行定勲『GO』感想|あらすじ解説|内容考察|新世代の幕開け-物体Xは「かわいい」

行定勲『GO』感想|あらすじ解説|内容考察|新世代の幕開け-物体Xは「かわいい」

概要

 『GO』2001年に公開された日本映画。監督は行定勲、脚本は宮藤官九郎。原作は2000年に出版された金城一紀の『GO』。主人公は窪塚洋介と柴咲コウ。二人は数々の賞を総舐めにした。窪塚がアカデミー賞最優秀主演男優賞を史上最年少で受賞。柴咲コウは最優秀助演女優賞。

 柴咲コウは前年度に『バトル・ロワイアル』に出演。こちらもカルト的人気をほこるのでぜひ観てみよう。

created by Rinker
¥400 (2022/10/01 13:01:56時点 Amazon調べ-詳細)

登場人物

杉原(窪塚洋介):在日コリアン2世。在日であることにコンプレックスがない。あだ名はクルパー。

桜井(柴咲コウ):杉原の恋人。パーティーで知り合うが、以前から杉原のことを知っていたことが後々明らかになる。

秀吉(山﨑努):在日コリアン1世。杉原の父。元プロボクサー。

道子(大竹しのぶ):在日コリアン2世。杉原の母。溌剌としている。

正一(細山田隆人):民族学校時代からの親友。開校以来の秀才。優しく正義感が強い。10代で刺されて他界。

あらすじ

 杉原は在日韓国人で高校では喧嘩三昧。朝鮮学校から日本の高校に進学していた杉原は、学校では浮いていて、朝鮮学校時代の友人やヤクザの息子の加藤と悪事をしながら過ごしていた。加藤のパーティに呼ばれて行くと、謎の雰囲気を纏った少女桜井と出会う。そこで意気投合した二人は、毎週土曜日にデートをするようになる。

 警察や社会からも敬遠されていた杉原であったが、桜井や朝鮮学校の友人の正一とかかわりながら自分の姿を見つめ直して行く。そしてあるとき桜井に家に呼ばれ、以後桜井の家でデートをするようになり、二人の距離は縮まって行く。

 ある日、正一が誤解から刺されて亡くなってしう。報復をしようとする加藤たち。しかし杉原は、正一が望んでいないと推測し、敵討ちに行くのを断る。落ち込んだ杉原を桜井は気にかけてくれて、その日に初めて一夜を過ごす。

 そこで杉原は在日であることを打ち明ける。しかし桜井は、親の教育もあって杉原のことを「怖い」と感じてしまうと伝え、別れることになる。悲しみに暮れる杉原は、補導されかけた地元の警官に、在日韓国人であるから彼女にふられたといい、徐々に立ち直る。

 さらに、弟が祖国で亡くなったのを知り落ち込む父に、情けない姿を見せるなと怒り、父親と公園でボクシングの試合をする。その試合には負けてしまうのだが、父とのわだかまりも解ける。そうこうしているうちに、桜井の喪失を克服していく。

 そしてクリスマス。桜井から突然電話がかかり呼び出されて、二人は小学校で再会する。杉原と桜井は、お互いの心を打ち明け、抱きしめ合う。そして恋人同士に戻るのだった。

解説

『ロミオとジュリエット』から内へ深く

 杉原が冒頭から繰り返し述べるように『GO』は「僕のにかんする物語だ」。しかし、杉浦の執拗に繰り返されるこの宣言は『GO』が単なる恋愛映画、青春ドラマであることを意味するわけではない。むしろ何度もそう宣言せざるを得ないほどに、社会問題と愛の問題が複雑に絡み合う味わい深い物語なのだ。

 冒頭でシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の一節「名前ってなに?バラと呼んでいる花を別の名前にしてみても美しい香りはそのまま」が引用されることからも分かるように『GO』は単純な淡い恋愛だけを描きたいわけではない。『ロミオとジュリエット』において愛と身分の問題は同時に語られることに意味があった。愛と障害は切っても切り離すことのできない双子の関係なのだ。『ロミオとジュリエット』がそうであったように『GO』でも、この世にあるのは純粋な愛だけだ、というような安っぽい恋愛が語られることはない。恋愛と同じ密度で、民族、世代、固有名の問題が問われているのである。

