『アイズ ワイドシャット』感想|あらすじ解説|内容考察|倦怠期を乗り越えよう

『アイズ ワイドシャット』感想|あらすじ解説|内容考察|倦怠期を乗り越えよう

概要

 『アイズワイドシャット』は1999年のアメリカ映画。監督はスタンリー・キューブリック。キューブリックは公開直後に亡くなったため、本作は彼の遺作である。主演はトム・クルーズ。原作は1926年に刊行されたアルトゥル・シュニッツラーの『夢小説』。

 原題の「Eyes Wide Shut 」は英語の常套句「eyes wide open」(大きく目を開いて)のもじり。

 トム・クルーズの主演映画はほかに『トップ・ガン』や『宇宙戦争』がある。

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

登場人物

ビル(トム・クルーズ):開業医。アリスとは倦怠期を迎えている。女性に言い寄られることが多く、自信もつよい。アリスが過去に浮気心があったことを知ってからは、不安におちいりアリスが他の男性と性行為をしている様子を妄想するようになる。

アリス(ニコール・キッドマン):ビルの妻。夫婦関係に不満をもつ。過去にビル以外の男性に浮気心があったことをビルに告げる。

ヴィクター・ジーグラー(シドニー・ポラック):ビルの患者。お金持ち。秘密結社の集会にも参加していて、ビルに余計な詮索をしないよう忠告する。

マリオン(マリー・リチャードソン):ジーグラーの部屋で昏睡状態でみつかりビルに助けてもらう。秘密結社の集会の場では逆にビルを救う。

ニック(トッド・フィールド):ピアノ奏者。ニックに秘密結社の集会の存在を教える。のちに何者かによって連れ去られる。

あらすじ

 舞台はニューヨーク。娘と暮らす開業医のビルと妻のアリスは倦怠期を迎えていた。ある日、ビルの患者であるジーグラー夫妻が主催するクリスマス・パーティーに、ビルとアリスは招待される。

 パーティーで二人は別々に行動することになるが、ビルは女性たちに囲まれ、アリスはある紳士に誘惑される。互いにその様子を目撃してしまい不安を覚える。ビルはジーグラーに呼ばれて彼の部屋を訪れると、若い女性のマンディがドラッグで倒れていた。ビルのおかげでマンディは助かるも、このことは内密にとジーグラーによって口止めされる。

 その夜、二人で性行為をしていると、ひょうんなことで言い合いになる。今まで誰にも浮気心が芽生えたことがないというビルにたいして、アリスは過去にほかの男性に浮気心を抱いていたことを打ち明ける。ビルは驚愕し不安を感じていると、患者が他界したという一報が入る。

 ビルは仕事に向かうも、アリスが他の男性とセックスをしている妄想を止めることができない。そして次第にその妄想に取り憑かれていく。遺族に会った帰りにアリスが他の男性とセックしている妄想をする。その場で娼婦に声をかけられて付いていくも、アリスからの電話で我に返る。

 ビルはバーに入るとピアノ奏者のニックに出会い、彼から奇妙な体験をきく。彼は謎の集会に呼ばれて、目隠しをした状態でピアノ演奏をさせられたというのである。ビルはこの話に興味を持ち、ニックから集会に入るためのパスワードを聞き出して、集会場へ向かう。

 そこでは仮面を被った男女の前で、性行為をするという儀式が行われていた。ビルは驚き不審な行為をしてしまい、部外者であることがバレる。罰せられそうになるが、一人の女性が身代わりになることでビルを助けてくれる。

 翌日、ニックに会いにいくと、彼が不審な二人組に連れて行かれたことを知る。さらに、マンディが死亡したことを新聞記事で読む。遺体を確認しにいくと、マンディは昨日の集会で助けてくれた人だと確信する。

 ジーグラーのもとに向かうと、彼も集会の参加者であることを知る。彼はニックの行動を把握しており、今後は慎むよう忠告される。ビルは混乱したまま自宅に帰り、全てをアリスに打ち明ける。

 翌日、娘と買い物にきたビルとアリスは数日間を思い出し、二人は愛を伝えある。そしてアリスは「やるべきことがある、セックス(ファック)よ」と言うのだった。

>>Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら

解説

キューブリックの遺作

 『アイズワイドシャット』(Eyes Wide Shut) は『博士の異常な愛情』や『2001年宇宙の旅』で有名なスタンリー・キュブリック監督の遺作である。原題は Eyes Wide Open という常套句からとられているらしく、意味は「しっかりと目を閉じて」という感じだろうか。広告でも使われているとあるシーンのアリス(ニコール・キッドマン)の目は、見開かれこちらを凝視している。何もかも見透かされているようだ。

 主人公はビル(トム・クルーズ)とアリスで、当時結婚していた二人はこの映画が原因で離婚したらしい。また試写会の五日後にキューブリックが急死し結果的に本作が遺作になるという不幸に見舞われたが、その影響もあって世界的なヒット作になった。

 とにかく性の描写や裸体が多いためポルノ映画と揶揄されたりもする本作の主題はずばり欲望と夢と禁止である。それもそのはず、原作はアルトゥル・シュニッツラーの『夢小説』(1926年)で、シュニッツラーという人物は精神分析学の開祖ジークムント・フロイトに大きく影響を受けているのだ。

 フロイトの精神分析学には夢分析という手法がある。この手法を使って夢の内容を分析・解釈するのに鍵となる概念が性的欲望(リビドー)というやつだ。医者であったフロイトは数多くの患者の夢を分析し何でもかんでも性的欲望に結びつけた。そのせいでフロイトといえば何でも性に結びつける変態おじさんというイメージになってしまったが、読んでみるとアクロバティックでありながら緻密な解釈をしていて説得されるし非常に面白い(『夢判断』とか『精神分析入門』がおすすめです)。ということで原作の題名からも分かる通りこの映画は極めてフロイト的である。アリスが見る夢は見知らぬ多くの男性との乱交をビルに見せつけて嘲笑う自分の姿だし、ビルが性に執着するのなんか如何にもだ。

考察・感想

やれることは意外と少ない?

 物語は、ビルとアリスの力関係がひっくり返るときに、動き出す。

 常に言い寄られているイケメンのビルは、アリスが不倫をすることなどないと思い込んでいる。しかし二人が口論したさいに、昔アリスは通りすがりの将校に一目惚れしあろうことかビルを捨てる覚悟まであったと告白される。倦怠期を迎えて不倫をするということではない。既に常に不倫状態だったのだ。直前にビルが発した、男性は美しいものに惹かれるのであり女性とは違うのだ、という断言は見事に打ち砕かれる。アリスにもビルも子供も捨てるほどの欲望が秘められていたのだ。このときのビルの戸惑っている演技は非常に良い。名シーンだ。

 それ以降、アリスと将校のセックスが脳裏にチラついては離れないビルは、セックスの匂いがする方に引き寄せられていく。仮面を被った乱交場に侵入したり娼婦に付いて行ったりするも、その度に横槍が入りセックスができない。気がつくと、欲望に苛まれながらセックスができないという究極の焦らし映画になっている。

 裏の組織の絡んだ不審な死とセックスができない不安とが相まって疑心暗鬼が強くなっていく。そして最終的にアリスの前で泣き崩れ起こったこと全てを告白する。どうしようかと相談するビルにアリスは「やるべきことがある、セックス(ファック)よ」と答える。倦怠期を迎えた人たちが、あるいは相手を疑い始めた人たちが、やれることは案外これくらいしかないのかもしれない。

映画カテゴリの最新記事