『コーダ あいのうた』考察|想いを伝えるものは何か|あらすじ解説|感想|シアン・ヘダー

『コーダ あいのうた』考察|想いを伝えるものは何か|あらすじ解説|感想|シアン・ヘダー

概要

 『コーダ あいのうた』は、2021年に公開されたアメリカ・フランス・カナダのヒューマンドラマ映画。監督はシアン・ヘダー。原題は『CODA』。2014年のフランス映画『エール!』のリメイク。アカデミー賞では作品賞、脚色賞、助演男優賞を受賞。

 聴覚障害者の家庭に生まれた健聴者コーダが、家族が経営する漁業をサポートしながら、自分が好きな歌のために音大を目指す物語。

 ヒューマン映画はほかに『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『ターミナル』『トゥルーマン・ショー』『A.I.』『天使のくれた時間』『ライムライト』『サンドラの小さな家』『クラウド アトラス』『アポロ13』などがある。

 また「【2023年版】Amazon Prime, U-NEXT の最新おすすめ独占配信映画」はこちらで紹介している。

登場人物

ルビー・ロッシ(エミリア・ジョーンズ):家族唯一の健聴者。通訳や漁業を手伝うことで家族をサポートしている。歌うことが好きで、ベルナルド先生に歌を教わるようになる。ベルナルド先生の勧めでバークリー音大を目指すも、家族の反発にあい葛藤する。

フランク・ロッシ(トロイ・コッツァー):ルビーの父親。漁師。性にオープン

レオ・ロッシ(ダニエル・デュラント):ルビーの兄。家族の犠牲になろうとするルビーに、不満を抱いている。フランクと漁師共同組合を設立し、自ら魚を売れるよう尽力する。

ジャッキー・ロッシ(マーリー・マトリン):ルビーの母親。性にオープン。ルビーにとやかく言いがちで、ルビーに叱られることもしばしば。

ベルナルド・ヴィラロボス / V先生(エウヘニオ・デルベス):コーラスクラブの顧問。風変わりな教師。バークリー音大の卒業生。ルビーとマイルズに音楽を教える。子育ても忙しい。

マイルズ(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ):親の意向でバークリー音大を目指す。ベルナルドに教わる。ルビーと親しくなり付き合う。

ガーティー(エイミー・フォーサイス):ルビーの友人。バーで働いている。男たらしで、レオと付き合う。

ブレディ(ケヴィン・チャップマン):

名言

ジャッキー:反抗期なのね。私が盲目なら絵を描いていたかも。
Jackie:You’re a teenager. If I was blind, would you want to paint?

ルビー:家族抜きで行動したことがないんです。
Ruby:I’ve never done anything without my family before.

ルビー:私がろう者ならよかったと思う?
ジャッキー:病院であなたが生まれた時、聴覚の検査を受けた。小さくて愛らしいあなたの体に電極がたくさんつけられた。その時祈ったわ。ろうの子でありますようにって。耳が聞こえるとわかり、私は心が沈んだ。
ルビー:なぜ?
ジャッキー:分かり合えない気がして。
Ruby:Do you ever wish I was deaf?
Jackie:When you were born, at the hospital, they gave you a hearing test. And there you were, so tiny and sweet, with these electrodes all over you. And I… prayed that you would be deaf. When they told us that you were hearing, I felt… My heart sank.
Ruby:Why?
Jackie:I was worried that we wouldn’t connect.

あらすじ

 舞台はマサチューセッツ州のグロスター。高校生のルビー・ロッシは、耳の聞こえない父フランク、母ジャッキー、兄レオの4人で暮らしていた。ルビーはフランクとレオと共に漁業に出かけ、通訳としても家族をサポートする。取引は不便で仲間たちに馬鹿にされることもあるが、ロッシ家は決してめげることなく、幸せのうちに暮らしていた。

 新学期、ルビーは片思いのマイルズがいるコーラスクラブに入り、顧問のベルナルドから歌を教わるようになる。過去に言葉が変と言われた経験から人前で歌えなくなっていたが、何を伝えられるかが重要だと教わり、人前でも歌えるようになる。

 ルビーの音楽の才能に気づいたベルナルドは、発表会でマイルズとデュエットをすることと、マイルズが目指すバークリー音大への進学を勧める。思春期で異性ということもあり、当初二人は顔を見て練習できなかったが、声の相性は抜群で、二人の距離は次第に縮まっていく。また、ベルナルドはルビーに自宅で個別レッスンをするようになる。

