『オーシャンズ11』感想|あらすじ解説|内容考察|人間臭い強奪作戦

『オーシャンズ11』感想|あらすじ解説|内容考察|人間臭い強奪作戦

概要

 『オーシャンズ11』は、2001年のアメリカ映画。監督はスティーブン・ソダーバーグ。続編は『オーシャンズ12』(2005年)と『オーシャンズ13』(2007年)。ルイス・マイルストン監督の『オーシャンと十一人の仲間』(1960年)のリメイク。スティーブン・ソダーバーグは『セックスと嘘とビデオテープ』や『チェ』が有名。主演は、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピット。

 続編やスピンオフ作品に『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』『オーシャンズ8』がある。

 ブラッド・ピットの主演作品はほかに『ジョー・ブラックをよろしく』がある。

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

登場人物

・味方
ダニエル・オーシャン(ジョージ・クルーニー):有名な詐欺師。「インカの婚礼用仮面」を盗むのに失敗、投獄中に妻のテスに見限られる。

ラスティ・ライアン(ブラッド・ピット):若手の詐欺師。ダニエルの右腕であり同志。

フランク・キャットン(バーニー・マック):カジノのディーラー。

ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド):カジノホテル経営者。ベネディクトにホテルを潰されているためダニエルに協力する。

バシャー・ター(ドン・チードル):爆発物の専門家。作戦中は電磁波発生器「ピンチ」で一帯を停電させる。

モロイ兄弟(ケイシー・アフレック、スコット・カーン):双子。運転、変装、潜入が得意。

イエン(シャオボー・チン):曲芸師。小柄、柔軟で運動神経が高い。中国人。

リヴィングストン・デル(エディ・ジェイミソン):電気・通信・機械の専門家。

ソール・ブルーム(カール・ライナー):年寄りの天才詐欺師。武器商人に扮してベネディクトと交渉する。

ライナス・コールドウェル(マット・デイモン):伝説的な泥棒の息子。天才的なスリ師。若くおっちょこちょい。

・他
テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア):巨大カジノのオーナー。仕事人。テスの恋人。

テス(ジュリア・ロバーツ):ベラージオ美術館の館長。ベネディクトの恋人。オーシャンの元恋人。

あらすじ

 プロの詐欺師であるダニー・オーシャンは「インカの婚礼用仮面」を盗むのに失敗し投獄されていた。四年の服役を終えて仮出所したダニーはすぐさま次の強奪計画を進める。仮出所中は州の移動が禁止されているにもかかわらず、ロサンゼルスにいるラスティを仲間に引き入れ、テリーが経営するカジノの金を強奪する計画をたてラスベガスに向かう。

 経営者であるルーベンを仲間に引き入れると彼に出資してもらい、強盗のために必要な全米中のプロフェッショナルを勧誘し11人のチームを結成する。カジノのセキュリティ、警備の動き、電網、通信の詳細なデータを集め、綿密な計画をたてる。

 ところがこの計画は、カジノのお金が目的であるばかりでなく、強盗先のカジノのオーナーであるテリーの恋人でありダニエルの元恋人テスが目的でもあった。ダニエルの私的な目的もかかわっていることを知ったラスティは、計画の失敗を案じダニエルと口論になるも、ダニエルの言い分を聞くことで決着する。

 決行当日、波乱や危機は訪れるものの、順調に作戦を遂行していく。最後は突入してきた警官に扮装することで、まんまと現金を運び出すことに成功する。

 怒れるテリーは、監視カメラでテスが見ていることを知らないまま、ダニーと対面し盗んだのはお前かと詰問する。テスを諦めるならお金を取り返すと言うダニーに、テリーは要求を飲む。テリーに失望したテスは、警官に連れていかれるダニーのもとに戻ることを決心する。

 ダニーは出所すると相棒のラスティとテスがいた。盗んだお金で買った車に乗り三人はどこかへ向かうのだった。

>>Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら

解説

ギャップと人間臭さが面白さの根元

 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットを中心とした豪華俳優陣による豪快で贅沢な一連の強奪シーンはワクワクとドキドキが止まらない。チームは11人もいるのだが、キャラクターのバランス絶妙である。

