『オーシャンズ13』感想|あらすじ解説|内容考察|アナログの逆襲

『オーシャンズ13』感想|あらすじ解説|内容考察|アナログの逆襲

概要

 『オーシャンズ13』は2007年のアメリカ映画。監督はスティーブン・ソダーバーグ。『オーシャンズ12』の続編。今回はテスが抜けて、ベネディクトとローマンが加わった13人のチーム。

 関連作品の感想はこちら。『オーシャンズ11』、『オーシャンズ12』、『オーシャンズ8』。

>>無料トライアル実施中!<U-NEXT>

登場人物

・味方
ダニエル・オーシャン(ジョージ・クルーニー):有名な詐欺師。若い頃ルーベンに助けてもらった過去がある。

ラスティ・ライアン(ブラッド・ピット):若手の詐欺師。ダニエルと同じくルーベンに恩がある。

ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド):バンクとカジノホテルの共同経営者になるはずが騙され経営権を剥奪。怒りに心臓の持病が悪化、倒れてしまう。

ライナス・コールドウェル(マット・デイモン):伝説的な泥棒の息子。父や母にいつも気をかけられている。

ソール・ブルーム(カール・ライナー):年寄りの天才詐欺師。

フランク・キャットン(バーニー・マック):カジノのディーラー。

バシャー・ター(ドン・チードル):爆発物の専門家。地下で作業をおこなう。

モロイ兄弟(ケイシー・アフレック、スコット・カーン):双子。変装、潜入が得意。メキシコでの工場のストライキに参加。

イエン(シャオボー・チン):曲芸師。不動産王に変装する。

リヴィングストン・デル(エディ・ジェイミソン):電気・通信・機械の専門家。

ローマン・ネーゲル(エディー・イザード):技術屋。「グレコ」を破るためアイデアをだす。

テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア):ラスベガスの3大カジノのオーナー。1作目、2作目の敵。

・その他

ウィリー・バンク(アル・パチーノ):ホテル王。ホテル格付けで得られるダイヤモンドを自慢にしている。ルーベンを裏切りダニーらの報復にあう。

アビゲイル・スポンダー(エレン・バーキン):バンクの右腕。実務を取り仕切る。

あらすじ

 ルーベンはバンクと組みホテルの共同経営に乗り出すが、バンクに騙され経営権を破棄、さらには心筋梗塞になり生死を彷徨う。泥棒仕事から足を洗っていたダニーらはこの事件を聞きつけ、バンクと交渉するが跳ね除けられる。

 ダニーはルーベンの敵討ちのためにメンバーを結集。ルーベンのホテルのプレオープン日に報復することを計画する。計画の一つ目は格付けの「5ダイヤモンド」の受賞を阻むこと。二つ目はカジノで大量の損失を起こさせること。二つ目の計画を遂行するために、カジノ器具にイカサマやトリックを仕込む。そのためにサイコロを製造する工場に潜伏したり、ディーラーを潜伏させたりする。

 だが、カジノ店にはイカサマなどの不正を探知するコンピューターシステム「グレコ」が導入されていた。掻い潜れないかにみえた「グレコ」だったが、システムをダウンさせるため地震を起こすことを思いつく。

 順調であったが、資金不足が発生。仇敵ベネディクトに応援を求める。カジノを経営しているベネディクトはバンクに恨みがあるため、ダイヤモンドを盗むという条件のもと協力することにする。

 様々なトラブルを乗り越え、プレオープンの日を迎える。ここでもいくつかの不手際で焦る場面もあるのだが、ダニーらは地震を起こすことで「グレコ」のダウンに成功し、その間に不正で大金を荒稼ぎする。

 だがFBI捜査官があらわれ、ダイヤを盗もうとしていたライナスが逮捕される。しかしFBI捜査官のリーダーロバートは、ライナスの父で伝説の泥棒「ボビー・コールドウェル」であった。ヘリコプターで逃げようとするライナスの前に、ベネディクトに雇われたトゥルアーが現れダイヤモンドを横取りする。しかしそれは偽物であり、ライナスらは本物がはいった展示ケースごとヘリコプターで釣り上げ盗んでいく。

 大金とダイヤモンドを失ったバンクの前にダニーは現れ、バンクの仲間はダニーの知り合いでもあり、自分(ダニー)に見方するだろうと告げる。

 稼いだ金はルーベンの新たなホテルの現資金に、ベネディクトへの金は彼に無言で慈善団体に寄付し、結果的にベネディクトは慈善家として称賛を受ける。

>>Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら

解説

復讐とはいえ泥棒を楽しむ

 『オーシャンズ13』も『オーシャンズ11』や『オーシャンズ12』と負けず劣らず面白い。ストーリーは『オーシャンズ12』が一番難しかったように感じるが、本作も気を抜くと筋を追えなくなるので注意が必要だ。