 杉原は二世の在日朝鮮人で朝鮮学校に通う高校生だ。生まれたときから日本にいる杉原は、在日一世で親である秀吉と違い、国籍や人種は「大した問題ではない」。日本人にどう思われていようが関係ない。ところがその無関心は、日本人に対する杉原の感情の裏返しでしかないことが次第に明らかになる。つまり、好かれたいと思うほどに深く関わった日本人がいなかったのだ。ある時、桜井と出会った杉原は徐々に桜井に心を開き二人は恋人になり、いつしか杉原は桜井に本気で好かれたいと思ってしまう。そこで擡げくるのが「大した問題ではない」はずの人種の問題だ。

『GO』杉原のピース

 繰り返しになるが、人種が「大した問題」でなかったのは杉原が日本人に無関心であったからである。だから日本人に恋をしてしまった以上、人種は「大した問題」になってしまう。それは杉原だけではない、桜井においてもである。杉原にとって人種が問題でなかったとして、恋人の桜井にとってはそうではない。桜井の無意識レベルでの差別的な認識が露呈するのは二人が性行為に及ぶまさにその時である。杉原は桜井に自分が在日であることを告げる。すると桜井は意識の上では差別を忌諱しながらも、無意識のレベルで在日朝鮮人である杉原のことを生理的に「怖い」と感じてしまう。ここに 『ロミオとジュリエット』では問われていない新たな問題が提起されている。

 『ロミオとジュリエット』において愛を妨げる障壁は二人の関係の外部にあった。障壁が外部にあれば、障壁を打ち壊すか、二人の関係に閉じこもるか、いくらでも対処の仕様はある。しかし桜井の状況は複雑だ。障壁は外部にあるのではなく、内部に存在しているからだ。好きと怖いが共存し一個人の内部で二つの感情が渦巻いている。「怖い」という感情に明確な理由があるならばそれを克服することは可能であろのだが、実際は理由も原因も言葉にできるようなものは一切なくただ漠然と怖いのだ。それは「在日」という単語が抽象化され、現実との乖離が生み出すイメージへの不安でもある。これは決して映画だけのことではない。ホームレス、黒人、ゲイ。現実でも、関わりのない存在は、得てして誇張されたイメージのキメラを生み出しがちだ。

 したがって『GO』はより内面に踏み込んだ問題を扱っている。不安や障壁を愛で乗り越えることも、二人の関係に閉じこもることもできない、「好き」と「怖い」が共存する感情をどう乗り越えるのか。

考察

子から親へ、親から子へ

 不安という内部の障壁をどう乗り越えたかをみる前に、もう一つの主題である世代の問題に触れておこう。事態は杉原が酔い潰れて道端に倒れた父の秀吉を介抱しにいくときに起こる。秀吉が酔い潰れていた原因は、韓国籍に変えて以来連絡が途絶えていた弟の訃報が届いたからなのだ。秀吉は弟と連絡を取っていなかったことを後悔し、蟹を食わせてあげたかったと悲嘆にくれ、人種と国境の問題に苦しみながら、息子の杉原に弱音を吐く。だが杉原はその弱音を一蹴する。

だせー。そんな貧乏話うんざりだよ。カニが食いたきゃ革命でも起こせばいいじゃねえか、くだらねえ。そんな話で泣ける時代は終わったんだよ。つうかてめえらの世代で蹴りつけろよ。あんたら一世二世がぐずぐずしてっから俺らがぱっとしねえんだろうが。

『GO』杉原の台詞

杉原にとって父でもありボクサーでもある秀吉は権威の象徴だった。権威の象徴は力強く在らねばならずそれが弱音を吐くなんてことは、杉原からしたらたまったものではない。決闘前の「一度もダウンしたことのないこの男を初めて沈めるのはこの俺なんだ」という杉原のセリフからも分かるように、暴力でねじ伏せる父とそれを打ち倒す息子、杉原は自分のサクセスストーリーをそうあらねばならないと捉えている。さらに杉原を苛立たせるのが差別の問題だ。

