騎士バス」に乗り込みダイアゴン横丁に向かう。

 パブ「漏れ鍋」に着くと、現れた魔法大臣コーネリウス・ファッジに、外出はダイアゴン横丁に止めるように言い渡される。マグルへの魔法の使用により退学になると思っていたハリーは、罰則がないことに驚くが、アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックがハリーの命を狙っているというウィーズリー夫妻の会話を盗み聞きし、自分の置かれた状況を把握する。シリウスはヴォルデモートの家臣で、ハリーの両親を裏切り居場所を密告した張本人だった。

 新学期、魔法生物飼育学の教授にルビウス・ハグリッド、闇の魔術に対する防衛術の教授にリーマス・ルーピンが就任する。ハグリッドの授業で誇り高きヒッポグリフのバックビークに、無礼な態度で触ろうとしたマルフォイが蹴られ怪我をする。リーマス・ルーピンの授業はユーモアにあふれ人気となる。新たに受講した占い学のシビル・トレローニー教授は、信憑性のない不吉な予言をたびたび行う。

 クィディッチの試合中、ホグワーツを警護するアズカバンの守衛、吸血鬼ディメンターに襲われ箒から落ち、ニンバス2000が壊れる。この事件をきっかけに、ディメンターから身を守る守護霊の呪文を、ルーピンから教わる。

 友達がホグズミード村に向かう中、保護者のサインがないハリーはホグワーツに残る。抜け出そうとするハリーを見つけた、フレッドとジョージはハリーに、ホグワーツにいる人々の居場所と抜け道がわかる忍びの地図を渡す。忍びの地図を使ってホグズミード村に訪れたハリーはパブ「三本の箒」で、シリウスが父ジェームズの親友であったこと、ハリーの名付け親であったこと、両親を裏切ったことを盗み聞きし怒りを抱く。

 忍びの地図を眺めていると、シリウスに殺害されたジェームズたちの友人ピーター・ペティグリューが、ホグワーツ内を歩いているのを発見する。確認しに現場に向かうもペティグリューは見つからず、逆にスネイプに夜間に出歩いていることを詰問される。そこに現れたルーピンに助けられるが、忍びの地図はルービンに没収される。

 その頃、ドラコに怪我を負わせたバックビークの裁判が行われ、処刑が決定される。ハリーたち三人は処刑執行直前にハグリッドのもとを訪れると、そこでハーマイオニーの猫クルックシャンクスに食べられたと勘違いしていた、ロンの鼠スキャバーズを発見する。三人はハグリッドのそばに居ようとするが拒まれ、処刑が始まる前に小屋から出る。

 ホグワーツに帰る途中、スキャバーズを抱えたロンが黒い犬に襲われ、暴れ柳の下にある穴に引き摺り込まれる。あとを追うと叫びの館に到着し、黒い犬の正体、シリウス・ブラックが姿を現す。ハリーはシリウスに襲いかかるが、現れたルーピンに止められる。実は、裏切り者はシリウスではなく、スキャバーズに変身していたペティグリューであり、シリウスの狙いはペティグリューだった。

 ペティグリューを捕まえるも、この日が満月だったためルーピンが狼に変身してしまい、ペティグリューは逃亡する。ルーピンを抑えるためシリウスは犬に変身するが、ディメンターに襲われる。ハリーの守護霊の呪文も役に立たず、シリウスはディメンターに魂を抜かれれる接吻をされそうになるが、その時、動物の形をした守護霊を呼び寄せた何者かによって救われる。

 ハリーは目を覚ますと、シリウスは捕まりディメンターの接吻という刑が確定していた。ダンブルドアの助言に従い、逆転時計を使って過去に戻りバックビークを救出する。そしてディメンターに襲われた場面では、ハリーが完璧な守護霊を呼び寄せ、ディメンターを追い払う。先程の何者かは、父ではなく自分の姿だったのだ。その後、シリウスをバックビークに乗せて逃亡させる。

 シリウスの無実は明かされず、狼人間であるとスネイプにばらされたルーピンは辞職し、ハリーは落ち込む。しかし、そこにシリウスからクィディッチ用の箒ファイアボルトが届き、それに乗るところで幕を閉じる。

解説

ハリーの両親の殺害の秘密

 ハリーに忍び寄る暗い影、ホグワーツに迫りくる危機。物語はついに、ヴォルデモートがハリーの両親を襲ったあの日の秘密の一つに迫る。ハリーの母リリーと父ジェームズは、何故、ヴォルデモートに見つかり無残にも殺されたのか。

 本作のキーパーソンは、題名にも登場する「アズカバンの囚人」。アズカバンの囚人とは、ハリーの父ジェームズの親友でありながら、ヴォルデモートに情報を売った裏切り者シリウス・ブラックのことである。