 ある日、ルビーの家でマイルズと練習していると、隣の部屋で両親が性行為を始める。驚いたルビーは止めに入るも、ルビーとマイルズが恋人同士だと勘違いしたフランクは、コンドームをつけて安全な性行為をするよう二人を諭す。翌日学校に行くと、昨日のことが学校中に広まっていて揶揄われる。マイルズは友人の一人にしか伝えていないと釈明するも、ルビーは激怒し一切口をきかなくなる。

 漁業は政府の介入により魚の値段が低下し、漁師たちは不満を溜めていく。その説明会でフランクとレオはルビーを通訳にして、自分たちで魚を売買する漁師共同組合を立ち上げる。当初の心配とは裏腹に、地元の漁師たちも協力してくれて、漁師共同組合は軌道に乗り始める。しかし通訳の仕事で忙しくなったルビーは、ベルナルドのレッスンに度々遅刻してしまう。自分の子育ての時間を削って教えているいるベルナルドは、二度と遅刻しないようルビーに約束させる。

 ある日、組合の取材が入り、ルビーに通訳を頼む。渋々引き受けるも、事前に知らされていなかったルビーは、ベルナルドのレッスンに遅刻してしまい二度とレッスンしないと叱られる。しかしルビーは今まで一度も家族抜きで行動したことがないと伝え、音大への進学を強く望み、家族にもそのことを伝える。ルビーが失敗することが心配で、尚且つ、漁業が軌道に乗り始めたのに通訳がいなくなるのが痛手であった両親は、ルビーの進学に反対するが、ルビーはずっと家族と一緒にいるのは無理だと伝える。

 翌朝、ルビーは漁をサボり、マイルズと池に遊びに行く。マイルズは自分の両親の冷え切った関係と比較して、ルビーの家族の暖かさを羨ましく思っていた。二人は10メートルの崖から飛び降りることで仲直りをし、付き合うことになる。

 ルビーなしで漁に出たフランクとレオの船に、審査にきた政府の監視員が同行する。耳が聞こえず無線と取らないフランクたちを危険視した監視員は、海上警察に通報し、反則金と漁業再開のためには健聴者の同乗を義務付ける。それを聞いたルビーは進路について悩むも、家族を優先して音大への進学を諦める。

 レオはルビーに進学するよう勧める。ジャッキーはコンサートに向けて赤いドレスをプレゼントする。ジャッキーに耳が聞こえる自分が生まれた時どう思ったかを聞くと、分かり合えないかもしれないと、不安に思ったと伝える。

 当日、ルビーたちの合唱は拍手で迎えられる。さらに、ルビーとマイルズのデュエットに涙ぐむ人も現れるが、フランクには音が届かない。しかし周囲の人々の反応を見て、ルビーの声が感動を届けるものだと知る。その夜、フランクは思い悩み、ルビーに自分のために歌ってほしいと頼む。ルビーは大声で歌い、フランクは彼女の喉に手を当てて振動を感じるのだった。

 翌日、家族はルビーを音大に送り出すことで同意し、ルビーを叩き起こして受験に向かう。試験会場には家族は入れず、一人で試験に向かう。選曲は「青春の光と影」で、楽譜を持ち忘れていたためにアカペラになりかけたが、ベルナルドが現れ伴奏をする。

 声が落ち着かないルビーのために、ベルナルドはわざと伴奏を間違え、仕切直しさせてくれる。その時、フランクたちが無断で二階に現れ、ルビーは家族に向かって手話も交えて歌う。その歌は家族にも審査員にも響くものだった。そして、見事大学に受かり、家族はルビーを送り出したのだった。

解説

評価と題名の意味

 『コーダ あいのうた』は、2014年に公開されたフランスの映画『エール!』のリメイク版である。フランス版では家族が経営するのは農業であったが、アメリカ版では漁業に変更されるなど、その土地に合わせた改変を行っている。

 本作の配給権はAppleが獲得し、劇場と同時に配信サービスApple TV+でも公開された。評価は非常に高く、アカデミー賞では作品賞、脚色賞、助演男優賞を受賞した。動画配信サービスの映画でアカデミー賞を受賞するのは、本作が初めてである。

 原題の『CODA』は、”Children of Deaf Adult/s” の略称で、難聴者やろう者を親に持つ子供のことを指す。1980年代のアメリカで生まれた言葉で、コーダは家庭の中で手話を覚えるため、手話と音声言語のバイリンガルになることが多い。本作の主人公であるルビーがまさにそれで、彼女は家族とは手話を、外では音声を使いコミュニケーションをとる。

家族からの脱却とルビーからの自立——共依存関係から逃れるために

 だがそこに問題もある。ルビーにとってバイリンガルであることは、嬉しいことばかりではない。彼女は手話ができるからこそ、家族に頼られサポートの役を強いられる。ろう者の家族にとって健聴者は、外部と接続できる唯一の回路であり、ルビーはその重大な任務を一手に引き受けなくてはならない。

 家族に頼られるルビーは、しかし、家族なしに生きられない存在でもある。彼女はサポートを強いられる損な役回りから抜け出したいのだが、その一方で自らその役割を担おうとする。最初は両親に抵抗しようとしても、最終的には、自分のレッスンの時間を削りベルナルドの約束を破るにもかかわらず、家族の役に立とうとする。

ルビー:家族抜きで行動したことがないんです。
Ruby:I’ve never done anything without my family before.

