『スイス・アーミー・マン』感想|あらすじ解説|内容考察|どっちかは最後までわからない

『スイス・アーミー・マン』感想|あらすじ解説|内容考察|どっちかは最後までわからない

概要

 『スイス・アーミー・マン』は2016年のアメリカの映画。監督・脚本はダニエル・シャイナートとダニエル・クワン。主演はポール・ダノとダニエル・ラドクリフ。原題は「Swiss Army Man」。

 スイスアーミーナイフとは、十徳ナイフのことである。ダニエル・ラドクリフ演じる死体であるメニーが、様々な用途で使えるという意味を込めて、この題名になっている。

 ダニエル・ラドクリフは『ガンズ・アキンボ』でも変わった役を演じている。

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

登場人物

ハンク・トンプソン(ポール・ダノ):自殺を考える冴えない男性。メニーを発見して生きる意志が芽生える。サラに会うために、メニーとともに森をぬける。

メニー(ダニエル・ラドクリフ):海辺に打ち上げられた死体。高出力の屁で海を船のように走ることができる。他にもモノを投げ飛ばしたり、方位磁石としても使える。ハンクの欲望を内面化し、サラに恋焦がれるようになる。

サラ・ジョンソン(メアリー・エリザベス・ウィンステッド):ハンクが恋い焦がれる相手。実はハンクが一方的に知っているだけで、面識はない。

あらすじ

 ハンクは流れ着いた無人島で自殺をしようとしていた。首吊りを決行しようとしたそのとき、海辺に死体を発見する。ハンクは死体に蘇生を試みるも生き返らないので、仕方なくもう一度自殺をはかる。そのとき死体からガスが噴出されて動き出す。ハンクは死体に跨るとジェットスキーのような機能を果たし、大きな島にたどり着く。

 死体をメニーと名付けたハンクは、メニーとともに森を抜けようと試みる。洞窟で眠りについたメニーは、滴り落ちる水滴を口に含むことで、水を口から出せるようになる。さらに、英語を話し始めたり、勃起したペニスが方位磁石の役割を果たすようになる。ハンクたちはそれを使って街の方へ向かう。

 ハンクはメニーに様々なことを教える。映画館を夢見たメニーのために、ハンクは木々やゴミで即興劇をする。そこではハンクの過去の出来事の再現であり、ハンクが恋い焦がれるサラとの出会いを演じる。それによって、ハンクと同様にメニーもサラへの想いを募らせる。

 しかし、ハンクはサラをバスで見かけて一目惚れしただけで交流はなく、出会いの場面もハンクの妄想だった。ハンクはSNSをチェックすることで、彼女の動向を把握していたのだった。ハンクはSNSでサラが既婚者であることを知る。

 熊との遭遇やさまざまな困難を乗り越えて、ハンクはサラのもとにたどり着く。しかしメニーは死体に戻ってしまう。さらに、サラからするとハンクとは初対面であった。ハンクのストーカー気質が暴かれてしまい、ハンクは捕まってしまう。するとメニーがよみがえり、屁をだして海の上を前進し、遠くの方へと消えていく。

 ハンクたちは驚きながら、メニーを見守り続けるのだった。

>>Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら

解説

はちゃめちゃなストーリーを楽しむ

 原題の「Swiss Army Man」は、多機能ナイフであるスイスアーミーナイフ(Swiss Army Knife)からとられていて、直訳するとスイスアーミー人、つまり多機能を備えた人というニュアンスだ。その多機能な人(メニー)を演じるのはハリポッターシリーズで有名なダニエル・ラドクリフである。ところがメニーはただの人ではない。記憶を失った死体なのである。

 主人公のハンク・トンプソン(ポール・ダノ)は流れ着いた無人島で絶望のあまり首吊り自殺を図ろうとする。すると浜辺に打ち上げれたメニーを発見し救おうとするも死体であることが判明する。仕方なしにもう一度自殺を図ろうとすると、メニーの穴から腐敗したガスが吹き出し、ハンクを乗せて海上を疾走する。自殺のタイミングを失ったハンクは動こなくなったメニーを背負い街を目指す。これだけでは終わらない。今度は街に向かう途中の山奥でメニーが英語を喋りハンクの会話相手になったり、女性の雑誌をみて勃起したり、勃起した男性器が街の方向を指したり、口から水が溢れたりする。展開がはちゃめちゃなのだ。おかげさまでメニーの多機能性を見ているだけでかなり楽しい。

 物語のほとんどはハンクとメニーの二人だけで展開されるのだが、そこにスパイスとして加わるのがハンクが好意を抱いているサラ・ジョンソン:(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)だ。過去にハンクはバスでサラに出会うも、内気な性格のために話しかけられずにいた。そして盗撮したサラの写真をスマホのホーム画面に設定している。街に近づくとwifiが繋がりインスタを確認するとサラが結婚し子供が生まれていることが判明する。そして街でサラに遭遇し、、、。

 という感じで、ストーリーを追っているだけでも十分面白い構成になっている。

考察・感想

性と生の境界が揺らぐ

 ハンクとメニーの生活はどこか死者の国を思わせる。無人島での生活なのでハンクとメニー以外に人は現れないしwifiも繋がらない。破棄されたゴミを除いたら人間の影すらない。メニーは死体であり、ハンクは首吊り自殺を図って数秒間宙に浮いていたわけで、どれも生から遠く離れている。さらにメニーが動けるのも、彼が本当は生きていたからなのか、ハンクの妄想なのかは最後まではっきりしない。二人のいる世界は生と死の間にある世界なのだ。

 ハンクには何度も危機が訪れる。生きる気力がない、水がない、窪みから抜け出せない。ハンクに危機が訪れる場面は常に奥まった暗がりの中なのだ。まず冒頭の自殺の場面からしてメニーの背景には洞窟の深淵が覗いていて、水分を欲するのも岩場の窪みの中で、窮地に陥るのは大きい窪地に落ちた時だ。能動性の乏しいハンクは窪地を抜け出す自力がない。だからといってハンクの男性性の回復は起こらない。むしろハンクは中性化しメニーが彼を助けるのである。

 正確にはハンクの男性性が失われ中性化する、というよりメニーに男性性が奪われて、ハンクが中性化していくようだ。ハンクは女装をし、サラと自分の出会いの場面をサラ役で演じたり、メニーと良い雰囲気になる。逆にメニーは勃起を覚えオナニーを望むようになる。生と死の境界が失われるように、性も規範から抜け出し中性化していく。さらにはおならを人前でしてはいけない、という規範も失われる。メニーのおならを気にするハンクは、最後には人前で屁をこくようになる。

 メニーはサラに欲望するが、それも元を辿ればハンクの欲望だった。ハンクができなかったこと(サラに話しかけること)をメニーは望みハンクが演じるサラにやってのける。欲望も主体も客体もごちゃ混ぜだ。それを演じるハンクはしかしとても幸せそうである。

 二人の立場は徐々に入れ替わっていって、冒頭でハンクに背負われていたメニーは逆にハンクを背負って街に入る。そしてハンクとサラの再開を後押しもう一度死を迎える。結局メニーはハンクの妄想だったのか分からない。メニーの話をするハンクは生者の国で周囲の人に狂人とみなされてしまう。生と死、現実と妄想、男性と女性の境界が崩れたところで一瞬訪れる幸せな空間を描いた物語だった。

映画カテゴリの最新記事