 物語冒頭ですでに報じられるシリウス・ブラックのアズカバン脱獄は、これまで穏やかな雰囲気に包まれてきたホグワーツ魔法学校の様子を一変させる。シリウス・ブラックの潜入を防ぐために、これまで安心と安全の象徴だったホグワーツの周りを、アズカバンの看守で吸血鬼のディメンターが飛び回る。暗く薄気味悪い雰囲気を匂わせたホグワーツに、絶対に安全という安心感はもはやない。そしてこの雰囲気は本作『アズカバンの囚人』を起点として、シリーズを追うごとに増していくことになる。

トレローニの予言——再び主人の元に馳せ参ずるであろう

 この傾向は占い学のトレローニ教授による予言によっても示される。

トレローニ:今宵、戻ってくる。今宵、友を裏切った殺人鬼が解き放たれ自由の身となって、罪無き者の血が流され、召し使いは再び主人の元に馳せ参ずるであろう

 これまで表立って活動してこなかった「主人」=ヴォルデモートの元に、「友を裏切った殺人鬼」と「召し使い」が「馳せ参」じ、「罪無き者の血が流され」る。本作では「今宵、友を裏切った殺人鬼が解き放たれ自由の身とな」るという予言が、そして次回作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で「罪無き者の血が流され」という予言が現実と化してしまう。ついにヴォルデモートの元に闇の力が集結し、誰かが殺されてしまうのだ。

考察・感想

シリウス・ブラックのカッコよさ

 本作にも前作と同様に初登場の魅力的なキャラクターがいる。シリウス・ブラックとリーマス・ルーピンだ。彼らはジュームズの親友で、ハリーにとってのハーマイオニーとロンの関係にいる人たちである。

 ルーピンはユーモアにあふれた人物で、闇の魔術に対する防衛術としてハリーに守護霊の呪文を教えてくれる。ハリーはルーピンからジェームズとリリーの思い出を聞き、ルーピンはハリーに二人の面影を見る。ハリーは頼れる兄的存在としてルーピンを信頼していくことになる。ルーピンとは違い、シリウス・ブラックはハリーにとって父的存在になる。ハリーの名付け親でもあるシリウスは、厳つい風貌ながら、ハリーへの慈しみとジェームズへの信頼に満ちている。

ペティグリュー:君ならどうした、シリウス?
ブラック:俺なら死ぬ!友だちを裏切るくらいなら死ぬさ!
Peter Pettigrew:What would you have done, Sirius?
Sirius Black:I would have died! I would have died rather than betray my friends

 ヴォルデモートに怯えジェームズをうったペティグリューは、シリウスに「君ならどうした」と問いかけるが、彼は間髪入れずに「俺なら死ぬ!友だちを裏切るくらいなら死ぬさ!」と答える。シリウスにとって友人との信頼は、言うまでもなく自分の命よりも重い。ここにシリウスがジェームズの親友であり、ハリーから父の代わりとして慕われる理由がある。シリウスは風貌だけでなく、心意気からしてカッコいいのだ。

伏線の張ることの巧みさ

 ジェームズ、シリウス、ルーピン、ペティグリューの集団と因縁のある同年代の人物がいる。それがスネイプだ。

スネイプ:復讐は蜜より甘い。おまえをつかまえるのをどれだけ待ち望んだか
Professor Snape:Ah, vengeance is sweet. How I hoped I’d be the one to catch you.

 これ以降の作品で明かされることだが、スネイプはジェームズに虐められていて、ハリーに対するジェームズの悪口は、殆ど全てが事実だったのだ。スネイプはシリウスと共謀するルーピンを発見し、彼らに対する積年の恨みを晴らそうとする。曰く「復讐は蜜より甘い」。

シリウス:お見事!鋭い洞察力でまた間違った結論を引き出した
Sirius:Brilliant, Snape. You’ve put your keen mind to the task and come to the wrong conclusion.

 ところが今回はスネイプの方が間違っていた。機知に富むシリウスは、ユーモアのある返答で挑発する。このやりとりからだけでも、スネイプとシリウスの関係が悪いことがわかるだろう。このように「ハリポッター」シリーズは、伏線のはりかたがとても上手い。一度全部観て(読んで)から再読すると、その巧さに驚かされる。のちに明かされるジェームズたちの過去を知った後に、「復讐は蜜より甘い」と「お見事!鋭い洞察力でまた間違った結論を引き出した」の場面を観ると、その意味がわかりより楽しめるだろう。

created by Rinker
¥1,528 (2023/02/06 21:58:36時点 Amazon調べ-詳細)

映画カテゴリの最新記事