 チームのツートップであるダニエルとラスティは中年と若者で、渋みと威勢の良さのイメージが対照的なのだが、実際の性格は真逆なのがミソで、ダニエルはテスと取り返したいという私怨に燃えラスティは計算高い。カジノを狙った強盗の目的が、テスを取り返すというダニエルの利己的なものであると見抜いたテスは、すぐさま計画の断念を迫るところも綺麗な対比になっている。渋くて深みのありそうなオッチャンが感情的で、ヤンチャで常に何かを食べている忙しい若者が慎重で丁寧なのである。

 この二人を中心に選ばれるメンバーも個性豊かで楽しい。爆発物の専門家や曲芸師、資本家から天才詐欺師まで、それぞれの分野のプロフェッショナルが集まり計画を練るシーンは、作戦成功の瞬間やトリックの派手さとは違う快楽がある。ある作戦のためにプロフェッショナルが各所から集まり、仕事が終わればあっさりと解散するのはこの手の映画の魅力である。夜中、ホテル前にある噴水を背景に、言葉を交わさず解散するところ名シーンだ。仕事(金)にために繋がっているからこそ、ドライでありながら信頼できるのである(同じ良さが『ミニミニ大作戦』にもある:ミニの戦い方——F・ゲイリー・グレイ『ミニミニ大作戦』*なるほう堂)。

 プロフェッショナルが集まり、計画を綿密に立てているにもかかわらず、作戦は全く完璧には進まない。一つ一つの作戦が綱渡りであって、それも手のひらにペンで書いたメモが汗で消えてしまうとか、置いてかれたライナスが勝手な行動に出るとかで窮地に陥る。つまりは大掛かりな作戦とは思えぬおっちょこちょいな失敗が目立つのだ。この人間らしさとギャップがドキドキと面白さにつながる。汗の描写が多いのも注目だ。スマートではない人間的な彼らの行動は、観客の手にも汗を滲ませるだろう。

 一番かっこいいのは、ダニエルとラスティがエレベータで並ぶ有名なシーンだ。真正面から撮られるこのシーンのやり取りと立ち振る舞いは、作品全体の特徴を見事に表している。

考察・感想

ホモソーシャルの独特な面白さが上乗せされている

 作戦の奇抜さや怒涛のミッションと並行して、テスを取り戻すダニエルのプロットが進むことで、単線的なトリック映画に少しの深みが加わる。他のメンバーにとっては金が最重要なのであるが、ダニエルにとって重要なのは金ではなく、テリーと違い正しく、テスなのだ。

 本作の面白さはトリックの意外さや仲間との掛け合い、ユーモアや性格のギャップによって醸し出されているのだが、もう一つ大事な要素(あるいは欠落)がある。女性が欠けているのだ。

 オーシャンズ11のメンバーは多種多様で個性豊か、人種や年齢、格好良さまで様々である。だが、なぜか女性がいない。女性が重要な役割を担う『ミニミニ大作戦』(2003年)と違いメンバーに女性がいないどころか、作中ででてくる女性は一瞬映るカジノの客を除けば、テスのみである。さすがに変だと気がついたのか、2005年の『オーシャンズ12』では12番目に女性のテスが加わることになる。

 女性がいないだけではない。女性であるテスの扱われかたが酷いのだ。金と天秤にかけられるテスは、男たちの戦いの景品だとでも言わんばかりである。金を選んだテリーを監視カメラで目撃したテスは、間違っていたとダニエルに走り寄るが、テリーの好感度が下がっただけでダニエルに戻る必要は全く無い。

 そう、この極上の面白さは、女性を取り合う男性だけの社会の、あの楽しさを体現していたのである。レヴィ=ストロースは、女性の交換を親族構造の根本的機能であると主張したが、物のように女性が扱われているのはまさにといった感じである(ある集団が女性を贈与することで互いに親密になるという説のそのままでは無いが、物にようにみなされている点が似ている)。

 もちろん、だからこの作品は見る価値がない、と言うことにはならない。だが、男性の単一社会(ホモソーシャル)の楽しさが上乗せされているということは、念頭にいれておいてもいいだろう。

映画カテゴリの最新記事