 未だに続く在日韓国人への差別は上の世代、つまり秀頼の世代の問題でもあるはずだ。「てめえらの世代で蹴りつけろよ」という杉原の発言は、土壇場になると差別をされるパッとしない下の世代の声を代表している。要するに杉原と秀吉の親子対決は、世代対決なのだ。何もしてこなかったじゃないか、という下の世代と、ゴチャゴチャ文句だけ言いやがって、という上の世代の対立は砂場の殴り合いで決着をつけることになる。

 この対決は秀吉の奇襲攻撃で隙をつかれて杉原は呆気なくKOされて戦いの幕が閉じる。「きたねえぞ」という杉原に「こうやってどうにか勝ちを拾ってきたんだ」という返答は、秀吉を含めた上の世代の実感のこもったものだ。杉原を含めた下の世代からは、秀吉が人種や国境の問題の一切が何も解決できてないようにみえていても、上の世代には激動の時代を汚い手を使いながら必死に生き延びてきた歴史があるのだ。自分がうまくいかないのを上の世代のせいにするのはそうは問屋が卸さない。やはり現在の差別は杉原の世代の問題であり、変えられるとしたら若い世代にしかあり得ない。親子の決闘は上の世代から下の世代への問いかけでもある。俺らは汚いてを使ってでもどうにか勝ってきた、お前らはどうするのだ、と。

新しい世代の回答

図1. 『GO』行定勲監督、2001年

 秀吉に歯を折られた杉原は桜井に学校に呼ばれる。半年ぶりの対面、杉原は「俺はなにじんだ?」と問いかけ、桜井は「在日朝鮮人」と答える。日本人から在日と呼ばれるということは、お前はよそ者だと宣言されることに等しい。他者から名付けられることの暴力に杉原は激昂し「おめえらが勝手につけた名前じゃねえか」と叫ぶ。日本人であり在日朝鮮人である杉原は「誰でもある」がゆえに「誰でもない」存在だ。

いや俺は俺であることすら捨ててやる。クエスチョンだ。はてなマークだよ。物体Xだ。どうだ怖えだろ。なあ、なに黙ってんだよ。なんとか言えよ。なんなんだよ畜生。うるせえな俺は。だからなんなんだよ、畜生。

『GO』杉原の台詞

桜井は沈黙する。桜井は在日朝鮮人である杉原を「怖い」と言った。この怖さは在日という語の持つイメージだけではない、名指すことのできない物体Xという他者に対する不安でもある。そしてこの不安は在日と呼ばれることの暴力性に敏感な杉原本人も例外ではない。応答されないこと、沈黙されることは、物体Xだ。だから杉原は返答がないことに不安を覚え、沈黙する桜井に「なんなんだよ」と迫ることしかできない。

 注目すべきは秀吉に折られた杉原の歯だ。失われた部分は何もなく真っ暗で、正体のしれない悍ましさを醸している(図1)。そう、この何もない部分こそが物体Xを象徴しているのだ。在日という存在=沈黙=歯が失われた部分はどれも未知であることの恐怖を表している。だから歯がないことに対する桜井の反応が決定的に重要になってくる。

歯が抜けた顔めちゃめちゃかわいい

『GO』桜井の台詞

歯が抜けたのは父に殴られたからであり、それはつまり暴力の象徴でもある。けれど「歯が抜けた顔」につづいたのは「怖い」や「変」や「笑える」ではなくて「」だった。これは虚空な歯=在日であることを認めたうえで全てを飲み込む「かわいい」という感性の魔法だ。そしてこれが新世代の回答でもある。差別の事実を抹消するのでも、怖いという感情を隠蔽するのでも、あるいはその全てを暴力でねじ伏せるでもない、物体Xであることをそのまま受け入れてその全体を「かわいい」と思うこと、そしてそのすべてがありのままの状態で「共」に生きること、これこそが新時代の感性であり二人の決断だ。だからこそ、桜井と杉原の物語は、前の世代がなし得ることのできなかった、内面の二面性、「怖い」と「好き」の矛盾を乗り越える、新しい「愛の物語」なのだ。

映画カテゴリの最新記事