 本作は冒頭から少し成長したダニーたちの姿がみられる。『オーシャンズ12』のダニーたちは、泥棒稼業は天才的であっても新しく挑戦した他の職業は失敗続きで、プライベートでは莫大な金を浪費していた。なにより問題なことはテスに咎められているにもかかわらず、ダニーは何処で何をしていても泥棒の手口を考えてしまうのだった。つまり泥棒稼業から離れてみたもののつねに取り憑かれていたのである。しかしだからこそ、ダニーたちが嫌々ながらの風を装って泥棒稼業に戻ったときの楽しそうな表情を憎むことはできない。ようは「愛すべき(ダメな)盗人」なのである(愛すべき盗人たち——スティーブン・ソダーバーグ『オーシャンズ12』*なるほう堂)。

 だが『オーシャンズ13』では、ダニーたちは泥棒稼業をキッパリやめていたようだ。足を洗って真っ当に生きる彼らは、もはや泥棒稼業に取り憑かれることはない。それでも泥棒をすることになるのは、恩人であるルーベンがバンクに騙され心不全に陥ったからである。ダニーたちの団結は強い。メンバーからは復讐をするためならば掟を破るという意見まで出てくることになる。しかし彼らはあくまで泥棒としての道から外れることはない。イカサマ、騙し、変装、その他もろもろで、詐欺師としては正しくバンクから金を盗み取るのである。

 復讐が今回のミッションの動機になっているのだが、仲間のために怒ったぞという雰囲気が強くないところがよい。日本では漫画、特に『ワンピース』が流行って以降、ルフィー的なヤンキーボーイたちが増えた印象がある。共同体意識が希薄化した社会でつくりだす今日の共同体は、仲間が傷つけられたら怒り出す、という共通の認識をもつことで繋がるマイルドヤンキー的共同体で、その統領的存在を私は「ルフィー的なもの」と名付けよく思っていないのだが、そのような共同体意識はこの映画には見られない。そう、意外にも怒れる俺ら、という印象は薄く、やはり泥棒は楽しそうなのである。そういう意味でも、成長したとはいえ彼らは「愛すべき盗人」たちなのである(それを裏付けるように本ミッションにテスは呼ばれない。6ヶ月の長丁場なのだから隠すのは難しそうだし、ルーベンはテスにとっても関係があるはずなのにだ。泥棒する彼らを叱る存在(テス)から隠れて盗みを働くこともホモソーシャルで得られる「愛すべき盗人」たちの快楽なのである)。

考察・感想

アナログ vs デジタル。過程を重んじる旧世代

 本作はどちらかというと、ストーリーは一作目の『オーシャンズ11』に近い印象を受ける。だが『オーシャンズ11』と違って、本作で問題になるのは新旧対決、あるいは、アナログ対デジタルの対決である。もちろんダニーたちは旧いアナログ側に属する。彼らは目的とあらば最先端技術は取り入れるし、そこに費用は惜しまない。しかし『グランド・イリュージョン』(2013)のように、トリックは科学で科学は魔法なのだ、といったデジタルの側に立つことはない。

 新世代のデジタルの敵は強い。不正を探知するコンピューターシステム「グレコ」を欺くことは難しそうで、ダニーたちに勝ち目はなさそうだ。そのような状況をひっくり返すために、アナログ世代が取る方法は二つある。

 一つはデジタルを超えた現象、つまり天災を起こすことだ。システムをダウンさせるために、地震を起こすという発想のダイナミックさに驚いた。これぞアナログ世代。敵が完璧なら小賢しいことはしない。下から建物ごと揺らすのである。

 もう一つは地道な作業。ダイスに仕掛けをするのも、表面にチョコチョコっとというものではない。製造する工場に潜入するところから始まるのだ。したがって工作作業は6ヶ月を要することになる。これもアナログ的時間感覚である。

 したがって、天変地異と地道な作業という一見すると真逆の発想は、実はアナログの考え方からでてきているといえる。そしてどちらも時間がかかる。すると本作の驚くべき特徴、映画の半分以上が対決ではなく下準備の時間に費やされていることにも納得がいく。トリックでバンクを負かすその鮮やかさは、もはや本作の一番の魅力ではない。そうではなくて、トリックの準備工作に費やされた時間、その過程が重要なのだ。

 完璧なデジタルの世界では過ちは起こらないことになっている。だが工夫をすればアナログ人間でも、隣の人に大当たりをださせることで、デジタルを騙すことができる。それだけではない。天災を起こしてデジタルの空間自体を外からシャットダウンさせることもできるのだ。そのとき傲り昂るデジタル人間は、完璧であるはずの「グレコ」に完璧であるが故に閉じ込められる。そしてバンクは無限にも感じられる3分20秒という時間が過ぎ去るのを待つことしかできない。そのとき初めてデジタルに生きてきたバンクは、アナログ的時間を生きて冷や汗を流すのだ。

映画カテゴリの最新記事