 家族の重圧から抜け出そうとしながら、自ら望んでその場所に入ってしまうことをルビーは自覚している。だからこそ「家族抜き」の音大へ、進学を決意するのだ。ルビーは家族との共依存関係を脱するため一歩を踏み出す。そしてそれにはルビーだけでなく、家族の成長も必要になる。ルビーが家族から自立すると同時に、家族もルビーへの依存から脱することが、真の意味での自立のために求められている。

考察

分かり合えないという不安が理解を阻む——母との対話

 ろう者の家族と健聴者のコーダ。ここで描かれるのは、他人想いで子供に人生を尽くす綺麗な両親ではなく、自分勝手で独断的だけど愛情に満ちた、生々しい人間である。

 母ジャッキーはありとあらゆる点でルビーと好みが合わない。服の趣味から、オープンな性格まで、ジャッキーはルビーと全く似ていない。

ジャッキー:反抗期なのね。私が盲目なら絵を描いていたかも。
Jackie:You’re a teenager. If I was blind, would you want to paint?

 自分と性格が合わないのはルビーが反抗しているからだ、そう思うジャッキーは、ルビーの歌への執着も自分への反抗だと疑う。ジャッキーとルビーに対して、どこかズレを感じている。その大元にあるのは、健聴者はろう者と同じ体験ができず、理解し合えないのではないかというジャッキーの不安である。ルビーは「私がろう者ならよかったと思う?」と問いかけると、ジャッキーはこう答える。

ジャッキー:その時祈ったわ。ろうの子でありますようにって。耳が聞こえるとわかり、私は心が沈んだ。
ルビー:なぜ?
ジャッキー:分かり合えない気がして。

 健聴者がろう者のことがわからないのと同じように、ろう者も健聴者のことがわからない。しかし問題は、分からないと思い込むことで、本当に分かり合えなくなることである。健聴者がろう者のどちらにも、分かり合えないという不安があって、その不安が相互の理解を阻む。ジャッキーはこの理解不可能性の不安をルビーに赤裸々に告白することで、二人はようやく互いに理解し始める。

より遠いろう者に想いを伝える

 冒頭から聞こえてくる音は、ルビーが聞いている音である。彼女がスピーカーの音をどれだけ上げて文句を言われないのは、家族がろう者だからだ。

 ルビーの声を聞いたことのないフランクは、彼女の声がどれほどのものかを知る由もない。ルビーの晴れ舞台である合唱コンサートに来ても、彼女の歌う姿が見えるだけで声は届かない。物語の最も盛り上がるシーン、ルビーとマイルズのデュエットが始まった瞬間、これまで彼女の耳で聞こえていた音が、フランクが聞こえている音に変わる。つまり、我々は無音を聞く。ろう者の世界が突然現れるのだ。

 フランクはルビーの声を聞くことができない。でも周囲の反応が彼女の声の素晴らしさを物語っている。コンサートが終わったその夜、フランクはルビーに自分のためだけに歌ってくれと頼む。フランクはルビーの喉に手を当て、彼女の声の振動を感じる。彼女の声は届いているのだ。

 そして試験のとき、今度はルビーの方から、家族へと歩み寄る。ルビーは審査員の方を向いていない。彼女は審査員よりも、より遠くにいるろう者の家族に声を届けようとする。彼女は声と手話で、最も遠くにいる人たちに、想いを伝えるのだ。

感想

 マイルズのろう者の家庭に対する見方も、偏見や美化がなくてよかった。マイルズは自分の家と比べて、ルビー家の快活さを羨ましく思う。ろう者の家庭でも、いい親であるべきだとか、暗く閉じこもっていると偏見を持つべきではないだろう。

 あと作中で歌われた曲が素晴らしかった。タミー・テレルとマーヴィン・ゲイの『You’re All I Need To Get By』と、ジョニ・ミッチェルの『青春の光と影』である。作中の雰囲気とルビーの心境に曲がシンクロしていて、聴いていて心地よい。

created by Rinker
¥500 (2023/02/06 01:17:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥858 (2023/02/06 14:03:00時点 Amazon調べ-詳細)

映画カテゴリの最新記事